近日中にニコンD6の開発が発表される?

Nikon Rumors に、ニコンD6の発表時期に関する噂が掲載されています。

Nikon D6 coming soon

  • あるプロカメラマンが、最近、ニコンD6が2月にテスト撮影が可能になるという公式な声明を出している。Nikon Rumorsでは、以前にニコンD6が2019年に登場するという噂を紹介している。おそらく、2019年1月のCESでD6の開発発表があり、それから数ヶ月後に詳細が明らかになるだろう。

 

2019年中に登場すると噂されていたD6ですが、CESで開発が発表されるとすると、ニコンは開発発表から正式発表まで短期間なので、来年の比較的早い時期にD6が発売される可能性が高そうです。

ニコンからは、フルサイズミラーレスのZシリーズが登場しましたが、動体撮影用のプロ用機では、まだしばらくの間はFマウント機が活躍しそうですね。

2018年11月28日 | コメント(39)

コメント(39)

光学カメラとしてD5は既に完成域に入っていますし、
果たして光学カメラとしてのD6は意味があるのかと思えます。
もしD6でミラーレス固有の機能である 全面に近いフォーカスポイントやサイレント撮影ができるのであれば、意味は大きいと考えます。
オリンピック会場の撮影で音の出る機器の使用不可という事も今後はあり得るかもしれません。
Nikonはこれまでオリンピックに対応してD1桁シリーズを展開してきましたが、オリンピック前年の12月に発表、翌年オリンピック開催年3月に発売が多かったと思います。
恐らく今まで通りのスケジューリングの1年後は、他社からスポーツ系統を撮りきれるミラーレスが台頭しているだろうから、リリースを早めたのかもしれません。
またこの事は、Nikonがオリンピック対応としてのミラーレスカメラも出す事を示唆しているのかもしれませんね。

last-D(一桁)になるのかな?
Zユーザーですが、まだミラーレスに不安がありますが
今ある問題も4年はかからない気がします。
これからZのフラッグシップも出てくるかと思いますので
Z7後のD6とても楽しみです。

現在、D5も使っていますが不自由はありません。が・・・
気になりますね。 どこが変わってくるのでしょうか?
コマ数アップくらいなのかな?
ニコンもミラーレス化が進みそうなのでやがてF6のような存在になってしまうのでしょうか?
ニコンレフ機の完成形となるのでしょうから欲しい気もしますが 懐が・・・


ミラーレス機も良いけどやっぱD一桁機は戦車のようなカメラで
あってほしいな
いずれはD5レベルのZ機が出るんだろうけど、Dシリーズは
続けてほしい
連射とかしないしスナップ、風景しか撮らないけど
D一桁機は欲しいと思わせる魅力があるもんなあ

私もD6を出す意味が思い浮かびません。
強化ポイントといっても画像処理エンジンの刷新ぐらいしかないのでは?
グローバルシャッターを載せるならありかもしれませんが。

もしかして、ラグビーワールドカップ日本開催にあわせて今までのタイミングより早めたのでしょうか?
キャノンがどういう動きをするのか気になります。

D6で全面AFエリアが実現するかがポイントだと思っています。
その上で、背面液晶やファインダーの見えのブラッシュアップをしてほしいです。
Zと比べるとインジケータが見えづらかったりします。
Zも便利ですが、レフだからこそ撮れる世界がありますので、登場が待ち遠しいです。

フィルム一眼レフはF6で一区切り。デジタル一眼レフも(フラッグシップ機は)D6で一区切りなのかもしれません。あと、D850ではライブビューモードでのサイレント撮影ができますので、D6ではもうちょっと機能のレベルを上げてくるかな。AF速度をアップしてくるとか?

D6の完成度ももちろん気になりますが、

フィルムの一眼レフもF6まででデジタルへ、

デジタルの一眼レフのD6のあとはミラーレス?D7?

