キヤノンはコンパクトなRFレンズの開発に取り組んでいる

DPReviewに、キヤノンのエンジニアのインタビュー記事が掲載されています。

Interview: Understanding RF, DS and DO - we talk to Canon about its latest lenses

  • (キヤノンの今後の最大の課題は?)
    RFマウントを追加したため、多くの新レンズを用意しなければならないのが大きな課題だが、新しいRFマウントが、レンズ設計においてまったく新しい可能性を切り開き、撮影の限界を広げているのは、とてもエキサイティングなことだ。
  • (RF70-200mm F2.8Lは、どのようにして小型化したのか?)
    このレンズを開発し始めて、実際、我々も驚いた。ショートフランジバックの大口径マウントは、広角レンズの設計により適していると予想していたが、望遠レンズの設計でも非常に効果的であることが分かった。このレンズが非常にコンパクトにできたのは、マウントによるところが大きい。このレンズを皮切りに、アッと言わせるような多くのレンズを提供したいと思っている。
  • (RF70-200mm F2.8Lは、DOレンズを使用しているのか?)
    このレンズにはDOレンズは使用しないことにしたが、DOテクノロジーの開発に取り組んでおり、将来、DOがどのように活用できるのか確認するために、様々なレンズ設計を試している。
  • (RF85mm F1.2L DSのDSテクノロジーについて教えて欲しい)
    ホートレートレンズではボケは非常に重要な要素で、我々は従来のレンズでは不可能だったボケを実現したいと考え、DS(デフォーカススムージング)テクノロジーの開発を決めた。DSはコーティングに関する技術で、これを他の様々なレンズに適用することは比較的容易だ。
  • (RF85mm F1.2L はDSの有無で2つのバージョンがあるが、これはDSがかなり高価なためか?)
    価格の要素もあるが、DSは全ての点で優れているわけではないためで、DSエレメントを通過する際に、一部の光が失われる(透過率が低くなる)。
  • (DSはアポダイゼーション効果のように思えるが?)
    その通りだ。
  • (EOS RPユーザーはどのようなレンズを買うと考えている?)
    現時点ではRF35mm F1.8がベストマッチだろう。そして、発表済みのRF24-240mmがEOS RPの良きパートナーになると思っている。もちろん我々は、将来に向けて多くのコンパクトなレンズの開発に取り組んでいる。
  • (2019年に多くのプロ用レンズが発表されるが、プロ用ボディも登場するのか?)
    言えることは、我々が様々なカメラを開発しているということだ。特定のカメラの登場時期は言えないが、期待が本当に大きいことは理解している。
  • (RFマウントのレンズ・ボディ間の高速通信のメリットは?)
    ISの強化のためにボディとレンズが協調して動作している。これは高速通信活用の好例だ。また、DLOのためのデータの自動転送が行われるので、新しいレンズでもカメラ内でDLOを使用できる。この通信システムは、現状では過剰に思えるかもしれないが、30年後に何が可能になるのかを見据えておかなければならない。
  • (他に読者に伝えたいことは?)
    6本のRFレンズが発売されれば、RFレンズは10本になる。我々がこのマウントに真剣に取り組んでいることをユーザーに納得させることができればと願っている。

    EOS RPの目的は、フルサイズを多くの人に利用しやすくすることで、多くの初心者がフルサイズを楽しむことができるようになり、フルサイズ市場が拡大することを望んでいる。

    皆さんが期待しているプロレベルのカメラが開発中であることも忘れないで欲しい。一眼レフやMシリーズの開発中止を推測している人もいるが、我々は一眼レフ、EOS Mシリーズ、EOS Rシリーズの複数のカメラを同時に開発している。

 

RFマウントは、広角だけでなく望遠レンズの開発にも恩恵があり、RF70-200mm F2.8Lのような小さな望遠レンズを実現できるということなので、このレンズの他にも、小型の望遠レンズが登場する可能性がありそうですね。また、EOS RP向きのコンパクトなRFレンズ群の登場にも期待できそうです。

2019年4月 3日 | コメント(6)

コメント(6)

このインタビューにはなかなか興味深い事柄が含まれていますね。先ず、プロ用のRボディですが、海外の噂では今年は出ないで来年辺りというのがもっぱらですが、RF70-200mm F2.8LやRF85mm F1.2Lの発表(発売時期表明)辺りに出る可能性もあるのかな? と思えたりもしました。プロ用というのがレフ機で言うところの5D4の後継であればですが。
あと、ボディについては様々なとあり、レフ機の開発も継続はしているという辺りでしょうか。
これまた噂では1DXと7Dと80Dを足したようなAPS-Cというのが有力なのかもしれませんね。
だとすると、やはり5D4の後継がRのハイアマ/プロ用という位置付けで上述の85/1.2や70-200/2.8といったキヤノンユーザにわりといそうなポートレートやネイチャー向けのレンズ発表のタイミングでそのプロというハイアマ的なRも出そうな気もしています。
そうでないとレンズばかりで・・・という状況が続いてしまうので、これはキヤノンにとってもあまり望ましいとは思えませんので。

すみません。ちょっと誤解を招く表現がありました。
”1DXと7Dと80Dを足したような”ではなく、1DXの後継に加え、7Dと80Dを足して2で割ったような、というのが趣旨でした。

いやあ面白いインタビューですね。特に「ショートフランジバックの大口径マウントは、広角レンズの設計により適していると予想していたが、望遠レンズの設計でも非常に効果的であることが分かった。」この言葉には期待感が持てます。EOSRPに大きさ的にも値段的にもしっくりくるレンズの開発が次に来ると嬉しいですね。DSはこれまでの予想通りアポダイゼーション効果を使ったレンズで確定ですね。RFマウントの次のレンズ群には期待せずにいられません。

70-200 f2.8をはじめ、キャノンのレンズの小型化は他社にはない強みになりそうですね。プロ用ボディが出たら一気にシェアが伸びそうな気がします。

へえ、マウントを大型化することでレンズを小型化できるのか
マウントが大きくなればシステム全体が強制的に大きくなると思ってたけど、設計の自由度が上がることで小型化できることもあるのか

大口径 短フランジバックのメリットが、広角レンズや高速通信だけでなく、望遠レンズ設計にも出てくるんですねー。

やはり大口径 短フランジバックを採用したニコンとの、高性能レンズ開発競争が楽しみです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2019年4月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「[お知らせ] 価格コム掲示板の投稿に関するお問い合わせについて」です。

次のブログ記事は「シャープがマイクロフォーサーズシステム規格に賛同」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る