リコーが「WG-60」を正式発表

リコーが新型のタフカメラ「RICOH WG-60」を正式に発表しています。

水深14mでの水中撮影が可能なコンパクトデジタルカメラ「RICOH WG-60」を新発売

  • 水深14mで連続2時間の水中撮影が可能な防水性能(IPX8、JIS保護等級8相当に準拠)を実現。さらに、1.6mからの耐落下衝撃性能注1やホコリに強いIP6X(JIS保護等級6)相当の防塵性能、マイナス10℃でも動作が可能な耐寒構造、100kgfまでの重さに耐える耐荷重構造などを備えている。
  • 画像信号の高速な読み出しが可能な裏面照射型CMOSイメージセンサーと、高性能画像処理エンジンを採用し、最高ISO感度6400の高感度性能と、有効約1600万画素の高精細画像を実現。
  • 焦点距離5~25mm(35ミリ判換算で約28~140mm相当)の光学5倍ズームを搭載。
  • レンズの周りに近距離用のLED補助光を6灯配置。
  • 1920×1080(16:9)ピクセルで30fps(フレーム/秒)、記録形式にはH.264を採用した、より高画質で長時間の撮影を可能にするフルHD動画撮影機能。

ricoh_wg-60_of_001.jpg

 WG-60は旧型のWG-50からスペックはほとんど変わっていないようです。DPReviewでは、唯一の違いは新たにFlashAir Wi-Fi SDカードに正式に対応したことと述べられているので、WG-60は、旧型のWG-50の時と同様にごく小規模なマイナーチェンジモデルのようですね。なお、WG-60の店頭価格は最安値で31590円となっています。

2018年10月25日 | コメント(11)

コメント(11)

WG-50とほぼスペック変わらずですね。黒×赤は確かにかっこいいですが、わざわざ購入する人は少ないかもしれませんね。

初めからwifi機能搭載した機種であった方がまだインパクトはありましたね。
にしてもマイナーチェンジにも程がありますね。

リコーにはGRⅢに期待します。

長く継続しているシリーズなので今後も生き残って欲しいです。

次期モデルではスマホのワイドレンズ化が著しいので24㎜相当に広角化するのに期待。

NIKONのw300、オリンパスのTG-5、推しのペンタのwg-50で迷っていてwg-60がBluetooth、GPS対応になれば60で決まりも思ったけど残念。写真の管理がしやすいためGPSは欲しかった

このシリーズはいくつかお世話になりました。
なのでなおさら残念です。

タフさが売りだけでは、もはや生き残れないのでは?

このシリーズに対するリコーの情熱を感じません。

アウトドア用のカメラとして現状の
ユーザーが求めることをもう一度調べてそれを取り入れた
商品開発をする事を望みます。


防水デジカメに際立った画質は求めませんが
スマホでもある程度の防水性と耐衝撃性のあるケースと
マルチレンズが現実のものになっているので、
これに限らずズーム倍率をもっとあげてほしいです
普通のコンデジはスマホとの差別化にズーム倍率を
あげる傾向にあるようですし、
防水性と耐衝撃性については、出先で雨に降られたり
水辺でちょっとハメを外しても壊れないもの程度の
保険として購入している人もいるのでは?

素人的にはファームウェアのアップデートで対応できそうな内容に見えてしまい、
あえて型番を変えなくてもよかったのでは?と思います。
個人的には以前販売していたWGの1桁シリーズの後継機を発売してもらったほうが
良いと思うのですが・・・
ペンタは少しずつ改良しながら長く製品を育てていくイメージが
ありますが、このモデルチェンジはいかがなものかなと思います。
いっそのことWG-4GPSを発売したほうがまだましだと思うのですが・・・


WG-3GPSユーザーです。
WG-3の頃にあったワイヤレス充電を搭載して欲しい。
液晶モニターも5年くらい23万画素程度・・・。せめて液晶くらいアップグレードして欲しいと思います。。
海辺や川で使用していたらバッテリー交換がめんどくさいのでバッテリー容量を増やしてほしいと思っています。

値下がり予防の新型番という感じですね。

この分野はまだまだ不十分で、いろいろな可能性のある分野です。広角、ズーム倍率、或いは大型センサー・・・

リコーこそ、ここで勝負するくらいの気持ちが欲しいですね!!

案外これ、工事現場の記録用として細々と需要はある、みたいな物だったりしません?
つまりは「現場監督」の後継的な。系譜としては違いますけどね(現場監督はリコー、WGシリーズはペンタックス)。

CALSモード(1280*960の約1M)を持ったタフネスコンデジの選択肢が実質WGシリーズぐらいなので、現場仕事だと『これしかない』といったところでしょうか。実際私もWG-30をつかっています。3Mぐらいの解像度モードなら他のタフネスコンデジにもあるのですが、それだとデータが重いと言われることがあるので……(ええー、って内心思ってますけど)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2018年10月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノン24-70mm F2.8L ISはRF版が先に登場しEF版は後から登場する?」です。

次のブログ記事は「オリンパスの新型OM-Dにはこれまでに無い新機能が搭載される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る