焦点工房がCP+でTECHART TZE-01(ソニーEマウント→ニコンZマウント変換アダプター)を体験コーナーに展示

焦点工房が、TECHARTのTZE-01電子マウントアダプターなど、CP+の製品体験コーナーに展示する製品をアナウンスしています。

焦点工房 CP+2019

  • 株式会社焦点工房は、2019年2月28日~3月3日までの4日間、パシフィコ横浜で開催されるカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+ 2019」に出展いたします。下記製品はCP+ 2019で世界初公開。実際に手にとってお試しいただけます。

    - 中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 III(ソニーE/キヤノンRF/ニコンZ)
    - 七工匠 7Artisans 60mm F2.8 Macro(ソニーE/キヤノンEF-M/富士フイルムX/マイクロフォーサーズ)
    - TECHART TZE-01電子マウントアダプター(ソニーEマウント→ニコンZマウント変換)

 

最近話題のTECHARTの電子接点付きの「Eマウントレンズ→Zマウントカメラ」のマウントアダプターですが、CP+で手にとって試せるということなので、完成度は高そうですね。発売もそれほど先のことではなさそうです。

Z6/Z7+Eマウントレンズで、どの程度の性能が出るのか、実際に確認してみたいところですね。

2019年2月25日 | コメント(5)

コメント(5)

正直、このAFアダプターってネタだと思ってました(汗)
本当に出るんですね。

おー、出るんですか。
α7ⅡをZ6に切り替えたいけどゾナーとバティスは使いたいと思ってたのでちょうど良いかも。
値段も気になる所。

一眼レフ時代のマウントアダプターはオールドレンズを使うことがメインでしたが、ニコンZのショートフランジバックで、他社の最新レンズを使うためのものに変わっていくかもしれませんね。
結果的にニコンのボディシェアが上がってくれれば良いんですが。気になるのは互換性でしょうか。

これは面白いですね。是非とも横浜に触りに行こうと思います。フルサイズミラーレスの戦いで大きな意味をもつアダプターになりそうです。

個人的には、この手の高度な変換器は「アダプター」ではなく「インタプリタ」と呼び分けると良いと思っています。マウントインタプリタ。

ニコンは従来、機能を段階的に後付けしてFマウントを発展させてきたので、その通信方式も複雑になり解析が難しかったのではないでしょうか。

対して、Zマウントはゼロから理想的に設計できたので、サードパーティーによるリバースエンジニアリングも楽なのではないかと。

Zマウント機が旧マウントレンズの受け皿として最強になりそうですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年2月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが韓国の認証機関に「DSC-RX0M2」を登録」です。

次のブログ記事は「ソニーの新製品はFE135mm F1.8 GMと新型フラッシュ?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る