キヤノンが新型カメラ(32MPの一眼レフ?)を海外の認証機関に登録

軒下デジカメ情報局で、キヤノンの未発表カメラの登録情報と、センサーの画素数に関する情報が掲載されています。

軒下デジカメ情報局

  • キヤノンの未発表カメラ「DS126801」が海外の認証機関に登録された。Wi-FiとBluetooth4.1搭載で、バッテリーはLP-E6N。バッテリーからEOS Utilityに記載されていたRAWサイズ(6960, 4640)の一眼レフK437か?

 

バッテリーがLP-E6N(80Dや5D4などのバッテリー)ということなので、このDS126801はミドルクラスより上の機種の可能性が高そうですね。

解像度が6960x4640だとすると、約32MPなのでAPS-Cなのかフルサイズなのかは分かりませんが、新型センサーが採用されるのは間違いなさそうです。

2019年5月 9日 | コメント(11)

コメント(11)

久々の一眼レフAPSC中位機の可能性?だとしたら凄く楽しみ。
高画素と画質の両立の準備は整ったと言う所だろうか。

7D3だといいな~。

バッテリーがLP-E6NなのでEOS90Dですかね?東京オリンピックの
スチルカメラのスポンサー企業なので、EOS1DX MarkIIIの登場を
期待していますが、プリズムファインダー覗くと、EVFより撮影意欲がわいてきます。レフ機の最高峰の技術を持つC,N社にはまだまだ一眼レフの開発、製造を継続いただきたいです。

噂の流れから言って80Dの後継機でしょうか?
結構な高画素化ですね。5D 4の時みたいに
ローパスフィルターは弱められるんでしょうね。
80Dの画質は気に入ってるので、余程でない限り
まだ買い替えませんが、僕の友人で、このモデル
チェンジのタイミングを待っている人が居ます。

3200万画素でレフ機ですか。APSーCのカメラでこの画素数ですと画素ピッチがやや狭くなりそうですね。以前特許に出ていた裏面照射型センサーなのかもしれません。

7D3だったら、これが自分の人生では最後のレフ機になるかも。でも、90Dの可能性が高いんですかね。

90Dか7D3を希望。
高画素なので、
DualPixelをやめて、
感度やダイナミックレンジ、連写を少しでも上げてほしいです。
ライブビューや動画はミラーレスに任せればいいと思います。

サプライズでEOS5DⅤだったら面白いかと思います。

10コマ/秒、裏面照射センサーで高感度性能1段アップなら購入を考えます。

80D、M5、M6がいずれもヨドバシやアマゾンで在庫点数が少なくなっています。
GW中に売れた在庫の補充が完了していないだけなのか、それとも・・・。

業務で5Dmk4と7Dmk2を使用していますが
多分5Dmk5は無いと思いますよ!
期待は7Dmk3ですけど、実際は
90Dとかでしょうね

APS-Cで画素数はどこまで必要ですかね!?
8Kムービーを目指すのか?

個人的には24M機でもMサイズ、12Mで撮影しています。
パソコンでの鑑賞では十分以上です。

ま、画素サイズは人それぞれの使い方に依存ですかね。。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2019年5月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DxOMarkにパナソニックDC-S1Rのセンサースコアが掲載」です。

次のブログ記事は「2019~2020年に登場すると噂されているニコンのカメラとレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る