ソニーα6400で機種名がα6300となっている個体がある?

SonyAlphaRumorsに、タイで購入したソニーα6400に「α6300」のロゴが印字されていたという記事が掲載されています。

Guy gets his new A6400 but the on camera label says it's an A6300

  • Theera Suriyawongseが、真新しいα6400を受け取ったが、このカメラには予想外のデザインの問題があった。彼は「本日、α6400を購入し、自宅に戻ってカメラのラベル名が間違っていることに気付いた」と述べている。

sony_a6400-a6300_001.jpg

sony_a6400-a6300_002.jpg

sony_a6400-a6300_003.jpg

モニターが上方180度まで開いているので、このボディがα6400なのは間違いないようですが、カメラの機種名の印字が間違っているなどということが本当にあるんでしょうかね。

これが本物だとしたら、1機種だけこの状態ということは無いと思うので、他にもα6300のロゴ付きで出荷されたα6400がありそうです。

2019年2月21日 | コメント(24)

コメント(24)

少し欲しいと思うの私だけ?

拡大すると合成のような見え方しますね

これが完全機械式フィルムカメラとかだったらプレミア機になったかもしれないですね

銘板の繁体字表記から見て、タイ産の台湾市場向け出荷分ですかね。

やがてソニー製品のアンティークとしてオークションで落札される時代になれば、かなりの価値が出ると思います。。。。。問題はその頃にはバッテリーが使えない、交換用バッテリーが存在しないかも。。。?


動画もあるから合成じゃないですね。
将来お宝になるかも。

アクセサリー類ではなく本体というのが気になります。ソニーは外観検査などは実施してないのでしょうか?

ミスプリントでしょうか。
カメラの場合は価値が上がることはないと思うのですが、面白いですね。

α6400は某カメラ店の通販サイトで注文済です。さきほど発送のお知らせメールが届きました。
明日には現物が届くので、表示がどうなっているか楽しみです。

a6300も現行機種ですからね。外装は共通部品だと思われ、ロットごと組分け失敗→出荷検査すり抜け、という事じゃないですか。RX100系やa7系でも起こりそうな話。

Nocf-Nikkorを思い出した。( ´∀` )
プレミアムが付くのかなこういうの。

パット印刷だと思いますので版は両方あるでしょうが軍艦部カバーも共通なんでしようか?

テストロットを提供してもらってるとかならありえるこもですが。

誤組立ですね。

流れた理由
①梱包前の外観検査で掴まるべき物を見落とした
②外観不良品を手直しした時に、6300のカバーを組み込んでしまい、外観検査工程を通さずにそのまま梱包した。

組み込まれた理由
①手直し工程で、6300カバーを組み込んだ。
②何らかの理由で、6300カバーが一個だけ混ざった。
③1トレー分(10~20個)の6300カバー混ざっていた。

可能性としては①-②のパターンでしょうかね。
ただし、最近は画像識別工具を使う事が多いので、それですと
②の手直し後にそのまま梱包でしょうか。

今頃工場ではシリアルナンバーから生産日時と原因を調べていますよ。

これが本当だとすると、いまごろソニーのタイ工場は大慌てでしょう。ひとつの固体だけとはちょっと考えにくいですね。

これは、もしかしてかなりのプレミアになるのでは?

大切に取っておきましょう。

連投すみません。Petapixelというブログの記事に、アラブの国のディーラーと思われる業者が、α6300の軍艦部を補修部品としてネット通販しているという記述がありました。もしかすると、もしかしますね。その業者のウェブサイトはアラビア語まじりでさっぱりわかりませんが。

かつてのNokf Nikkorを彷彿とさせます。

本当にプレミアムものですね。いや、そうでなくともα6400のリアルタイムトラッキングはなかなかのようで欲しかったところです。でももし本当なら、国内でなくともソニーさんからプレスリリースがあるでしょう。

プレミアなんか付きますかね?
間違えただけなら、一種の不良品じゃないですか。
ブログの小ネタぐらいにしかならないと思います。

昭和64年の硬貨とか、ギザキザの10円玉なら
プレミアもわかる気がしますが
それらとはちょっと価値が違うような気が。

珍品になりましたねw
もし、ヤフオクに出たら入札してみますね(笑)

もし検品漏れなら企業の担当者は頭を抱える事案ですね笑
実際、検品の際はソフトやハードの様々な部分をチェックし、一日に非常に多くの数を捌かなければならないので、検品漏れもあり得えるかと思います(ミスプリントも含めると非常に珍しいケースだと思いますが)

本物ならオークションで間違いなく定価以上の価格で落札されるでしょうね

そんなことあるの?と思いましたが確かに一度目の検査で弾かれたものを手作業で修正、とかだとその段階でのミスがそのまま…ってのはありそうですね。
個人的にはこれに価値は感じませんが、ここですら欲しいって言ってる人がいるくらいだからプレミアはつくんでしょうね。

実在しない機種名ならプレミアになるやもしれませんが
前の機種名だったら普通に嫌ですよね。。

買い替える人なら特に

予約しておいたα6400が届いたので、ドキドキしながら開梱しました。表示を確認したところ……(残念ながら)α6400と書かれていました。まあ、当然ですが。

これまで使ってきたα6500もあるので、レンズをとっかえひっかえしてAF性能を比較しているところですが、どっちがどっちの機種だったか間違えますね。工場で誤組付けしてしまうのもうなづけます。ちいさな文字をいちいち確認するのはたいへんなので、α6300/α6400/α6500を併用する人は、たとえば軍艦部にカラーのテープで識別するなど、ひと工夫したほうが良いかもしれません。

本体の金型が同じだからこうなったということでしょうか?
それともデカールのようなもので番号を印字する際に
単純に間違えただけ?不思議ですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2019年2月21日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リコーGR III の北米での価格は899.95ドル [内容更新2]」です。

次のブログ記事は「ソニーが2月25日・26日に新製品を発表することを確認?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る