ライカD-LUX7の前面・背面・上面の画像

Leica Rumors に、ライカの新しいハイエンドコンパクト「D-LUX7」の画像と発表日に関する情報が掲載されています。

First leaked pictures of the upcoming Leica D-Lux 7 camera

  • 以前に噂が流れたライカD-LUX7が、来週の11月20日前後に発表されるだろう。旧型のライカD-LUX Typ109の価格を基に、D-LUX7は1200ドル前後になると予想している。同等品のパナソニックLUMX DC-LX100II の価格は997ドルだ。

Leica_d-lux7_001.jpg

Leica_d-lux7_002.jpg

Leica_d-lux7_003.jpg

ライカD-LUX7は、大方の予想通りパナソニックLX100IIベースのカメラのようですね。ボディカラー以外では、背面のボタンの形状がLX100IIの丸型から四角に変更されているのが目につくところです。

LX100 II はシルバーボディが発売されていないので、シルバーが好み方にはD-LUX7が有力な選択肢になるかもしれませんね。

2018年11月16日 | コメント(7)

コメント(7)

Typ表記のモデル名は廃止してしまうのですね。
ライカブランドとしては買いやすく満足度の高い製品で引き続き人気ありそうです。

しかし相変わらず採用フォーマットは多いですねえ、
中判、35mmフルサイズ、APS-Cとレンズ交換機を揃えて、
交換レンズも4規格。
一体型でも35mmフルサイズ、APS-C、4/3、1インチずらりとあるので凄いです。

ファーウェイとの提携で潤っているのでしょう。

1200ドルだとすると
パナ版との差は大きくないですね。
魅力的です。

以前のカメラではパナとライカでレンズの色が微妙に違う、コーティングに差があるのか? という話が話題になった事がありましたが、今はどうなんでしょうね?
レンズの構造が同じでも、コーティングと画像処理エンジンが違えばかなり絵作りには差が出るでしょうし、どういう写りになるか気になります。

LX100IIと比べると、グリップが無いのが一番目につきますね。個人的には、グリップなしで価格も高いとなるとこちらを敢えて買う理由がほぼないように思ってしまいますが。。。

同梱の現像ソフトを考慮すると、お買い得ですね。

後続の情報によると中国生産のようですね。Typ109は日本製だったと記憶しています。

万年筆とかの他ブランドのコラボモデルなど、ベースモデルから形を少しイジった製品としては上げ幅が小さいくらいですね。

ベースモデルも大変優秀なので魅力的です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログ記事について

このページは、2018年11月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2019年上半期の登場が予想されるキヤノンの新製品」です。

次のブログ記事は「認証機関に登録されている未発表カメラのまとめ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る