EOS RPにレッドとブルーのグリップを装着した画像

軒下デジカメ情報局に、EOS RPにブルーとレッドのグリップ(EG-E1)を装着した画像が掲載されています。

軒下デジカメ情報局 (twitter)

  • キヤノンEG-E1のレッドとブルーの装着画像

canon_eos_rp_blue_grip_001.jpg

canon_eos_rp_red_grip_001.jpg

ブルーとレッドのカラーはグリップの一部だけで、このデザインなら黒のボディと組み合わせても似合いそうです。

グリップの色に合わせて、EOS RPにレッドとブルーのカラバリが登場するという予想もあったようですが、このグリップはブラックボディとの組み合わせが前提のアイテムのようですね。

2019年2月14日 | コメント(10)

コメント(10)

グリップの青や赤色は差し色的な色で好感を持てますね。こういうカラバリの方法は初めてのような気がします。ついつい買ってしまいそうになる商品ですね。

これ格好良いですね。
ライトユーザーには黒一色よりこういうワンポイントがあったほうが人気でそう。

こういう色の使い方をするの初めてではないのでしょうか、
赤の方はレンズのリングと合うからいいと思うけど
青はどうなのかな?と思います。

良いですねー
これでアルカスイス対応なら言うことないのですが…

見た目的にはこれは面白いアイデアですね。

しかしバッテリーグリップが用意されないとしたら、ちょっと残念。
LP-E17 1コ装着だけの使用しかできないと不安のユーザーも多いのでは。
α7シリーズにはすべてバッテリーグリップがありますが、キヤノンはバッテリーライフに自信を持っているのかな?


取り付けネジまで色が変わっているのが良いですね。
これならシルバーなんかがあってもいいかも。

キャノンはこういうところが本当に上手い。このカメラに興味を持つ層に響くポイントを確実に押さえてくる。

赤い差し色の方はLレンズと、青い差し色の方はツァイスと組み合わせるとカッコ良いかも!

お初にコメントさせて頂きます。自分など
かつてのペンタックス機カラバリのうちKs-2に有った底面部色変え(レギュラーカラー、オーダーともに)を想起。

2台使いの人向けに一目でわかるけど悪目立ちしないものを作った感じですね。
一体感あって良いかも。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2019年2月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが間もなく発表するRFレンズのリスト」です。

次のブログ記事は「パナソニックのAPS-C用の18mm F4 の特許」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る