ライカM-E(Typ 240)が正式発表

ライカが、ライカMベースのエントリーモデル「ライカM-E(Typ 240)」を正式に発表しました。

Leica M-E (Typ 240)

  • LEICA M-E(Typ 240)のボディは防塵防滴で、上面と下部のプレートはM-Eのために特別に開発された無煙炭グレーの塗装で仕上げられている。
  • センサーは24MP CMOSで暗所でも優れた性能を発揮。2GBのバッファーメモリーを搭載し、連写で決定的な瞬間を逃さない。動画は専用ボタンを装備し、フルHDに対応する。

leicaM-Etyp240_001.jpg

leicaM-Etyp240_002.jpg

leicaM-Etyp240_003.jpg

新型のライカM-EはライカM(typ 240)ベースの普及モデルのようですが、無煙炭グレーの塗装は、旧型のM-Eよりも高級感がある印象で、結構人気が出そうな気がします。なお、価格は現時点では、まだアナウンスされていないようです。

2019年6月23日 | コメント(8)

コメント(8)

塗装、かっこいいですね。ハンマートーンモデルのような色合いで。

ちょっとハンマートーンっぽくも見えますね。
確かに高級感はありそう。

呼び名は前と同じアンスラサイトグレーですがこちらの方が高級感がありますね。
価格については期待させるような書き方ですが、どうなるのでしょうか。

普及モデルとのことですが,M(Typ240)からバッファ増で,あと何か機能的に違いがあるんでしょうか?

ハンマートーンのようですね

海外のLeica ForumにAdminからのポストでM-E Typ 240がドイツで7月18日から€3950で発売されるというポストがありますね。

今日昨今のフルフレームミラーレスフラグシップの値段から行くと
そんなに高くはないですね。

いや、1カメラとしては高いですが。

M10ベースのM-Eでるのはまだまだ先の事になりそうだなぁ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年6月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タムロン「17-28mm F/2.8 Di III RXD」が来週発表される?」です。

次のブログ記事は「ヨドバシカメラの6月上期のコンパクトカメラ売れ筋ランキングではリコーGR IIIがトップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る