ニコンZ6はトップクラスの高感度性能

DPReview に、スタジオシーンのサンプル画像を元にしたニコンZ6の画質に関するレビューが掲載されています。

Nikon Z6 image quality and dynamic range impress, but not without caveats

  • スタジオシーンは、Z6+Z 50mm f/1.8Sの組み合わせで撮影した。JPEGは自動補正を可能な限りOFFにして撮影した。RAWは、ACRによる現像では、カメラの設定で補正を無効にしても、強制的に歪曲と色収差が補正される。
  • Z6+Z 50mm f/1.8S による画像は素晴らしく、画面全体で性能は一貫している。ローパスフィルターはα7 III よりも少し強く、ディテールでは若干劣るが擬色は少ない。Z6のディテールは、このクラスでベストの機種と同等ではないが、ノイズとディテールのバランスは素晴らしい。Z6の高感度性能はトップクラスだ。

nikon_z6_Raw ISO25600.jpg

  • ダイナミックレンジのテストでは、大きな驚きはなかった。画像の暗部にZ7と同じバンディング(シマシマ)が見られた。これは像面位相差AF用の列が、RAWファイルで完全に補正されていないことを意味している。この現象は、D750やα7 III などの機種と比べて、暗いトーンのある画像を扱う際の使い勝手に影響する。

nikon_z6_Raw DRExposure Latitude_+6ev.jpg

  • ISO感度を上げたときの(RAWファイルの)不変性は完全ではない。これはデュアルゲイン設計なので、ISO800以上ではノイズを減らすために高感度用の回路が使用されるためだ。ISO800以上では、感度を上げても(RAWファイルは)ほぼ不変だ。これはRAWで撮影する場合はISO800以上に感度を上げてもアドバンテージが無いことを意味している(後処理で補正しても結果は変わらないため)。
  • ダイナミックレンジは、α7 III とよく似た結果だが、α7 III よりわずかに劣っており、EOS Rとの比較では、ほとんどのISO感度で若干リードしている。

 

Z6は、ローパスが少し強めという指摘がありますが、サンプルを見る限りでは、低感度の解像感は十分という印象です。高感度ノイズは、RAWではD750、α7 III、EOS Rと比べるとZ6が一番少ないようで、高感度性能はかなり良さそうです。

ダイナミックレンジのテスト(下の画像)では暗部を持ち上げたときに現れる横方向のバンディング(シマシマ)が確かに少し目に付きますね。

[追記] 画像は、上がISOを上げて撮影した通常の高感度の比較、下がISO100で撮影して+6段分持ち上げた画像でダイナミックレンジの比較です。

2018年11月 9日 | コメント(12)

コメント(12)

ノイズについては、重箱の隅つつきで見るとグレー地のノイズが少ないD750が一番良いように思えます。位相差AFセンサが別であることの効果でしょうか。黒地だとα7III優位にも見えますがD750だけ露光がちょっとずれてる気もします。
個人的には3段以上も持ち上げる状況は画像が荒れても当然と思っていますが、2400万画素機の3台とも6段上げてノイズがこの程度でとどまるのは、すごいの一言です。実用上は、同じ2400万画素ならどれを選んでも問題無さそうですね。

ISO800以上に感度を上げるのは画質を落としてでもシャッター速度を上げたり絞りたいのがほとんどの目的だと思うのですが、アドバンテージが無いというのは意味が分かりません。

>通りすがりさん
グレー地のある方の画像(下の画像)はISO100のダイナミックレンジの比較で、高感度ノイズの比較ではない(ゲインが高感度側に切り替わってないため)のでご注意ください。

>Pちゃんさん
ゲインの切り替えが2段階なので、ISO800以上では、RAWでISO800で撮影して現像時に必要なだけ露出を持ち上げても、最初からISO感度を必要なだけ上げて撮影しても結果は同じという意味です。

Z6が高感度番長ですね。
Z6を予約してる身としては嬉しい結果です。

D750を普段使ってますが流石に今時の機種より高感度はキツイかなと
感じてきました
Z6を予約しているので試してみたいですね

横縞が目立たない持ち上げ段数の上限は、
Z 7 が +3EV 、 Z 6 は +4EV のようです。 実用上はどちらも問題ないのでしょうが、この違いは高ISO画質以上に Z 7 に対するアドバンテージじゃないかと、個人的には感じます。

Z6の高感度確かに一番よく見えますね。
一方でD750のレタッチ耐性の良さも秀逸。

Z6も欲しくなる!でも、縞模様はちょっときついですね。
実際Z7でも出てますけど。

この記事によるとニコンZシリーズには像面位相差センサーによるバンディングが出ているのに同じSONYセンサーのαシリーズに出ていないのはどうしてなんだろ。RAWデータの処理の仕方に差があるのかな。

> miwaさん
Z6の方が少し目立ちますが、ソニーのα7iiiも画面から離れて見るとバンディングノイズが出ていますね。バンディングノイズを極限まで抑える視点だけで見ると、D750など像面位相差AFがない一眼レフ機が有利という結果だと思います。実用上はどれも問題ないでしょう。

バンディングノイズの位置も程度も既知のものなので狙い撃つように消すことはお手の物なのでは無いでしょうか?

そこで、ニコンはそれを良しとしない頑固さで残っているとかありそうです。

予想ですが。

よほどの場合でない限りZ6の縞々は気にならないのかな。
発売後4年、使い始めて3年以上になるD750が意外と検討していると感じた。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログ記事について

このページは、2018年11月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスE-M1Xには手持ちハイレゾショット機能が搭載される?」です。

次のブログ記事は「パナソニックのLマウントレンズ「24-105mm」「70-200mm」の明るさはF4になる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る