キヤノンのテレコンとレデューサーを内蔵した望遠レンズの特許

Canon News に、キヤノンのテレコンとレデューサーの2つのコンバーターを内蔵した400mm F5.6の望遠レンズの特許が紹介されています。

Canon Patent Application: Dual teleconvertor telephoto

  • この特許出願(2019-70689)は、確かにこれまでに無いものだ。この特許のレンズには、2つの異なるコンバーターが内蔵されている。このコンバーターは、リーズナブルな400mm F5.6に組み込まれていることに注意して欲しい。

    この特許の興味深い点は、コンパーターの1つはレデューサーで、レンズを300mm F4に短焦点化するので、1つのレンズで300mm F4、400mm F5.6、600mm F8の3つの望遠を持っていることになる。もし製品化されれば、非常に興味をそそるレンズだ。

    テレコン無しの状態のレンズ
    焦点距離:391.89
    F値:5.80
    半画角:3.16
    像高:21.64
    全長:299.31(※全長は前玉からセンサーまでの長さです)
    バックフォーカス:167.00

    コンバーター(B)使用時
    焦点距離:560.02
    F値:8.29
    半画角:2.21
    像高:21.64
    全長:299.31
    バックフォーカス:46.56

    コンバーター(C)使用時
    焦点距離:286.00
    F値:4.23
    半画角:4.33
    像高:21.64
    全長:299.30
    バックフォーカス:110.04

canon_jpa_2019-70689.jpg

1つのレンズにテレコンとレデューサーの両方を入れるという発想は面白いですね。280mm F4のレンズに、1.4倍と2倍の2つのテレコンを組み込んでも特許のレンズと似たような焦点距離を実現できますが、レデューサーを使う特許の方式の方がテレコンの倍率が低いので、望遠端の画質を良くすることができそうです。

2019年5月14日 | コメント(11)

コメント(11)

200-400でテレコン内蔵の利便性は認められているでしょうけど、それにリデューサーまで加えるとは。
超望遠単焦点はテレコン内蔵を標準にしてもいいんじゃないかと思ってましたが、こういうのもまた面白そうですね。

テレコン無しの光学系がEF400mm F5.6L USMとそっくりですね。
最近生産終了したようですが機能追加でリニューアルするんでしょうか。

コンバーターを格納するためのでっぱりが、鏡筒の中ほどまで張り出し、スマートさには欠けるかもしれませんが、とても実用的なアイディアですね。
300mmF4の解像力が一番高いんだろうな~

ズームと比べるとコンバーターの部分の光学系をない状態にできるというのが違いでしょうか。
使う側からするとステップズームみたいな感じですね。

一般観客はオリンピックに持って行くレンズがこれだけで完結してしまう位優秀

レデューサー側のレンズ径がだいぶ大きいなと思ったんですが、これでも小型化された状態なんですね。
絞りに近い場所に置いてあるのは小型化のためなんだとか。
センサー寄りに置いた場合、後玉が大型化するうえに、テレセンに近くなるのでミラーボックスのケラレなどの恐れが出るそうですよ。
後付けテレコンはあるけどレデューサーは(APS-Cにサイズダウンする時を除いて)存在しないのは、イメージサークルの他にもそういう困難があるからだったんですね。

とはいえ、やっぱ大きいよね。鏡胴にコブが出たような形状になるんだろうか?
瞬時に切り替えできてピント移動も無いみたいなので、使い勝手は良さそうです。

まさか、こんな方法で三本の望遠レンズを一本のレンズにするとは…単に280ミリの望遠レンズに1.4倍と2倍のテレコンの内蔵や280〜560ミリのズームで製品化するより高性能でコンパクトなのせうね…でないと意味が無い(笑)。…いずれにせよ、この一本が有れば、超望遠レンズはこれで決まり!更に⒈4倍や2倍のテレコンも装着できれば無敵となるでせう。ミラーレス用、ブレ防止でお願いしたいです。ニコンかパナでフルサイズを考えていたのですが、このレンズ次第ではキャノンも考慮しなければ…非常に魅力的です。

テレコンにレデューサー
悪天候でも、砂ぼこり舞うグラウンドでも
レンズ外さずに焦点距離替えられるなんて素敵ですね!
早く商品化して欲しいです。

あえてズームにせず3焦点にするというのは、その方が光学性能が良いとか、埃が入りにくいとか、利点があるのでしょうね。

また、2種類のテレコンではなく、レデューサーとテレコンを使うというのはまるで天体望遠鏡のよう。

製品化されることを期待しています。

面白い特許ですね.
日本で出願されているもの(https://ipforce.jp/patent-jp-A-2019-70689)を読んでみましたが,
管理人様のコメントの2.0倍のコンバータでは収差が大きくなるという問題の他に,光学系の大型化の問題を解決する特許のようです.

また,Canon Newsで取り上げられている400mm 5.6ベースの実施例に加え,500mm F4.0 - 700mm F5.6 - 350mm F2.8 の実施例も載っています

コンバータB使用時の焦点距離は560mmになっているので、最初のコメントの600mmというのは誤りかと思います。

冷静に考えるとこのスペックだとテレ端はEF100-400Ⅱに×1.4エクステンダーを使った場合と同じようなスペックになるので、画質面やAF速度でアドバンテージがないと今一つ魅力に欠ける気がします。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2019年5月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サムヤンが「AF 45mm F1.8 FE」を正式発表」です。

次のブログ記事は「キヤノンが連写速度30コマ/秒の新型カメラのテストを行っている?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る