DxOMarkに「RF50mm F1.2L USM」のスコアが掲載

DxOMark に、キヤノンEOS R用の大口径標準単焦点レンズ「RF50mm F1.2L USM」のスコアとレビューが掲載されています。

Canon RF 50mm f/1.2L USM review 

    Canon 
 RF50F1.2L 
 Canon 
 EF50F1.2L 
 Sigma 
 50F1.4Art 
 Milvus 
 1.4/50ZE 
 Nikon 
 Z50f/1.8S 
DxOMarkスコア 38 35 44 39 44
解像力 22P-Mpix 21P-Mpix 40P-Mpix 29P-Mpix 37P-Mpix
透過 1.5T 1.5T 1.8T 1.7T 1.9T
歪曲 0.2% 0.4% 0.1% 0.3% 0.2%
周辺光量落ち -2.2EV -2.4EV -1.6EV -2.0EV -1.6EV
色収差  3μm 20μm 6μm 7μm 2μm

  • 30MP機のEOS Rによるテストでは、総合スコアは38で、カテゴリ別のスコアでは、色収差が極めて良く補正されていることを示している。透過と歪曲は、どちらもとても良好だ。
  • このレンズの極めて大きな口径は、解像力に影響しており、F1.4やF1.8クラスのレンズと比べると解像力は低くなっている。それでも、旧型のEF50mm F1.2Lと比べると解像力は改善している。
  • RF50mm F1.2L は古い(2009年より前の)ツァイス、ニコン、シグマ、ソニーのF1.4やF1.8クラスの50mmレンズを上回っているが、新しいシグマのArtレンズには及ばない。EF50mm F1.2Lとの比較では色収差の改善が大きい。
  • 画質第一なら、EOS Rに直接取り付けることはできないが、シグマ50mm F1.4が良い選択肢だろう。しかし、もし1/3段分の明るさが必要ならRF50mm F1.2Lは、EF50mm F1.2Lからの良いステップアップになるだろう。

 

比較対象のレンズは50MPの5Ds R(ニコンのレンズのみZ7)によるスコアなので、30MP機で測定したRF50mm F1.2L と直接スコアを比較するのは厳しいような気がしますが、どうなんでしょうかね。

ここではRF50mm F1.2L(30MP機)は、EF50mm F1.2L(50MP機)よりも少し良好で、シグマの50mm F1.4Art(50MP機)には及ばないという結果になっていますが、登場が噂されているEOS Rの高画素機によるスコアで、もう一度比較してみたいところです。

2019年6月17日 | コメント(25)

コメント(25)

意外な結果ですね
PRや大きさ重さ価格から
某ハイエンドMFレンズを超えるスコアを出してくるとばかり思っていました
スコアには表れない魅力を追求したということでしょうか

透過で言えばソニーの50mmF1.4とほぼ同じなのですね。
スコアは予想より低いですが、このようなレンズはまさにスコアに出にくい味のある描写をするでしょうから、スコアは参考程度でいいと思います。今後各社が解像力だけを追い求めて、行き着く先は何処のメーカーも同じ描写になってしまっては面白くないので、このような個性的なレンズがマウントの魅力を引き上げて行くのだと思います。

うーん、ニコンのZと比べるのはボディ的にアンフェアですね。
低画素機だと解像度と同様に色収差も低く求まるとかありますか??
そうでなければこのレベルの大口径でこの色収差は見事ですね。

周辺光量落ちは大口径ならしょうがないですし、補正も楽だからそれほどデメリットには見えないですね。

RFやZみたいな新マウントになってから、DXOは画質の指標としてうまく機能していない気がするのは・・私だけでしょうか。

うーん、解像力の低さはボディ側の問題のような気がしますね。

もともとdxoは機械的にレンズの数値を検証するものですし、レンズの特性を考慮したうえでの画質の「要素」の比較としてはこれからも十分機能するのではと思います。
実際、このレンズを購入しようとする人には、最新のF1.4のレンズと同等以下の色収差であるという結果が大変参考になるでしょう。

…どうしても総合スコアを比べて勝った負けたを論じたがるのは、我々カメラマニアの性かもしれませんね。

DxOのスコアはセンサーの解像力に依存するから、3000万画素と5000万画素をゴチャ混ぜで評価するのはダメでしょ。
α7R3とZ7くらいの違いなら、誤差レベルで済むかもしれないけど。

シグマ50mmアート、トータルスコア44点は5DS Rの場合の点数ですね。
5D MarkⅣだと39点。

EOS R + RF50mmとなら、カメラの画素数が同等のこちらの数字と比べるべきかと思います。

DxOMarkのような評価サイト、発表の仕方でイメージが相当に変わります。
もう少し注意して、ミスリードにならないようにしてもらいたいところ。

評価サイトの発表を正しく理解する目が必要な感じですね。

以前から気になってましたが、この手のテストでボディが違うから~というのを度々目にして
言わんとする事はわかりますが、しかしカメラはボディ含めたシステムな訳ですから
現状、50㎜レンズで一番解像できるマウントとレンズの組み合わせはどれか?
で見れば、一応は参考できるテストにはなるのではないでしょうか?
解像を重視して50㎜を使いたいという人は、5DsRとシグマ50mmの方が良いですよ、的な。
もちろん、EOS Rの高画素機が出たら再テストするべきなのには間違いありませんが、

