キヤノンの1.4倍と2倍の切替式のテレコンの特許

Canon News で、キヤノンの2つ倍率を切り替えることが可能なテレコンの特許が紹介されています。

Canon Patent Application: Switchable teleconverter

  • この特許出願(特開2019-095629)でキヤノンは、切替式のテレコンについて扱っている。キヤノンは、切替式のテレコンを次の理由で検討している。

    - 複数のテレコンを付け替えるとカメラやレンズ内にゴミが入る機会が増える
    - 内蔵テレコンはレンズは大きくなり、テレコンが不要な場合もかさばる

    これらの代替案として、キヤノンはこの特許出願で1.4倍と2倍に切り替えるテレコンバーターについて言及している。

    実施例として600mm F4の超望遠レンズが記載されており、このレンズはバックフォーカスが40mm(EFマウントのフランジバックは44mm)でEFには短すぎる(特にテレコンを使うには)ので、RFレンズ用だ。

canon_patent_2019-095629_001.jpg

倍率切り替え型のテレコンは便利に使えそうですが、光学系を入れ替える方式だと結構かさばりそうなので、どの程度の大きさに収まるのかが気になるところです。

特許の実施例はRFマウント用なので、キヤノンは将来登場するRFの超望遠レンズ用に、このような切り替え型のテレコンを用意するつもりなのかもしれませんね。

2019年6月21日 | コメント(14)

コメント(14)

いいですねー。間違いなく使いやすいと思いますが、お値段もいいお値段なるんでしょうね。。。^^;

 さすがは技術のキヤノンさん。

 実は前から、テレコンバーターは各種あるのに、レンズ同様何故ズームなテレコンバーターが無いのかと思っていました。
出来れば、1~2倍のズームコンバーターあればもっと手軽に撮影できるのにと思っていましたが、ズームタイプではありませんがやっと出てくれそうです。

 今はデジタルでのトリミングやデジタルズームで簡単に出来る事もありますが、やはり実光学系で行う分は、そのメーカーの技術力の高さを示すような感じがします。

これからも、いろんな機能で「写真をもっと楽しく」して欲しいです。

テレコン内蔵のEF⇨RFマウントアダプターなんてあるといいかもと思いました。

私は現場ではレンズ交換しない派です。ホコリだけでなく湿気も入り込みそうなので。ですのでこういったアイディアは良いですね。RFなら2倍テレコンを活用する機会も多いと思います。ただ気になるのはレンズ枚数が増えて??画質にどれだけ影響するか、またAF精度にどれだけ影響するか、が気になります。画質は処理で対処できるかもしれませんが、AFに影響しないようにするには、光学性能をかなり上げないといけない気がします。テレコンに蛍石使うとか。高そう!

顕微鏡や拳銃(リボルバー)みたいに回転して切り替わるんでしょうかw
それなら構図の絞り込みが早そうですが、フォーカスはうまく行くのかな?と思った次第。(AF関連でもなんらかの解決策があるのかな)

光学系を入れ替えるみたいだから、枚数は増えないのでは?
内蔵テレコンみたいにコブ付きになるのかと。

EFよりもRFの方が後玉の直径が大きくなるので、
切り替えられるレンズ群はかなり大きな玉になるのでしょうね。
そのあたりをどのように処理するのかが気になります。

バックフォーカスが40mmなら有効径によりますが、EFマウント可能です。それより構成を見る限りかなり大きくなりますので、実用性に疑問感じます。単純に3焦点ズームとかに出来ないのでしょうか。

確かに変えるのは面倒です。
ドロップインフィルター方式ですかね。

ドロップインだと、ゴミが入る機会が増える、に対しての説得力が弱い気がします。

こういうのはキヤノンらしいですよね。
ミラーレスの時代になって、デジタル的な強みが前面に出てくる事が多いですが
光学にもまだまだ可能性がある事を示してくれるのが流石だと思います。
各社それぞれの強みがもっと出てくると楽しくなりますね。

いづれはズーム式テレコンなど開発されそうですね。

確かに撮影中にテレコンを入れ替えるのは、ゴミとか時間とかで躊躇しますね。
これがコンパクトに仕上がるものならすごく魅力的に感じます。

昔ケンコーかトキナーかタムロンか忘れたが2倍のズームテレコンありました。

ズームテレコンですが、今思い出したがコムラーのテレモアだったかも。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2019年6月21日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヨドバシカメラの6月上期の売れ筋ランキングではニコンZ6がトップ」です。

次のブログ記事は「キヤノンが近日中に「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」「PowerShot G7 X Mark III」「PowerShot G5 X Mark II」を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る