富士フイルムX-T3のデザインや操作性はX-T2とほぼ同じ?

Fuji Rumors に、富士フイルムX-T3の外観や操作系に関する情報と、これまでに判明したスペックのまとが掲載されています。

Fujifilm X-T3 Basically Same Look and Button Layout of Fujifilm X-T2

  • X-T3は、X-T2と同じボタンレイアウトを採用すると言う情報を得た。ボディの形状も小さな変更がある以外は、X-T2と同じままだ。X-Tシリーズのデザインは多くの人に好かれているので、これは良いニュースだ。
  • 以下は噂されているX-T3のスペック

    - 基本的にX-T2と同じ外観と同じボタンレイアウト
    - 発売は9月の遅い時期
    - 26MPの裏面照射型のX-Transセンサー(積層センサーではない)
    - 最低感度はISO160
    - 価格はX-T2よりも安価になる(1599ドル未満)
    - 連写は電子シャッターで20コマ/秒、1.25倍のクロップ時は30コマ/秒
    - メカシャッターの連写は11コマ/秒
    - 露出補正ダイヤルが搭載される
    - ヘッドホン端子が搭載される
    - モニタは自撮りには対応しない
    - 像面位相差AFは画面全域をカバーする
    - 改善された顔認識/瞳認識
    - AF測距点は425点
    - 低照度のAF性能が改善
    - 動画は4K60p、ゼブラ表示と10bit(10bitが内部収録かどうかは確認中)
    - 新しいフィルムシミュレーション機能は搭載されない
    - 新型のバッテリーグリップも同時に登場する
    - 発表はフォトキナ2018の前
    - 新型の画像処理エンジン
    - ボティ内手ブレ補正は搭載されない
    - タッチパネル
    - バッテリー性能の改善(おそらくバッテリーは同じものになる)
    - 生産は中国

 

X-T3はX-T2から大きく進化しそうですが、ボディの形状やボタンレイアウトはX-T2のものを踏襲するということなので、ボディが大型化することはなさそうですね。今後も大きなボディのX-Hシリーズと、比較的小さなボディのX-Tシリーズという形で棲み分けるのでしょうか。

2018年8月30日 | コメント(12)

コメント(12)

肥大化しなさそうで何よりです。
>新しいフィルムシミュレーション機能は搭載されない
これは何と比べてなのか。X-T2と比べて、ならエテルナは無いし、FUJIFILM内での話ならエテルナはなるかもしれないですね。動画が強化されてるからぜひ載せて欲しい。
あとは前々から防塵防滴とこの機種の立ち位置だけ心配です。

X-T2を使っている従来ユーザーにとって操作系が変わらないのは大歓迎ですね。
価格が安くなるのはキヤノンに例えるとH1が1DXのポジションでT系は5D系になった事を示しているのかも知れませんね。価格が安くなって高解像、連写性能や新しい映像エンジン搭載となると飛びつく人は多そう。
ただH1のグリップを握ってしまうと100-400、50-140などの大型レンズを取り回す時の安定感は最高なので上記のアドバンテージがあってもH1使いの乗り換えは少なそう。実際、画質面など現在のT2でも充分ですから。
私は今のメインH1、サブT2、街スナップはPro2のままで行けそうです。

X-T3は外観こそあまり変わらなそうですが中身は大幅に更新して来そうですね。AFポイントが425点とα6500と同等レベルになっています。また電子シャッター20連射や動画の4k60pはAPS-Cクラスではトップですね。素晴らしいですね。かなりの人気機種になりそうです。

シャッターボタンをもう少し前に、そして傾斜をつけてくれると有り難いのですが難しそうですね。
真上に向いたシャッターボタンは押しにくいです。

> なまずさん

 そうなんですよ。一旦H1に慣れてしまうと、フェザータッチとも相まって、やはりこの位置が「デファクトスタンダード」かと。
しかし、H1と16~55mm/F2.8の組み合わせで街を歩き回るとさすがに重いです。値段の安いT3を購入するか否か、迷うところですね。内蔵手振れ補正をはずすわけにはいかないし……。

4K60Pでボディ内LOG撮影も可能ならすごく惹かれます

センサーが変わって、AF測距点425点となるのは、とてもいいこと。
私個人的には、H1ユーザー視点から、「ボディ内手ブレなし」に戻るわけにはいきませんが、初ユーザーにとっては、値段、機能、フジの絵柄を得るチャンスかと思います。

防滴防塵なくして同じサイズはないと思うんで
普通に搭載では?
20シリーズを無くすのもどうかと思いますし。

X-T2発売の後、自社のH1やニコンZの登場もあってボディ内手ぶれ補正がスタンダードになりつつあるので、これがないT3では価格を下げているように思えます。よむさんの言われている通りバッテリーグリップ無しのスペックなのか、またバッテリー性能の向上がどの程度か気になりますね。

H1のリューアルを早くして欲しくなる内容です。
T2気に入ってますが買い替えは考えてないので買い増しするならと考えるとやはり手ぶれ補正入りが欲しいしと…けどH1出たばっかりだから当分出ないですよね。

T2とT3のバッテリーグリップは共通にしてほしかったです。
けど発表が楽しみです。サプライズあったら買うかも!

X-T3は積層型センサーではないという情報がありましたが
α9より画素数が多い26MPで20コマ秒というのは
何か技術的な情報は出ているのでしょうか。
あまりその点は話題になっていないですよね。

生産が中国って言うのが気になりますね
made in Japan 出来なかったのかな?
値段は安くなるのは良いけど
中国生産になるなら高くても

X-T3はフラッグシップモデルじゃ無くなる??

それ以外の機能は良いですね

新バッテリーグリップは新型
グリップの出っ張り無くなると持ち運び便利になるんだけど


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログ記事について

このページは、2018年8月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD6は2019年に登場?」です。

次のブログ記事は「ニコンが「D3500」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る