カメラ文化、写真文化の未来気になります

最高の性能を載せてるわけですからフラッグシップ機は買わなくても発表が楽しみです。

D5がまだどれだけ伸びるのか。
ミラーレスとも比べられるわけですし。

私も一桁機はフィルム止まりで、デジタル一桁は買いません
でしたけど、やはり最高性能のカメラの開発は、その下に
続くカメラにとっても未来を占う大事な点なので、技術の粋を
尽くしたものが投入されることを望みます。

最後のD一桁機になる可能性が大きいと思いますが、それだけに
気合の入ったものを作って、後に名機と言われる物に仕上げて欲しいです。

画素数は3200~3600万、14bitRAWで秒12~14駒。
バッテリーと省電力技術のさらなる改良で撮影可能枚数1万枚。
ファインダー倍率0.85~等倍(これはサイズ的に無理か…)。
AF素子とアルゴリズムの改良で感度食いつき性能アップ。
ボディ内手振れ補正登載で、レンズ内補正と協調制御。6段相当の補正効果。
グローバルシャッタ登載で最高1/36000、スピードライト全速同調。

こんな所が実現されれば、まだまだミラーレスには負けない
一眼レフ機として4年は君臨できるのではないかと。

F5からF6で縦グリが別体に、ファインダーも固定式になってしまったんで6番目の「D」に嫌な予感が。 でもミラーレスからのフィードバックでライブビュー中のAF/連写高速化とかOVF/EVF切替え式とか、妄想しても良いでしょうか。

D6はレフ機のフラッグシップ機なので発売する意義は大きいと思います。Zシリーズの像面位相差の搭載やD850の高倍率OVFなどアップデートする箇所がありますから。もちろんD6はオリンピックをターゲットにするのでミラーレスを上回る動体補足性能を搭載してくると思います。ニコンの発表を楽しみにしています。

Z7のレビューで、まだ動きもののAFは一眼レフに追いついてない、とありましたので、まだZのフラッグシップではなくDで行くのでしょうね。今までは対キヤノンでやってきたはずですが、今度の仮想敵はSonyでしょうか。
キヤノンもまだRでフラッグシップは厳しそうなので、一眼レフのフラッグシップを出すのではないかな。

おそらく、低感度のダイナミックレンジを改良してくるでしょう・・・。

D6ですか、思っていたより早かったです。
ハイブリットovf/evf とか面白そうですが

確実な所はEXPEED6搭載と年明けに出てくると噂されているCFexpress対応で高速化すると言った所か。裏面センサー+Zで使われているAFモジュールのブラッシュアップまであれば訴求力はありそう。

D5 が 2015年11月の開発発表、16年3月発売だったので、通常の4年周期より1年近い前倒し。 初めから D5S をスキップして3年で出す計画だったのでしょうか。
わずか3年ですから内容は S 的なアップデートかもしれませんね。

D6 の後に D7 が出るかどうかは Z システムの進展次第でしょうが、「レフ」 のカメラにはまだまだレフの良さを活かした改善が可能だと思っています。 個人的には、ミラーを DLP のようなデバイスに置き換えれば (シャッターも兼ねる?) 「メカの無いレフ機」 すら可能じゃないかと (測光や AF はどこでするんだというのは置いといて)。
光学ファインダーは残しつつ、AF や連写もミラーレスの進歩に後れることのない一つのアイデア・・・いや、妄想ですが。

数値スペック的には画素数が少し増えて、高感度も一段くらいアップする程度じゃないですかね。
連射はこれ以上増えてもしょうがないんじゃないかと思いますし。
ボタンの配置とか、液晶の見え具合とか、使い勝手の面でプロの要望を入れてくるんじゃないでしょうか。

デジタル一眼レフの完成形は、ライブビューモードで使った場合は、ミラーレス一眼となんら変わらない操作性と性能を持つ事だと考えてます。
それには今の一眼レフは、まだまだ進化ができると思います。

D一桁シリーズは理屈抜きにカッコいいカメラなので、これからも一眼ユーザーの憧れとして君臨し続けて欲しい。
D6、買える準備はできています。
人生最後のカメラにするつもりです。

ミラーレス譲りでライブビューのAF性能が上がってくれれば良いのですが。ただいきなりプロ機でそれを試すかは…

先幕電子シャッター
内蔵GPS
先ずはこの辺りから搭載をお願い致します。

最後の本来のD一桁でしょうか、フィルムのF一桁はプロカメラとしては
実質5まで。
まだ報道やスポーツのプロが2020年までの2年間でミラーレスに
完全移行することは無いと考えての事でしょう。

