キヤノン「RF28-70mm F2L USM」は最上級の画質のレンズ

Photography BLOG に、キヤノンの大口径標準ズーム「RF28-70mm F2L USM」のレビューが掲載されています。

Canon RF 28-70mm f/2 L USM Review

  • RF28-70mm F2Lの全長は14cm(望遠端では16cm)、重さ1430グラムで、非常に大きく重いレンズだ。EOS Rとの組み合わせではフロントヘビーで、少しアンバランスに感じられる。このレンズは標準ズームというよりも、4本のハイクオリティな単焦点レンズと考えた方がいいだろう。
  • 外装の多くの部分はプラスチック製だが、鏡筒の造りは極上で、手に持った感触は戦車のようだ。
  • AFは非常に速く、約0.1秒で被写体にロックする。AFの迷いは、明るい場所でも暗い場所でもそれほど見られず、AF精度は常に高かった。AFは非常に静かだ。
  • 色収差は非常によく補正されており、サンプル画像では、色収差を全く見つけることができなかった。
  • 周辺光量落ちは、ズームの両端で多少見られるが、F4以上に絞れば完全に解消する。
  • 歪曲は広角端では若干タル型が見られるが、35mmでは完全になくなる。
  • 最短撮影距離は39cmで、70mmでの最大撮影倍率は0.18倍だ。
  • F16かF22に絞ったときの光芒はとても素晴らしいが、太陽を直接画面内に入れて撮影する場合はフレアに注意が必要だ。
  • 9枚羽根の円形絞りが採用され、ボケはバターのように滑らかだ。
  • 解像力は、28mmでは、開放から中央も隅も素晴らしく、F2.8からF11では際立った解像力だ。F16とF22では回折の影響で全体的に解像力が落ち始めるが、それでもなお十分な解像力を維持している。(※35mm、50mm、70mmのテストもほぼ同じ内容です)
  • RF28-70mm F2Lは、大きく重く高価であるという事実から逃れることはできないが、同時に極めて造りのよい、最上級の画質のレンズであることも事実だ。このレンズは、開放から中央も隅も極めてシャープで、高画質を得るために絞る必要はない。問題点は、わずかな周辺光量落ちと弱いタル型の歪曲しかない。
  • 究極の明るさと画質を求めるプロカメラマンは、他のレンズを探す必要はないだろう。携帯性や価格を重視するカジュアルユーザーは、RF24-105mm F4Lを検討するべきだが、キヤノンのEOS Rシステムで驚くような体験がしたいなら、RF28-70mm F2L以外の選択肢はないだろう。

 

このレンズは、F2の大口径ズームにもかかわらず開放から隅まで極めてシャープで色収差も少なく、驚くほど高性能なレンズですね。ボケもズームとしてはとても綺麗という印象です。

大きく重く価格も非常に高いレンズですが、この描写なら使ってみたいと思う方は多いかもしれませんね。

2019年2月11日 | コメント(9)

コメント(9)

シグマ 24-35mm f2 よりもさらにぶっ飛んだこのレンズ。
EOS R を使うなら体験してみたいレンズですね。
そう言えばこのレンズ、この巨体で三脚座なしなんですね。

Zuiko 14-35mm/F2.0のフルサイズ版ですね
あちらはサラサラとした繊細な描写で、こちらはレビューの通りクリーミーで蕩けるような描写に思えます
ただ、いろんな意味でこのレンズを使いこなせる人は少なさそうですね(汗

歪曲が気になるので 35-70mmでも良かったんじゃないかな。
でも、素晴らしいレンズ。
キャノン褒めざるを得ない!!

24mmスタートだと実用的な大きさ・重さにできない、あるいは性能面で妥協しなければならないということでの28mmなのでしょう。キヤノンは他社と異なり、ミラーレス用ズームレンズでも歪曲収差まで光学的に補正する方針の様ですし・・・。

シュワシュワさんのコメントを見て調べてみたら、1430gもあるのですね。ニコンで云えば三脚座アリの70-200F2,8Eも同じ1430gです。
全長が違うからマウントへの負荷も変わってきますが、ボディのマウントの強度が保たれている訳ですから安心感がありますね。
つい三脚座アリのレンズでもグリップだけで持ってしまう癖があるのでマウントへの負担を気にしています。さすがにストラップ付レンズは両手で持ちますが(笑)

手に持った感触は戦車のようだ。 で笑いましたww
高画質の大型レンズ、ターゲットはフィールドよりもスタジオで撮影する層だとは思いますが、キヤノンのRFマウントにかける思いの本気度が伝わってくる1本ですね!

EFでF1.0のレンズが出てから30年
進化したなと思います。

開放からしっかりと使える超大口径レンズが出るんですもんね

カメラと並べて置いてある写真でカメラがミニチュアに見える程のインパクトでした。
重さを許容してでも便利さを優先する人にとってはいい選択肢になりそうですね。
三脚座なくても大丈夫なんでしょうか。

1430gと聞けば重く感じますが、実際に触ったところ太いレンズだなあという印象でした。このレンズ開放ではやわらかく絞れば素晴らしい描写をしてくれます。キヤノンには他の大口径レンズも期待しています。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2019年2月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムXF16mmF2.8とX-T30の発表は2月14日?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムX-T30のダークグレイボディの画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る