キヤノンが「EF-M32mm F1.4 STM」を正式発表

キヤノンが、EOS M用の大口径標準単焦点レンズを発表しました。

EF-Mレンズ初の大口径単焦点レンズ"EF-M32mm F1.4 STM"を発売

  • キヤノンは、ミラーレスカメラ「EOS M」シリーズ専用の交換レンズである「EF-M」レンズの新製品として、大口径単焦点レンズ"EF-M32mm F1.4 STM"を9月21日より発売する。価格は7万2000円(税別)。
  • 高精度ガラスモールド非球面レンズ1枚を含む8群14枚からなるレンズ構成により、画面中心から周辺部まで、Lレンズに迫る高解像・高コントラストな描写性能を実現。
  • EOS Mシリーズならではのバックフォーカスが短いという特長を生かした全長56.5mm、質量約235gの小型・軽量設計。
  • 最大撮影倍率0.25倍、最短撮影距離0.23mを実現し、被写体をクローズアップした撮影が可能。

canon_ef-m_32f14_off.jpg

EF-Mにも待望の大口径単焦点レンズがついにきましたね。小型軽量のレンズですが、Lレンズ並みの性能をうたっているので、描写性能にも期待できそうです。

EOR Rシステムも発表されましたが、同時に、このEF-Mレンズが発表されたので、EOS Mが今後も継続されるのは間違いなさそうですね。

2018年9月 5日 | コメント(22)

コメント(22)

わあ、これは魅力的ですね。
EF-Mマウントはレンズがどれも素晴らしい。ボディも頑張ってほしいところ。

待ってました、APS-Cの明るい標準レンズ、しかも、リミター付きとは、使い勝手がよさそうですね
必ず買います、今まではなんか全体に暗いな~と思っていたんですがね
これで明るくなりました

クオーターマクロですね。
レンジ切替が付いているので、スナップ撮影時はAFも早そうですがどうなんでしょうか?フロントフォーカスですよね?

マップさんで税込6万切ってました。ただ別売フードちょっと高めですね。ロックスイッチが付いてるようには見えます。

それと胴筒のサイズ、キープコンセプトでした。
これレンズ描写も携行性も凄そうです!

そういえば、防塵防滴ではないですよね?
Lレンズでは無いし、仕方ないですかね。
ちょっと期待してましたけど、出してくれただけ嬉しいです。
僕のEOS M5も喜びます。やっと本領発揮ですよ。

ただ、次予定されているEOS M5 mark2が、防塵防滴にはならない可能性も高くなってしまった気がします。

凄く欲しいけど、Mシリーズって全体的に安っぽくないですか?
7万ならもう少し見た目の質感をあげて欲しです。

欲しいレンズですが、Mシリーズって全体的に安っぽいですよね。
7万するならもっと質感を上げて欲しいです。

まっていました。最短も寄れますし良い感じですね。
いままで、このエリアの単焦点がなかったので、EF35mm F1.4Lをアダプター介して使っていたのでありがたいです。

EOS RがなければEF35mm F1.4Lを引退させてこのレンズっておもっていましたが、Rが来てしまったからどうしようかなとまよっているところです。EFレンズが数本あるので。

ただ、KissMの軽量性、快適さ、瞳AFになれちゃうとフルサイズいるかなぁっておもったり。

公式によると
「また、マウント部に金属部材を採用し、高品位でスタイリッシュなデザインを実現しています。」とあり、地味にうれしいですね。
このラインで55/1.4とか期待しちゃだめですかねえ。

シグマ30F1.4をマウントを噛ませて使っていたので発表は素直に嬉しいです。
Lレンズに匹敵するの文言のあたりかなりの自信作のようですね。
この勢いで15-45のF2.8通しお願いしたいですが無理ですかね〜キヤノンさん。仮に発売されたら相当売れると思います。

何故ISを載せないのでしょうか?
それとも次期EOS-Mはボディ内手振れ補正が搭載されるのでしょうか。

かなり軽いですね。しかも最大撮影倍率が高いので使い勝手が良さそうです。硝材も高いの使っているので実質Lレンズみたいなものですね。EOSMユーザーには必携のレンズになりそうです。

F1.4ともなれば十分シャッタースピードを稼げるので重く大きくなるISは無いでしょう。

個人的にはスナップ用にEFM22を定位置にしているので、EFM32に乗り換えるメリット・デメリットを勘案してしまいます。どれだけ画質が上がるのか、使用感が変わるのか試してみたいところです

APS-C市場での富士フイルムの魅力を覆すほとではないかな
EF-Mラインは今後どうなるんだろう

売れると踏んで強気の値段できましたね。Canonは商売上手。
それにしてもEF-Sマウントはもうおしまいなのですかね。。。

しかし、大きくなると思っていたらまさかのキープコンセプト。なにげに凄いなCANON。
そして久々の金属マウント。これは欲しいな。

富士フィルムの35mm f1.4やカールツァイスのTouit 1.8/32に匹敵するレンズですね。
しかもレンズ枚数がこちらの方が多く、本格派感が漂います。

確かにややデザインがチープだとは思いますが、EOS Mシリーズ特有のシンプルなデザインは悪くはないと思います。

EOS Mシリーズの魅力が大いにアップしたと思います。

待ち望んでいました!
これでやっとM6にアダプタつけてEF28mm F1.8 USMから卒業出来そうです。

EF-Mラインは今後どうなるんだろう

kissM投入で上半期ミラーレスシェア1位なんですから普通に展開するでしょう。
一方でEF-sは徐々に収束に向かうでしょうね。
EFは緩やかに10年以上かけて縮小。今後は更新されないレンズもいくつか出てくるでしょう。
将来的にはRFとEF-Mの2ラインで落ち着くかと。


早速某カメラ店で予約しました。

私は、このレンズの登場により、もうフルサイズにグレードアップしなくてもよくなったという判断です。

ただ、EF-Mレンズはまだまだ数が少ないですからね。もっとバリエーションを増やしてほしいです。個人的には300~400mmの望遠もほしいです。

キャノン、巻き返してきた感じですね。頑張ってほしいです^^

22mmと28mmの次になんで32mmなのだろう。
そんな近い焦点距離のレンズを何本も出すより、50mmとか90mmとか中望遠域のほうも抑えていって、徐々にその間を埋めていくほうが売れると思うんだけどなあ。
また望遠も200mmまでしか出てないし、そっちのほうも早く手を付けてほしいのだけど・・・

待ちに待った明るい単焦点レンズですが、他の焦点距離も続々と出してほしいですね。
現状22mm(換算35mm)しかないのですから、15mm・32mm・50mmのラインナップは最低でも埋めてほしいところなのですが…。
F2クラスでもいいですから、希望小売価格3万5千くらいでお願いしたいです。

予約しました!予約してまで欲しいと思ったレンズは、かなり久しぶりです。

まさかキープコンセプトのまま、大口径標準レンズを揃えて来るとは思わなかった。すごいぞキャノン!EOS Rシステムも新たに出て来ましたが、EOS Mシステムもこのまま大事に育てていってほしいです。
あとは、広角単焦点も出してくれたら言うことなしです。できればパンケーキレンズでね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年9月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが「EOS Rシステム」を正式発表」です。

次のブログ記事は「キヤノンが「EF400mm F2.8L IS III USM」と「EF600mm F4L IS III USM」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る