シグマが「MOUNT CONVERTER MC-21」の開発を発表

シグマが、SAレンズ / EFレンズをLマウント機に装着するためのAF対応のマウントアダプターの開発を発表しています。

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21 開発発表

  • SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21は、SIGMA SAマウント用交換レンズ、およびSIGMA製キヤノンEFマウント用交換レンズをLマウント採用のカメラボディで使用するためのコンバーター。
  • MC-21を装着することで、Lマウントシステムのカメラボディで使用できるSIGMA製交換レンズが一挙に29本に拡大。
  • オートクロップ機能にも対応しているため、35mmフルサイズセンサー搭載のカメラボディにAPS-CサイズのイメージサークルのDCレンズを装着した場合でも、そのまま撮影が可能。
  • AF-Sモードにおいて精度の高いAFでの撮影が可能。※ AF-Cモードには非対応
  • 内蔵のLEDの色と点灯の有無により、装着したレンズの対応・非対応の判別や、レンズファームウェアのアップデートが必要かどうかの判断が容易に行える。
  • 今後発売されるレンズについては、MC-21を使用して作動させるためのデータを持たせるため、MC-21のFWアップデートは不要。周辺光量、倍率色収差、歪曲収差などのカメラ側の補正機能にも対応。

sigma_mc21_of_001.jpg

シグマのMC-21は、Lマウントシステムの普及に大いに貢献しそうな魅力的なアイテムですね。動作保証されるのはシグマのEFマウントレンズのみですが、MC-11同様に、キヤノン純正EFレンズでの動作も期待したいところです。

2019年2月26日 | コメント(11)

コメント(11)

とうとう発表されましたね。
MC-11でCanonからSONYに移行した人が多かったように、
CanonからLマウントに移行する人も少なからず出てくるのではないかと思います。
Canonにとっては自社のミラーレス以外の選択肢が増えてRFミラーレスの普及に少し逆風でしょうか。

Fマウントレンズがいけるやつも出てくれるとうれしいですが、MC-11と同様に難しいのかな…?

うーん……AF-C非対応というのはかなり重大な問題ではないでしょうか。少なくとも私などはこの時点でアウトです。

CDAFと既存USMレンズの相性が悪いことは容易に想像できますが、シグマがLマウントメンバーである以上、将来のファームウェア更新による対応追加を期待したいところです。AF速度が多少遅くなっても、ないよりはずっとマシかと思います。

AF-C非対応というのはMC-11と同じです。
ただMC-11の場合はAF-Cで普通に撮影できています(対応レンズの135mm art)。非対応の100-300 F4ではうまく動作しませんでした。
おそらく対応レンズであればMC-21でも機能するのではないでしょうか?

マウントの右下にMC-11にはない穴が開いていますね。
何のための穴なんでしょう?

 シグマさんには、ニコンレンズ用のLマウントやマイクロフォーサーズ用のマウントアダプターを是非開発、供給していただきたいです。
キヤノン、ソニーユーザーは多いのでしょうが、ニコンユーザーもたくさんARTなどのシグマレンズを買っていると思いますので。

シグマのHPにボディー内手振れ補正に対応していると
記載されていません。
MC-11にはボディー内手振れ補正に対応と書かれています。
Lマウントのレンズにもボディー内手振れ補正に対応と
記載されているので、まさかとは思うが…
このアダプターではボディー内手ぶれ補正が使えないかも…

デジカメwatchの記事を見ると三脚座が着脱できるみたいですね。mc11の方でEFマウントの対応が結構できていたので、mc21の性能も期待できますね。

MC-11が数年かけて幾度のアップデートを繰り返して抜群の安定性を出せるようになったし、それらのデータが今回のMC-21にフィードバックされるわけですから、完成度は間違いなく高いでしょう。

そしてこれが出るという事は、動画AF面ではSIGMAの先を行くMetabonesやViltrox、Nikon Fマウントの解析で先を行くCommliteなどもLマウントに参入してくるという事ですから単にMC-11のLマウント版というだけでなく折角ならばMC-21は、これらSIGMAの弱みを克服したマウントアダプターになってくれることを期待しています。

コンティニュアスAFは動作はするけれども純正のような使用感を保証するものではなく
ましてやシグマのSVGシリーズ以外を利用して動かないと言われても困るので
非対応と書かれているだけなのでは。

アライアンス発表後すぐに他社製マウントアダプターを導入するも、動作するレンズが少なく苦労しています。
すでにカメラはLマウントに一本化したものの、Fisheyeなどの特殊なレンズは保持しなければならないため、キヤノンEFがライカで動作するとありがたいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2019年2月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コシナが間もなくEマウント用のNOKTON 50mm F1.2 Asphericalを発表 [内容更新]」です。

次のブログ記事は「シグマが11本のArtレンズにLマウント用を追加」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る