ソニーが「CFexpress Type B」の開発を発表

ソニーが、読み出しと書き込みが高速化され、曲げ強度や落下耐性も改善された「CFexpress Type B」の開発を発表しています。

超高速次世代メモリーカード『CFexpress Type B』を開発中

  • ソニーは、記録メディアの新しい規格であるCFexpressに対応した超高速次世代メモリーカード『CFexpress Type B』(128GB)の開発を進めている。
  • 最大読み出し速度1700MB/s、最大書き込み速度1480MB/sの超高速性能だけでなく、CFexpress規格の3倍となる曲げ強度や同規格の5倍となる5mの落下耐性といった優れた堅牢性も備えた商品を目指す。
  • 本開発品は、2019年夏に128GBの商品化を予定しており、今後256GB、512GBの大容量モデルの商品開発も検討している。

sony_CFexpress_typeB_001.jpg

読み出しと書き込み速度は、それほど大幅に上がっているわけではないようですが、曲げ強度や落下耐性が大きく改善しているので、安心感は高まりますね。デジタルカメラへの採用は、次世代機からでしょうか。

2019年2月28日 | コメント(8)

コメント(8)

ニコンはXQD採用して良かったですね
CFastは供給続くのでしょうか?
ソニーも早くCFexpessを採用して欲しいです
少なくともダブルスロットなのに片方がUHS-Iは辞めて欲しい

こういうメディアが必要とされる製品開発が行われていることの一つの現れでしょうか。夢が膨らみますね。

CFexpressは70Nも曲げに対する強度ってかなり堅牢ですね。日常の中で外的要因の物理的な故障はなさそうですね。XQDを使うとSDは確かに頼りないですが、流石に端子部分は同じようなものなんでしょうか。個人的な感想ですが、XQDのように頑丈だと正直シングルスロットでも気にならなくなってきてます。

CFexrepss 2.0のType-A、B、Cは大きさです。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1172/177/amp.index.html

XQDと同じサイズの物がType-Bとなります。
ソニーは、SDカードと同様にType-Bに対応するタフモデル(頑丈なやつ)を発売するということだと思います。
この製品に合わせて夏に対応するカメラが発売されると面白いのですが。

耐久性に関しては今使っているXQDでも十分な程の性能がありますので魅力を感じてはいませんが、「超高速次世代メモリーカード」を謳う速度に見合った性能や価格が提示されるのであれば考えてみても良いのかなと。
ところで互換性とか何GBの壁とかは大丈夫なのでしょうか? ユーザー側が誤認しないように考えて作って欲しいものです

CFexpress 1.0 は PCIe Gen3 x2レーンのNVMe。
CFexpress 2.0 type B も PCIe Gen3 x2レーンのNVMe。
規格上の上限速度は、おそらく同一ですね。
速度が微増したように見えるのは、GBの桁で数字を丸めちゃったんでしょう。PCIe Gen3 x2は1.969GB/sなので、2GB/sに丸めても支障は無いですね。

フォームファクタが、Type A, B, C と増えたのが2.0の特徴っぽいです。
Bが従来と同じ大きさ。Type A はSDよりちょっと小さくて、1レーン。Cはデカくて4レーン。
Cはプロ用動画機やサーバのSSDに使われそうですが、AはSD-Expressと直接競合するので微妙かな。ただ、厚さがあるようなので堅牢性で勝りそうですね。

ファームウェアアップデートでXQDからCFexpressに
対応ってのはかなり良いですねぇ

連写のスペック値を見る限り、ニコンZ6/Z7は内部処理速度が追いつかないかな。このカードの性能を活かせる機種は後継ないしZハイエンドでしょうね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年2月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「KマウントのレンズロードマップにDAの標準ズームが追加」です。

次のブログ記事は「PENTAX K-3 II 後継機の発売は来年になりそう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る