富士フイルムX100V(X100F後継機)の登場は2020年?

Fuji Rumors に、富士フイルムX100シリーズの新型機に関する噂が掲載されています。

Fujifilm X100V/X200 Coming in

  • X100シリーズのカメラは、およそ2年周期でモデルチェンジしており、X100Fが2017年1月に発表されたことを考えると、誰もが、後継機が近日中に、少なくとも2019年中には登場すると推測していた。

    しかし、信頼できるソース達が、富士フイルムX100V(またはX200)は2020年になってようやく発表されると教えてくれた。今回、富士フイルムは、後継機の発表までの時間をこれまでよりも長くすることを決断した。

 

X100Fの後継機は、Forthの次でFifthだと同じ「F」になってしまうので、どのような型番にするのかと思っていましたが、5番目の機種で「V」ならしっくり来ますね。

X100Vは、センサーや画像処理エンジンは新型(X-T3と同じもの?)に換装される可能性が高いと思いますが、レンズが新型になるのかどうかが気になるところです。

2019年5月 7日 | コメント(17)

コメント(17)

X100Sリミテッドブラックのユーザーです。
V型に求めること:簡易防水防塵(そのために少しくらいの大型化は許容する)バリアングルモニターは不要。
自分のSが通常使用ですぐに故障→修理代2万円超えだったため耐久性の向上。レンズはそのままでいい。CMOSやエンジンだけ最新とした正常進化版を望みます。
デザインの面ではS型までの高級感あるダイキャストやそれに代わるもの(新型化しても大きく変えないでほしい)です。あと、OVF時のピント精度向上かな。
以上好きな事を書かせていただきましたが、それだけ期待しているからに他なりません。

個人的には開放からシャープなレンズ、
もっとレンジファインダーに寄せたOVFですかね。今のOVFはMFで合わせられないので。

x100f愛用中です。 特段不満はないので今のままの方向性で良いと思ってます。
GRより大きいものの、気軽に富士らしいJPEGを楽しめるので重宝しています。

この大きさ軽さ見た目はアドバンテージだと思うので細かいところをブラッシュアップしてくれれば買い換える人も多いでしょう。

とくに、開放での柔らかさは美しいのでレンズだけは大事にしてもらいたいです。

やっぱ来年ですかー。楽しみに待ちます。
GR対抗と思うと手ブレ補正はあったらいいなぁと思いますが、
正常進化だけでも、購入すると思います。

GR3の成功を見ても、こういったカメラのユーザーは大きな変化は望んでいないように自分は思います

個人的には開放の柔らか描写は欲しい、どのメーカーのカメラで撮ったかわからないような、全域シャープなレンズだったらいらない。

個人的に強く望みたいのは、ライカQのような使い方でMFができること、つまりフォーカスリングがくるくる回らず距離指標があり、オートフォーカスに頼らない速射ができること、②デジタルズーム(?)がRAWで50mmを記録できること。これらが実現したらすぐ買い換えたいなぁ。後は防滴防塵ですかね。

価格も底値に近くなりずっと欲しかったX100Fを先日購入してGWから楽しんでいます。X100Vが2020年発表だとするとある意味ベストタイミングだったかも。

X100Vに望みたいのは瞳AF、エテルナ、防塵防滴(せめて防塵)ですね。あとは正常進化で良いです。バリアングルは不要。
外観はライカのようにもう少しデザインされたバージョンがあってよいかと思っています。

レンズの開放付近での柔らかさはX100シリーズの良い特徴だと思っているので自分はそのままのほうが良いかな。F2付近で明るくシャープに撮影したいというニーズはあるのはわかっていますが、それは他のカメラで撮れるんですよね。

手振れ防止機能は、X-PRO3に搭載することができればX-PRO/X100の差別化がよりできて良いのではと思います。

Xpro2みたいなブラックペイント があると良いです。
出来れば真鍮だったらベストですが、、、

2020年の後半であれば、次世代センサーの可能性もありますね。画素数上がってデジタルテレコンがより長い焦点距離に対応してればいいな。そしたら、今使ってるLX100Ⅱから買い換えたいです。やはり撮って出しの色合いがキレイなのは魅力的なので。。

うーむ来年ですか
16ー80といい待たされるなぁ

ファインダー周りに新しい技術が入ると面白いんですが。
Xシリーズの原点、手堅くも未来を予見させる進化を期待したいです。

X100から代々使ってますが、X100FはOVFとEVFのトラブルで二回修理に出しています。もう少し丈夫であってほしい。OVFはほとんど使ってないのでEVFオンリーの丈夫な機種を出して欲しい気もする。

X100シリーズは憧れながら手に入れたことがないため、次の機種こそ購入したいと思い待ち望んでいます。
是非つけて欲しいのは手ぶれ補正、防塵防滴、レンズの距離指標です。
これらがつけばスナップシューターとして最高の機種になると思います。

初代、 Finepix X100 ユーザーです。
当初 10 年カメラと銘打って登場したカメラが未だに現役です。出番は減ってきてしまいましたが。ちなみに初代はすでにサポートの対象から外れてしまい、修理もできなさそうな状況なのですが、困ったことに OVF と EVF の切り替えがうまく動作しないときがあります。

いよいよ V が登場するとちょうど初代が登場して 10 年ですかね。世代交代の日も近そうなので、また頻繁に使い込んであげたいと思います。

新型に望むのは、 AF のスピードと精度、 2 倍のデジタルテレコンでしょうか。手ぶれ補正・・・ GR3 にもできたので富士にも頑張って欲しいものです。

そろそろモデルチェンジかなあ・・・と思いつつも、どうしても欲しくなりGWに買ってしまいましたので、モデルチェンジが遅れるのはちょっとホッとするニュースです。
新型に望むのは、基本的にはキープコンセプト、まあこれは心配ないとは思います。
手ぶれ補正機能はあってもいいけどサイズは変えないで欲しい。
あとはフィルターやフードを、アダプターリング無しで付けれるようにして欲しい。4代変更しなかったんですからもういいでしょう。

X100Fをこよなく愛するユーザーです。
他のメーカーに比べると、若干故障が多いように感じます。
特に電気系ですね。
レンズはこのままが良いです。個性のないレンズではこのカメラの意味がない。
液晶も固定、デザインもほとんど変更無しで、大きくなったり重くなったりしたら、Fを使い続けます。

写りは十分満足しているので、後は手振れ補正を載せて撮れるシーンを増やしてほしいです。

X100Fをハンドストラップで常に携帯して使っています。
時間を掛けても、このカメラらしい進化・深化をして欲しいと願います。
特にこのカメラの最大の特徴である、光学ファインダーの進化…現実的な使用に耐えうる利便性の向上を希望します。
EVFとOVFの二刀流が本当の意味で実現したならば、今後の混沌としたミラーレス競争の中でも、FUJIFILMが廃れることは決してないでしょう。
光学ファインダー倍率100%は絶対ですし、光学ファインダー上でのピント合わせも現状のERFでは実用レベルに至りません。構造上、現時点では止む無しとは言え、ピント合わせに視線を隅に外さなければならないのは致命的です。
パララックス補正についても、固定レンズなのだからもう少し精度が必要です。
その他、レンズに関しては個性的で良いと感じていますが、光学性能による歪曲補正と距離指標については検討して頂ければと思います。
次世代のX100シリーズ、楽しみに待っております。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2019年5月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「α9 II・α7S III・α6500後継機などのソニー新製品の噂のまとめ」です。

次のブログ記事は「キヤノン「RF85mm F1.2L USM」は6月下旬に発売 [内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る