富士フイルムが「XF8-16mmF2.8 R LM WR」と「XF200mmF2 R LM OIS WR」を正式発表

富士フイルムが、Xシリーズ用の広角ズーム「XF8-16mmF2.8 R LM WR」と超望遠単焦点「XF200mmF2 R LM OIS WR」を正式に発表しました。

フジノンレンズ XF8-16mmF2.8 R LM WR

  • 「XF8-16mmF2.8 R LM WR」はズーム全域で開放F値2.8の明るさを持つ、世界最広角8mm(35mm判換算:12mm相当)からの焦点距離をカバーした大口径超広角ズームレンズ。
  • 非球面レンズ4枚、EDレンズ3枚、スーパ-EDレンズ3枚を含む13群20枚のレンズ構成を採用。非球面レンズ4枚で歪曲収差や球面収差を、スーパ-EDレンズ3枚を含む6枚のEDレンズで倍率色収差を抑制。
  • ズームの位置に応じて駆動させる像面湾曲補正レンズを採用。超広角レンズで顕著に現れる像面湾曲を効果的に補正し、ズーム全域において画面中心部から周辺部まで高い解像力を発揮。
  • 前面のレンズ2枚にナノGIコーティングを施し、斜めの入射光に対してもゴーストやフレアを抑制。
  • リニアモーターを搭載することで、静音かつ高速なAFを実現。
  • 鏡筒の11か所にシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用。
  • 希望小売価格は277,500円(税別)、発売日は2018年11月下旬。

フジノンレンズ XF200mmF2 R LM OIS WR

  • 「XF200mmF2 R LM OIS WR」は、「Xシリーズ」用交換レンズで初めて、開放F値2.0の明るさを実現した望遠レンズ。
  • 蛍石レンズの性能に匹敵する大口径スーパーEDレンズ1枚と大口径EDレンズ2枚を含む14群19枚構成で、色収差を極限まで抑制。
  • SETボタンであらかじめ設定した位置にピントを瞬時に移動できるフォーカスプリセット機能を新たに搭載。
  • ピント合わせの際にレンズの駆動範囲を制限するフォーカスリミッターを搭載。
  • レンズ鏡筒の先端部にフォーカスコントロールボタンを配置。フォーカスセレクトスイッチで好みの機能の割り当てが可能。
  • CIPA準拠で5.0段分の手ブレ補正性能。
  • マグネシウム合金を使用し、軽量かつ堅牢性に優れたボディを実現。鏡筒の17ケ所にシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用。
  • 高性能テレコンバーター「XF1.4X TC F2 WR」:収差を良好に補正する専用設計で主レンズの開放F値2.0に対応。
  • 希望小売価格は838,500円(税別)、発売日は2018年10月下旬。

 

最近よく話題になっていた富士フイルムの2本のレンズが正式発表されました。8-16mm F2.8は、非球面レンズやスーパーEDを含む低分散レンズをふんだんに使用したとても贅沢な光学系で、写りは大いに期待できそうですね。200mm F2はこのクラスとしては軽量で、手持ちで余裕で振り回せそうです。

2018年7月20日 | コメント(10)

コメント(10)

レンズ群の開発が盛んですね。価格帯は高いけど、少しずつ揃えていきたいと思います。古いレンズ群のリニューアル版(Ⅱ型)も期待したいです。

それはそうと、最新のレンズマップが公開されましたね。33mmF1は期待大です。
http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/xf_lens/roadmap/?_ga=2.15013174.1478309015.1532073232-1419187813.1460531208

どちらもたかすぎる。
ちょっと手がでないなあ。

うはぁ、80万超えかぁ。
完全プロ仕様ですね。
さらなる望遠は登場するのでしょうか?

XF8-16mmF2.8 R LM WR 20万前後かなと思っていたら想像以上の値段。
サンプル見て貯金とご相談になりそうです。
ずっと富士派ですが、今後こういうフルと変わらない価格帯なら色々考えることにはなりそうです。
原因は8mmスタートなんでしょうが。。。

XF200mmF2 R LM OIS WRはスペック的にこの価格帯になりますよねぇっと。

APS-Cでも本気のレンズ!私は嫌いじゃないです。
高いですが(笑

200mmF2、何故三脚座を取り外せないのか?
軽さが魅力のレンズなら、手持ちで使う人も多いだろうから、考慮して欲しかった。

ここまで高価になると一般ユーザー置いてけぼり感が。。。
GFレンズをXマウントで使えるマウントアダプタでも出て
GFの250mmF4が使えたら、値段も重量も少しは軽く済むのにと
思ってしまいます。

テレコンはまさかの同梱なんですね。
なら「思ったよりは高くならなかったな」という印象です。このテレコンは今までのレンズに使っても画質向上は期待できないのでしょうか?

200mmF2はアマチュアでも届く価格にならないかと淡い期待を抱いてましたがやはり駄目でしたか。
今度は200mmF4あたりが発売されないかと淡い期待を抱いてます。

ニコンの400mm f2.8に向けて貯金してたんですが、ちょっと心が揺らぎそうです。
X-H1と、このXF200mm f2でスポーツ撮影などしてみたサンプルが上がってきたらみてみたいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年7月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーは高性能な単焦点FEレンズを優先して開発している?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムがXシリーズ用レンズの新レンズロードマップを公開」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る