ソニーが100MPのフルサイズセンサー「IMX555CQR」を準備中?

SonyAlphaRumors に、ソニーの6K動画対応の100MPフルサイズセンサーの噂が掲載されています。

(SR3) Is this the new Sony 100 Meapixel Full Frame sensor with 6K video?

  • Androidladが、ソニーの100MPセンサーIMX555CQRの情報をリークしている。この情報が正しいかどうかは、まだ分からないが、センサーのスペックは驚くようなものだ。

    「画素ピッチは2.91um、100MPで10コマ/秒、オンチップビニング/ラインスキップで12bitADCを使った6K動画、オンチップカラーアウエアビニングの4K RGB 4:4:4動画。この100Mセンサーは、独自のCFAベースの並列ADCを採用している」

    このセンサーはダイナミックレンジ、感度、読み出し速度の点でα7 III よりも優れていると言われている。

    IMX555CQRは、サードパーティーにも販売されるだろう。ソニー自身は、このセンサーの改良バージョンをα9Rかα7 IVに搭載するかもしれない。

sony_imx555cqr_001.jpg

まだ噂の真偽は分からないようですが、事実だとすると、100MPの高画素にもかかわらず、ダイナミックレンジと高感度性能、読み出し性能に優れるすごい性能のセンサーが登場することになりますね。

α9Rにこのセンサーを採用して、α7Rシリーズは引き続き40~50MPのセンサーを採用すれば、両シリーズを上手く差別化することができそうです。

[追記] 元記事は4月1日の記事ですが、大元の情報は3月に投稿されたものなので、これはエイプリルフールではありません。

2019年4月 2日 | コメント(19)

コメント(19)

α900とかその頃は低画素の方がダイナミックレンジや高感度性能に優れる
というのが常識的で、2400万画素時代に敢えて1200万画素のD700がありましたが…
技術の進歩は凄いですね、今までの常識が崩れていくのをもっと見てみたいです。

外販されるのは面白いですね。噂されているα9Rのほかに他社からもこのセンサーを使ったカメラが出てきそうです。ダイナモックレンジや高感度耐性も向上しているので、高画素化のデメリットを打ち消しているといいですね。いよいよ1億画素の時代が来そうですね。

最近新しい高画素高性能のセンサーを発表したばかりなのに、更に来ますか。
7R系とは考えにくいので9Rなんでしょうか。
こうなると、7s系も8k搭載ということで3000万画素以上の高画素も考えられますし、7R系は6000万画素クラスでも差別化出来ますね。
もう、他社が当面追い付けない領域に行ってしまいそうですが、スマホですら1億画素超えを言われ始めているので、普通のカメラとしても当然の流れと言えばそうなんでしょうね。
高画素であれば、高画質というのは定着してしまっているようですし、スマホサイトだと、高画素化で、もはやデジカメ不要論も毎度のように出てきていますし。
それは一部正しく、一部は間違っているとは思いますが、画像処理の飛躍的な進化で、どうにでもなるという雰囲気も漂っています。

クロップでなく、フル画素を使用しない雅そ数を落とせるモードがあると使用しやすそうですね。
しかし100MPならかなりデジタルズームをしても画質は落ちづらいので、望遠の概念も変わってきそうですね。

すごいけど、素人が必要かな?
データ管理が大変!
7RⅢRのRAWファイルが1枚80MB前後だから1枚2GB位行くのかな?

このスペック通りのフルサイズセンサーが登場したらあらゆる面で中判100MP機を超えそうですね。

キヤノンはAPS-Hサイズで、可視光と近赤外光の同時撮影が可能な、1億2000万画素のCMOSセンサー、120MXSIをすでに外販しているようですね。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1176499.html

先に記され方もいらっしゃいますが7RⅢにM RAW,S RAWといった
画素数を落とせるモードが有ったら購入していました、
サイトに記されていないので無いのだろうと思いましたが、念のために
ソニーストアで確認しました、そういうところがSONYがCANON,NIKONに
比べまだいまひとつと思う点です。

thwhykcaさんへ
大元の記事はEOSHDのフォーラムに3月に投稿された記事なので、これはエイプリルフールではありません。

>αロメオさん
これは本当にそう思います。従来4/3やAPS-Cは望遠に有利などと言われてきましたが、APS-Cクロップしても4000万画素を超えるセンサーであれば、殆どのユーザーにとってその有利は無くなったようなものと言えてしまいそうです。
EマウントはレンズがフルとAPS-C共用ですし、フルにAPS-C用レンズを使っても画像サイズに何ら不満がないのであればボディの僅かな小型化以外の理由で、ハイアマユーザーがAPS-Cボディを買う意味はなくなるのでは無いでしょうか?
超望遠レンズも100-400GMか400/2.8GMのが有れば、それより長い玉が欲しいとはならず、後はいくらでもクロップで対応すれば良い
そんな時代が来そうですね

100MのRAWを単純計算で160-180MByte程度なので
CFexpressCARDなら6-7コマ程度は行けそうですね。
(規格上2000M/sですが、CP+のDemoにて1154M/s)
なかなか楽しみなセンサーです。

これファイル容量が大変な事になりそう。

α9Rの噂については期待大ですが、1億画素はファイルが大きくなり過ぎて使いにくそうに思います。

α9Rをもし作るのなら、トリミングを少ししても8K対応に十分なくらい、5000万画素程度を限度に、高感度耐性も抜群なものを希望します。

いよいよですね。
あとは、α7RIIIの弱点でもあるローリングシャッターの問題と連写速度を解決できたなら、野生動物撮影に革新をもたらすでしょう。
私は買いますよ、発売がすごく楽しみです。

100MPで10コマ、しかもダイナミックレンジと高感度性能も良いというので、最初に読んだ時は絶対にエイプリルフールの話だと思っていました。本当なのですね。

これだけ画素があると、トリミング前提でシフト効果は得られるし、望遠だって・・  でもレンズの方は大丈夫だろうか? トリミングするとなると被写界深度も焦点距離分の1なんて悠長なことは言っていられないし。すごい時代になったものです。

100MPのセンサーが実用化されるとそれに対応するレンズはかなり限られそう
多くのメーカーが4K8Kに対応したレンズを新規で投入してますが、
それでも明暗が分かれ陳腐化が進むのだろうか
ソニーは公式がG Masterレンズは1億万画素まで耐えうると明言してるが、
同じくEOS RやNikon Z、パナソニックのSシリーズはひとまず問題なさそう
レンズメーカー製ではひとまずツァイスのOtusのような最上級レンズやMilvus、
シグマのArtラインといったところだろうか

1億画素は出るでしょう。GMレンズもそれを見越して開発してるでしょうし。

あと、キヤノンの1億2千万画素ですが、同等以上のモノをソニーなら簡単に造れると思うが、出さないだけな気もする。

いよいよ4K/60p来るか!?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログ記事について

このページは、2019年4月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックS1Rとソニーα7R III、ニコンZ7のダイナミックレンジの比較」です。

次のブログ記事は「サムヤンが4本のレンズの4月中の発表を予告」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る