富士フイルム「XF8-16mmF2.8 WR LM」は見事な光学性能

DPReviewが、富士フイルムの超広角ズーム「XF8-16mmF2.8 WR LM」の動画レビューを公開しています。

Fujifilm XF 8-16mm F2.8 WR LM Review (以下FujiRumorsのまとめより)

  • XF8-16mmF2.8は重く高価なレンズで、造りは良好だ。
  • XF8-16mmF2.8は、X-H1に良く合う。XF10-24mmはもっと軽量なボディに合う。
  • フォーカスリングは、ゆるく感じる。
  • AFモーターはパワフルで、AFは高速で正確だ。
  • コマ収差は非常に良く補正されており、天体や都市景観用として素晴らしい。
  • 周辺光量落ちと歪曲は、非常に良く補正されている。
  • 光芒は悪くはないが、これまで見た中でベストではない。
  • 近接性能は、XF10-24mmと同程度(9インチ)だ。
  • XF8-16mmの光学性能は見事で、非常にシャープなレンズだ。
  • 8mm開放では若干隅が甘くなるが、絞れば素晴らしい描写になる。
  • 開放では、XF8-16mmはXF10-24mmよりもシャープだが、絞ると差は小さくなる。
  • ソニーの12-24mmは、このレンズよりも軽量で300ドル安価だ。
  • 風景ではどのみち絞ることになるので、多くの人にとっては、XF10-24mmF4の方がよい選択肢だろう。XF8-16mmF2.8はニッチなレンズだ。

 

富士フイルムのXF8-16mmF2.8は、極めてシャープで素晴らしい光学性能のレンズですが、大きさ重さや価格、フィルターが装着できないことなどを考えると、確かにXF10-24mmF4の方が使い勝手はよさそうです。とは言え、換算12mmの画角や、超広角とは思えない周辺までシャープな描写は魅力的ですね。

2019年5月12日 | コメント(5)

コメント(5)

こいつは世界一の広角ズームかと。
でかくてフィルター付けれないって欠点あっても買う価値のあるレンズ。

XF8-16は防塵防滴なのもポイントが高いんですよね。XF10-24はそこが惜しい…

10-24は手ぶれ補正もありますからねぇ、こっちはH1前提みたいなところがあります。
20万以上払って手ぶれ補正とサイズ重量と24㎜望遠端を捨ててまでのメリットを得れるかと言うと、余程ネイチャーフォトを本気でやる人でも無いと苦しいのではないでしょうか。

H1とセットで使ってますけど、風景にフジの色味って案外合うんだなと感じています。

星景の時に16mm1.4で顕著なサジタルコマフレアも皆無なのが最高です。

以前に掲載されたLensTipとは逆の印象を抱くような内容ですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年5月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「LAOWA 100mm F2.8 2x Macro APOは開放から非常に高画質なレンズ」です。

次のブログ記事は「富士フイルムX100Vには新設計のレンズが採用される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る