キヤノンのAPS-Cコンパクト用の「16-130mm」とAPSCミラーレス用の「18-200mm」の特許

Canon News で、キヤノンのAPS-Cコンパクト用の高倍率ズームと、EF-Mの高倍率ズームの特許が紹介されています。

Canon Patent Application: Canon 16-130mm and EF-M superzoom

  • キヤノンが複数のレンズの特許(USPTO20180284406)を出願している。16-130mmは、ワイド端の像高が13mmなので、ワイド側では(APS-Cにはイメージサークルが少し足りないため)ソフトウェアによる補正が必要になる。このような特性のレンズは、通常、レンズ交換式よりもPowerShotで用いられる。

    - 焦点距離:15.51-130.98
    - F値:3.68-6.50
    - 像高:13.00-13.66
    - バックフォーカス:12.76-35.17

canon_patent_16-300_18-130.jpg

  • PowerShot用ではなく、EF-Mレンズになりそうなスペックの2つのレンズも記載されている。1つは18-130mmで、これは既にEOS M用の18-150mmが存在することを考えると登場しそうもない。しかしながら、18-200mmの高倍率ズームはいずれラインナップに追加されるかもしれない。

    - 焦点距離:18.52-130.97
    - F値:3.40-5.88
    - 像高:13.66-13.66
    - バックフォーカス:10.93-37.77

    - 焦点距離:18.5-193.98
    - F値:3.73-6.50
    - 像高:13.66-13.66
    - バックフォーカス:13.43-44.18

 

キヤノンは、高倍率ズーム搭載のAPS-CのPowerShotを考えているのかもしれませんね。また、EF-M用のレンズでは、18-130mmはともかくとして、18-200mmの方は製品化される可能性があるかもしれません。

2018年10月 5日 | コメント(11)

コメント(11)

EF-M用のレンズ期待しますが、18mm
ではなく、広角側は15を希望します。望遠側を多少
削っても、18mmスターとの広角ズームに
不満です。

APS-Cの高倍率ズームは売れますからねえ。EOS-Mでも是非とも出して欲しいですね。タムロンのレンズとの競争になりますがEF-S18-135mmみたいなAFが速いレンズだと売れるでしょうね。

G1XM4でしょうか、どのようなコンパクトになるのか楽しみです
充分小型でしたら、RX100M6から買い替える人も出そうですね
しかし広角端の周辺画質が少し不安ですね

>NOVAさん
画角は焦点距離の逆数のarctanで大きくなるので
広角側の1mmを削ることは至難の技です
18→15であれば確かにいいですが、多少望遠側
を削ったぐらいでは到底性能がまとまりませんから
現実的に難しいでしょう。

PowerShotのaps-cで16-130出たらうれしいな
25-200位でしょうか
小型化できるのならば一台でほぼなんでもこなせるコンデジに位置しますね。
一眼やミラーレスのキットレンズのみの顧客には値段次第ですが最高ではないでしょうか。
G1XかG3Xの後継機って位置づけかな、出るのならね。

私も15mmスタート希望です。が、EF-S15-85を使った経験で結構広角側の歪みが大きく、通りすがりさんの仰る事はなんとなくわかります。実際頑固で光学性能にこだわるキヤノンは頑なに15mmスタートにしないですよね。鏡筒が太くならざるを得ないのは、EOS M的にちょっと違うのかもしれません(残念ですが)。
なお、EF-S15-85は今となっては特別シャープでもないんですが、青空の発色が大好きで、便利な画角とあわせ今でも手放した事を後悔してます。
ところでフルサイズでは24mmスタートが多いのは、センサーサイズの関係で製造しやすいとかあるのでしょうか?

便利ズームは18-150があるから十分。
望遠側は85mm程度までで良いので15mmから始まる広角側に振った便利ズームが欲しいです。

個人的には便利ズームとかだったら18-200はいらないです。正直、15-85mmとかだったら欲しい気がしますね。(便利ズームじゃないかもしれませんが…)
それより望遠が欲しい時に200mmではちょっと不足で、70-300mmをアダプタで使用するのが不便なので、少し太くなっても良いので150-300mmとか出てこないかなぁ。

kissM使ってますが今更ながらEF-S15-85を追加しようか思案中です。
今後EF-M15-85のようなものが出るのであれば大歓迎です。

ところで何故キヤノンはMマウントのレンズは鏡筒径60.9mmにこだわるのか不思議です。
レンズ設計的に不利になりそうですしボディから大幅にはみ出さなければ携帯性も変わらないと思います。
個人的にデザイン的にもイマイチです。

後プラマウントと沈胴も廃止して欲しいですね。

好みはともかく軽量・コンパクトが方針だからあれでいいのでは

EF-Mは鏡胴径を統一、軽量コンパクトが設計基準になって
いると思います。
技術屋としては限られた寸法で、いかに光学性能を確保するかは
腕の見せ所です。
寸法制限なしで大きくすれば楽に光学性能は上げられるでしょうが、
EOS Mを使うであろうユーザーは喜びませんね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログ記事について

このページは、2018年10月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2019年の上半期に2機種のEOS Mシリーズのカメラが登場?」です。

次のブログ記事は「認証機関に登録されている未発表のカメラの一覧」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る