キヤノンのボディ内手ブレ補正に関する特許

Canon News で、キヤノンのボディ内手ブレ補正に関する米国の特許が紹介されています。

Canon Patent Application: IBIS Mentioned

  • このキヤノンの特許出願(USPTO20190094566)では、ボディ内手ブレ補正の実装方法について記述されている。

    この特許出願では、ボディ内手ブレ補正システムか、またはレンズ内手ブレ補正システムで、超音波モーターのバックラッシュを除去を試みている。この特許は、オリンパスの特許(2008-220031)を参照している。

    この特許出願は、キヤノンがボディ内手ブレ補正を検討していることを示しているが、キヤノンが、ボディ内手ブレ補正を採用することを示す決定的な証拠ではないだろう。

    オリンパスと契約を結ばない限り、キヤノンのこの特許出願に含まれる技術を使用したボディ内手ブレ補正システムの開発はありそうもない。

canon_uspto20190094566.jpgキヤノンのボディ内手ブレ補正の特許は、オリンパスの特許を参照しているということですが、ことによると、キヤノンはオリンパスとライセンス契約を結ぶつもりなのでしょうか。

最後発のキヤノンは、他社のボディ内手ブレ補正の特許を回避するのが大変そうですが、オリンパスとライセンス契約するなら、そのような問題はなくなりますね。

2019年4月 1日 | コメント(8)

コメント(8)

興味深い記事ですね。ボディ内手ぶれ補正の特許のためにオリンパスと提携するのは良い判断だと思います。オリンパスのボディ内手ぶれ補正はE-M1シリーズでもわかる通り三脚いらずに1秒ほどとめられるくらい段違いの性能を持っています。EOSRに搭載されると本当に嬉しいですね。

オリンパスは度々民生用デジカメ撤退し業務用に徹する噂が上がっては会社が否定するという事態ですが、たしかに特許の使用権もB to Bの一つですね。
キヤノンなら台数も見込めるし、契約内容によっては喜んで受けてくれるのでしょうか。
ある程度話が進んでいるからこういう特許申請が出てきているのか気になるところです。

1DXMⅡのセンサークリーニングはオリンパスを超えるが
目標で開発したそうですが、ボディー内手振れ補正は
オリンパスとライセンス契約する方が得策としたのでしょうか
センサークリーニングもオリンパスの特許を使うべきと
言われる方がいらっしゃいましたが特許を使っても
MFTとフルサイズのセンサーの大きさの違いから
そのままという訳にはいかないのではと、思ったものでしたが。

一般的には、特許の出願文書の中で参照する他社の特許というのは「従来の技術」の例として挙げるもので、「従来の技術よりこの発明はこれだけ優れていますよ」と引き合いに出すためのものです。
どこの特許を引くかについても、自分の発明の良さをアピールしやすいかどうかの観点から選びます。
ですのでライセンシング等は関係無いと思います。

マイクロフォーサーズに注力するオリンパスなら、キヤノンにライセンス提供してもカニバらない感じですね。
オリンパスの手ブレ補正は強力なのでこれが載るとEOSRはだいぶ魅力的になりますね。

ソニーα900で初めてフルサイズのボディ内手ブレ補正を実現しました。
調べると2008年でした。
その時のインタビュー記事で、それまでソニーにあったAPS-C用のボディ内手ブレ補正ユニットでは、フルサイズセンサーの質量を動かすにはあまりに非力で、ほとんどユニットが動かなかったとありました。
それを踏まえると、オリンパスの特許の原理は使用できるでしょうが、相当な改良が必要かと思われます。

特許の内容は見ていませんが、
この手の特許は特許戦術の一環であって、必ずしも自分で使うためのものでは無い場合があるため、キヤノンの次世代機に載るとは限らないと思います。

他社の特許の応用案を出すというのは見方を変えればその会社が自社の特許を実行するアイデアを一つ潰したとも言え、オリンパスの次の一手をキヤノンが阻止したのかもしれません。

キヤノンの米国特許出願(US Patent Application 20190094566)は、オリンパス特許「特開2008-220031→特許4981484」で示す装置がX軸駆動メカの上にY軸駆動メカが載っているのでサイズが大きくなるという欠点を改善する目的であると記載されています。
オリンパス特許は、ボディ内手振れ補正装置の基本特許ではなく一部の改良特許であり、kmzさんが述べられているとおり、単にキヤノンが出願に当たり従来例を示したもので、この特許のライセンスをキヤノンが受けなければ使えないとかいうものではありません。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログ記事について

このページは、2019年4月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマ「60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM Sports」のサンプル画像」です。

次のブログ記事は「パナソニックS1Rとソニーα7R III、ニコンZ7のダイナミックレンジの比較」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る