ソニー「FE135mm F1.8 GM」はこれまでテストした中で最もシャープなレンズ

Lensrentals に、ソニーのFE135mm F1.8 GMとライバルのシグマ135mm F1.8、ツァイスBatis 2.8/135との解像力の比較テストが掲載されています。

Sony FE 135mm f1.8 GM Early MTF Results

  • FE135mm F1.8 GM の中央のMTFは、超望遠レンズを除けば、これまでテストしたレンズの中で最も高い値だ。50lp/mm(紫の線)の高周波は、0.5あれば、十分に許容範囲内だが、このレンズはそれよりも大幅に高い値で、中央では0.8に近い。これほどの高い値はこれまでに見たことがない。周辺部に行くに従って、当然、解像力は低下するが、一番隅でもまだ解像力はとても高い。
  • これまでのテストで最もシャープな135mmレンズだったシグマの135mm F1.8との比較では、画面の外側半分では、ソニーとシグマはほとんど同じ解像力だが、画面の内側半分では、ソニーが格段に良好で、特に高周波では良好だ。(グラフは左がシグマ、右がソニー)

sony135f18_sigma135f18_mtf_comp_001.jpg

  • 明るくは無いものの見事な性能のツァイスBatis 2.8/135との比較では、BatisはF2.8なのでかなり有利だが、ソニーの135mm GMは開放のF1.8でさえ、中心側半分では明らかに優れている。(グラフは左がツァイスBatis、右がソニー)

sony135f18_batis135f28_mtf_comp_001.jpg

  • 通常は行わない超高画素センサーのための100lp/mmの超高周波でもテストを行ってみた。多くのレンズは、通常の50lp/mmのテストで良好な性能であっても、このテストでは悪い結果になるが、135mm GM は100lp/mmのテストでもありえないほど良好だった。
  • 数年後に、90MPのカメラで撮影したとしても、このレンズはセンサーから大部分のディテールを引き出すことができるだろう。このレンズはこれまでテストした中で最もシャープなレンズだ。

 

シグマの135mm F1.8 Art は高性能で知られているレンズですが、ソニーFE135mm F1.8 GMは、そのシグマArtを大幅に超える驚きの解像力ですね。開放がF2.8のBatisと、開放同士で比較してもソニーは負けていないどころか、むしろかなり優っているという印象です。

超高周波のテストでも際立って良好な結果なので、このレンズは将来の100MPクラスのセンサーを見据えた設計なのかもしれませんね。

2019年3月18日 | コメント(9)

コメント(9)

間違いないでしょうね。LensRentalsの測定ですから。
これは買って実際に買って使うしかないレンズ。

均質性も含めてシグマよりかなり良さそうですが、シグマの中央が気になります。
sagとtanが中央で乖離するグラフは珍しい。
LensRentalsでは通常10本前後をそれぞれ45度に回転させた平均のグラフなので、かなりの偏心があるということだと思います。
同じ現象がニコンの70-200mm f/2.8E FLでも見受けられました。

AマウントのSonnarよりも軽いのに、これまでで最もシャープというのはすごいですね。
あのとんでもないSIGMAにも勝る性能ということは、短いフランジバックはやはり性能に大きく貢献するということでしょうか。
AマウントSonnarを持っているので、当分は購入する予定がありませんが、いつかは購入したいレンズです。
GMasterは毎回期待を裏切らないですね。

batisに非常に満足してますがGMレンズ開放からそんなに凄いですか。デカくて思いシグマを内側でもシャープさで凌ぐとか凄すぎます。
135mmのGMレンズが発表してからずっとbatisで我慢と思ってましたが開放F1.8からシャープならこれはもう入れ替え検討するしかありません。
GMレンズを代表するレンズのひとつになるかもしれませんね。

sigma135ArtE-マウントをα7R3で使ってます。
重さとデカさ以外まったく素晴らしいと思います。
これ以上のレンズがこの世にあるのか?と錯覚するほどです。
しかし夜の撮影ではAFが迷い気味。このsonyの135mmはどうでしょうか。
非常に楽しみですね。

>mkkさん

低照度ではGMの方がSIGMAよりもAFでは迷いもないとこちらの動画では報告されていますね。

https://youtu.be/J7N4WQ_eFq0

私は現在35Art, 50Z, 85GM, 135Artを保有しα9で使用しています。
お祭り程度の暗所にて、開放絞りで撮影しようとすると135ArtだけAFが迷います。

反面、昼間では抜群の写りやAF反応を見せてはくれますので、
2/3ほどで済むコスト等を含め、よく考慮して選ぶべきと思っています。


まずタイトルみて、オッと思い「超望遠レンズを除けば」でアレ?っと来たのですが超望遠ってそんなに特別になるんでしょうかね?素晴らしいレンズだと思いますが本当に最もシャープなレンズがなんなのか気になりました。Borgなんか中央(だけ)はスゴいと聞きますが天体望遠鏡クラス?

GMは70200と1635、そして85mmを使ってますが、いずれも繊細さと柔らかさを併せ持ったところに最高の魅力を感じています。Eマウントの135をなぜ出さないのかとサポートに詰め寄ったりしたこともあるのですが、やっと出たという感じです。スペックが表に出てしまう昨今ですが、本来のレンズに必要とされるものをこのレンズが兼ね備えていることを期待しています。購入したいですね。

135mmGMはAFが速いとの評判なので大きさを加味するとシグマと差別化できていると思います。あとは逆光耐性やボケ感は実際のレビュー待ちですね。
超望遠レンズの件ですが画角が狭い分、像面が均一になるので収差は少なくなります。シグマのゴーヨンのようにMTF直線になるのはこのためですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2019年3月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リコーの新型APS-C一眼レフには「画質が飛躍的に良くなる画像処理の仕掛け」が採用される」です。

次のブログ記事は「ソニーが裏面照射型のグローバルシャッター搭載積層型CMOSセンサーの技術を開発」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る