単純に比較できないにしても世の評価とこれだけかけ離れているのも珍しいですね。

因みにシグマ50mmアート、5D MarkⅣ(30MP機)でのスコアをデータベースで検索すると・・・

DxOMarkスコア 39、解像力 25、透過 1.7T、歪曲 0.1%、周辺光量落ち -1.5EV、色収差 6μm となります。

RF50mmと同等ぐらいのスコアですね。

あくまでレンズの評価と受け取っています。
ボディの解像度が大きく違う状況で横並びの点数を比較しても、参考程度の内容になってしまいますね。
受け取る側の理解や考察が必要と感じます。

DxOMarkのサイトは、見ていると面白いのですが、レンズの評価に関しては、参考程度でしょうかね・・センサーで随分変わりますから。
他を参考にすることが多いです。

画素数が同じなら、シグマと同じぐらいというのは、なんとなく納得です。

更に巨大なものにするなら、どうなるのか分かりませんが、F1.2としては、最近の設計としてはコンパクトっぽいレンズ・・

レンズのスコアも、そろそろ頭打ちでしょうか。
そもそも、上位のレンズは、誤差程度になってきているので、あとは好みの問題でしょうか?

今のRのボディーじゃRFーLは、完全に力負けでしょうから、高画素機でのテストが楽しみですね。。解放が1.2であることが、このレンズの魅力の大部分ですから、それでシグマと互角でもスコアにあわられない十分な凄みがありますね。個人的には85mmに行きますけど。

せめて参考数値としてRFにEFアダプタでEF50F1.2Lや50F1.4Artも測定してくれないと比較にならないですね…

シグマとかニコンZの解像力のスコアは、30mpのRでは
絶対に出ないですからね。

このレンズが優れているというのはこちらの記事で証明済みですからね。
http://digicame-info.com/2018/12/rf50mm-f12l.html

開放F1.2で周辺部までこれだけの高スコアですから。
電卓さんの仰るようにレンズの性能に関しては他のサイトを利用することが多いです。

このレンズの価値といったらキヤノンがずっと拘ってきた、50mm1.2Lというブランドだと思います、1.4のレンズにはないキャラクターを有していて、数値では測りがたい魅力のほうが重要だと皆認識するのでは。

ニコンのロードマップにある50mm1.2が登場したらガチンコ対戦になりそうです。

最高でも30MP時点では実力は分かりませんね。
45~50MP機が市場投入されてからが本番でしょう。

DxOMarkの解像度スコアは皆さんおっしゃるようにテストしたカメラの画素数で頭打ち(LPFとカラーフィルタが入るのでそれよりも低い)になるので使用するボディも含めて考えないといけないですね。それにスコアは最も解像する絞り値で決まるので、解放では甘くても絞るとシャープになる古いレンズのスコアが良いということもあります。

しかしながらDxOMarkは一番計測結果が詳しいのがいいですね。レンズのスコアページの Sharpness > Field Map で絞り値と画面の場所ごとの解像力を知ることができて、RF50mmは画面中央こそArt 50mmやMilvus 50mmに敵わないものの、絞り解放でも周辺部まで良好で画面全体の均一性が高いことがわかります。

DxOMarkは絞り込んだ時のスコアなんですか。だったら、開放から解像するRF&Zレンズのスコアが上がらないのも納得です。

なるほど、開放からカリッカリの最新レンズも3段絞ってようやく解像する旧式レンズもピーク値が同じならスコアも同じってことなんですね。どうりで古いレンズが高評価なわけだ。

もちろん参考にはなる指標ですが、最近のDxOの点数がユーザーの実体験の解像度と乖離しているように思えます。
RFやZの様に大口径のマウントだと自動的にスコアが低くなる測定基準ならば、測定基準そのものを改善していく必要があると思います。

同感です。自分もDxOはの採点は実際使った感覚と乖離しすぎてると感じます。
RFやZのレンズを使い込んでる人なら、わかってもらえると思うけど。

できることなら、SIGMAのartもEOS Rでのスコアを出してほしい。
でないと結局、レンズの差なのかボディの差からくる違いなのか判断できない。
全てのボディでテストするのは無理でもサンプルとして同一ボディでの差を出してくれると傾向がつかめるだが?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2019年6月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンがD5相当のミラーレスカメラ最上位機種を投入予定」です。

次のブログ記事は「富士フイルムGFX100にピクセルシフトマルチショット機能が追加される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る