KIPONが「Zマウントカメラ-EFレンズ」用のAF対応マウントアダプターの発表を予告

KIPONが、EFレンズをニコンZマウントカメラで使用するためのAF対応マウントアダプターのCP+での発表を予告しています。

World first "CANIKON"autofocus adapter from KIPON (found via NikonRumors

  • KIPONが、世界初の「キヤニコン」オートフォーカスマウントアダプターを日本の横浜で開催されるCP+2019で展示する。このマウントアダプターは、キヤノンのEF、EF-Sレンズ、シグマのEFマウントレンズ、タムロンEFマウントレンズを、ニコンZマウントカメラでAFで使用可能にするものだ。

kipon_ef-z_af_adapter_001.jpg

KIPONから、AF対応のEFレンズ-Zマウントのマウントアダプターが登場すれば、Zマウントで活用できるレンズが大幅に増えますね。Z6/Z7とEFレンズの組み合わせで、どの程度のパフォーマンスが得られるのか興味深いところです。

Zマウントのような最新のマウントはリバースエンジニアリングが難しいという話もありますが、このようなAF対応アダプターが登場するなら、サードパーティー製のAFレンズもそう遠くないうちに登場しそうですね。

2019年2月22日 | コメント(19)

コメント(19)

ついにキヤノンレンズ用ニコンアダプターの登場で、歴史的快挙になるでしょう。

交換レンズマウントの地殻変動が感じられますね。

連射を重要視するならZ6にEFレンズという選択肢もありかもしれないですね。
まあZ6もRAWだと秒9コマまで落ちますが…

他社製レンズを使う方は一定数いらっしゃるので、こういったマウントアダプターはありがたい存在ですね。
ソニーミラーレス機にもすでにEFレンズやニコンレンズを取り付けるアダプターが存在します。
もっぱら私は旧世代のMFレンズを使って遊んでます。

ありがとうございます!ネーミングもある意味分かりやすくて良いかも(笑)
EF200mmF2.8LをZ7で使います!♪

興味はあるけど不具合起こしてカメラが調子悪くするとか大丈夫なのかな

現状世界唯一のTS-Eの17/4をニコンで使えるようになるかもしれないと期待してずっと待っていました。EF-NZ、楽しみです!!
他のレンズはNIKKORでも替えがありますがこれはないので

techartのZ-Eアダプタも、焦点工房のブースで稼動品の展示が行われるようです。
何もニコンユーザ向けというよりは、キヤノン、ソニーユーザにとってZマウントの敷居を下げる物でしょうか。

Zマウントがこんなに早く解析されてしまうとは思いません
でした。
サードパーティのZマウントレンズが出るのも早そうですね。

こういう話を見かけると、Zシリーズはなんだかんだで良いなと思いますね

名前が冗談ぽくて良いですね。
ソニーAマウント対応の「ソニコン」が出るならぜひ欲しいです。

これはありがたい!
悟空とベジータが合体した感じです。
その既にニュース出ていますが、
うちソニコンも出るでしょう。

不具合がなければEF70-200 F4をZ6につけたいです。

逆パターンもでるんでしょうね。その時はNIKANON?

時代は変わっていくのだなと感慨に耽っています。

Fマウントには他所のレンズが付けられず、
Nikkorレンズはどのカメラにも、
AFが使えるかは別にしてアダプタ経由で付けられたのが、
Zマウントになって正反対の展開になるのですね。

Zマウントの強気の値付けの理由が分かってきた気がします。

今の時代リバースエンジニアリングなど、
あっという間なんでしょう。

これは朗報です。AFの精度次第ですがEF135mm F2Lは使ってみたいレンズです。ボディ内手振れ補正で使えると重宝します。
現にAF-S 300mmf4D(旧サンヨン)では1/50でもブレないので、稼働率が増えました。

これは面白い。

Zを買っちゃう最後の一押しを貰いました。

とりあえず、100-400のII型付けて撮ってみたい!

キヤノンには,MP-E65mm F2.8などキヤノンにしかないスペックのレンズがいくつかあるので嬉しいですね.

待ってました。キポンのEFレンズ用の電子マウントAF対応のアダプター2種持っておりますが、両方とも問題なく作動しております。
これでキヤノンのレンズを他3機種で使えることになります。
早期の発売を期待します。

ソニーのミラーレスフルサイズの人気の一端は
MC-11によるキヤノンからの乗り換えですから
これでキヤノン ニコンへのアドバンテージが減りましたね
ニコンでキヤノンレンズが使えるとは

オートフォーカス対応マウントアダプトは早く発売されないかな。
手持ちのレンズも活用できるし、鞍替えもボディだけで済みます。

しかし、当面この種の商品はすでに各社レンズが競う中、人気が有ると思いますが、レンズの売れ行きが伸びないとマウントの統合が来されるのではないでしょうか。

その点で、各社またボディみたいにレンズの特性でしのぎを削ることになると思いますが。

兎に角、この種の商品は、写真愛好家には朗報です。感謝です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2019年2月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リコーが近日中に「THETA Z1」を発表」です。

次のブログ記事は「オリンパスが認証機関に新型カメラ「IM015」を登録」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る