技術の進歩に終わりはありません。
D6がどんな技術の未来を見せてくれるのか楽しみです。(買えませんが。。)
個人的にはD850の後継モデルが出るのかが気になります。

D6への進化の方向如何によってはD500の後継機も出るか?
D6へどのように進化させるのか見当がつかないからD500後継と言ってみたものの想像も付きません。
でも進化に終わりはないと信じています。Nikon、今度は何をしてくれるのだろう?!楽しみです。

いよいよですね、詳細はまだ先なので、まだ盛り上がりには欠けますが
徐々に熱を帯びてきそうな予感、キャノンもこの後、新しいロクヨンとヨンニッパを準備中のようなので、1DX2の後継機はEFマウント(一眼レフ)でしょうか?

像面位相差AF、完全サイレント撮影、4K60p対応、
なんなら8K切り出し静止画、F6同様にグリップ後付け設計。
グローバルシャッターモード、裏面照射CMOSで常用IS50万とか


やることはまだまだいっぱいあると思いますよ。

D6のミラーレス版も気になる
D850とZ7のようにD6の一年後にミラーレス版が出ると思うが どうなるだろう

D一桁の数字が上がるとき、なれなりの進化があったはずで、
AFはこれでもかというほど毎回上がっていっている気がします。
連射も画素数も上がってきたので、
D6という名前がつく以上、納得の仕様に仕上がってくるのだと
(買えないけど)期待しています。

D6が出ればD500後継機に同じAFユニットが載るお決まりなので、500mm F5.6出たし、テレコン使用を考えてF8対応AFポイントを広げてほしいな
あと全点-4EV対応とかだと尚頼もしい。

ぼくもD5の出来がいいからこれ以上求めるのはあんまりないけれど、D1桁機がミラーレス化することはないと思う。例えばスポーツのカメラマンが何時間もぶっとうしでEVF覗くことはほぼ不可能だし、信頼性(堅牢性、起動時間、バッテリーの持ちetc)では現状一眼レフの方が有利だと思う

D5で超望遠動体撮影をしているものですが
2000万画素ではクロップ耐性が足りないと感じています。
次は2400万画素or3200万画素でくるのではないでしょうか。
あとはAFエリアの拡大やAFポイントの増加がくるのではないかと思います。

来ますか! D6‼︎
全ての技術をつめた究極のデジ一眼レフで登場してほしいなぁー
ミラーレス一眼では動体撮影は厳しいですし、完成の域に達した圧倒的存在感のD一桁機の登場を待ってます!!

D6開発発表、朗報ですね!
必ず買います。
現在使用中のD4&D5が酷使で既にボロボロなので、個人的にとても嬉しいタイミング。

撮像センサーに多層式BSI(多層式センサー)を載せてくるのでしょうか?

いよいよですね!
ロードマップの状況から察すると、デュアルExpeedエンジン搭載のモデルになりそうな感じ。
8K30p or 8K60pの超高精細映像の撮影にも期待したいです。
CESに行くのでNikonブースに立ち寄ってみよう・・・!

待ってました、D6!
D5と同世代の1DXⅡに負けない(勝ってくれとまでは言いません)連写速度、一層広いAFエリア、再現性が無くてまったく使えないAF微調整の自動設定機能の改良をお願いしたいです。画素数はこれまでの流れからすると24Mでしょうか。

私が一桁を導入する可能性はゼロですが、
一眼レフ業界をリードしてきた企業として、
ミラーレスが越えられない超絶レベルの
性能・機能を見せつけて欲しいと思います。

D5がとても気に入っているので これ以上どうするんだ と思う気持ちもありますが 出たら買うと思います。
Z6も買いましたが とてもいいカメラです
けど これからもニコンの頂点はレフ機であって欲しいです


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログ記事について

このページは、2018年11月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーEマウントの口径は大きな問題ではない」です。

次のブログ記事は「オリンパスが1月に150-400mm F4.5(またはF4)を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る