DxOMarkにニコン「Z24-70mm f/2.8 S」のスコアが掲載

DxOMarkに、ニコンZマウント用の標準ズーム「Z 24-70mm f/2.8 S」のスコアとレビューが掲載されています。

Nikon Nikkor Z 24-70mm f/2.8 S review 

    Nikon 
 Z24-70f2.8 
 Nikon 
 Z24-70f4 
 Nikon 
 24-70f2.8E 
 Canon 
 24-70F2.8LII 
 Sony 
 24-70F2.8GM 
スコア 36 29 29 35 33
解像力 26P-Mpix 19P-Mpix 20P-Mpix 32P-Mpix 28P-Mpix
透過 3T 4T 3.2T 2.9T 2.8T
歪曲 0.6% 0.9% 0.6% 0.4% 0.6%
周辺光量 -2.1EV -1.6EV -1.5EV -2.1EV -1.6EV
色収差  5μm 15μm 30μm 16μm 10μm

  • Z24-70mm f/2.8S のZ7によるスコア36は、これまでにテストした24-70mmのレンズの中でベストで、全てのズームレンズのなかでも5位だ。このレンズはズーム全域で、どの絞り値でも画面全体で高解像力を維持している。
  • 解像力のスコア26は非常に良好で、5DsRによるEF24-70mm F2.8L II のスコア32には及ばないものの、ニコンは色収差が極めて良く補正されているため、総合スコアではキヤノンを上回っている。
  • 歪曲はズームの両端では目立つが、これは後処理や自動補正でほとんど補正できる。
  • 周辺光量落ちは、開放では-2.1EVで目立つが、周辺まで徐々に落ちていく。
  • Z24-70mm f/2.8S は、24-70mmのズームレンズの新しい基準(ベンチマーク)となるレンズだ。このレンズは最高の解像力を記録しているわけではないが、画面全域で素晴らしい解像力を維持している。色収差も極めて良く補正されている。周辺光量落ちは若干残念な点だが、これは、必要なら後処理で補正できる。全体的に最高の画質を求めるなら、Z24-70mm f/2.8Sが選ぶべきレンズだ。

 

Z24-70mm f/2.8Sは、このクラスのズームでトップのスコアで、非常に高い評価となっています。解像力のピークの値はそれほど高くないようですが、ズーム全域で均一性が高いことが評価されているようですね。また、色収差が極めて良く補正されていることも高評価につながったようです。

なお、比較対象のレンズのテスト機は統一されていない(Z7、D800E、5Ds R、α7R II)ので、Fマウントレンズや他社のレンズとの比較は、参考程度に見ておいた方がよさそうです。

2019年7月12日 | コメント(8)

コメント(8)

このレンズの性能は疑いようが無いですが、
これまでのDxOMarkではZマウントRFマウントの評価が低かったので、この結果自体は意外ですね(このレンズも体感より低く出ると思ってました)。

ただ、体感は他社レンズよりよく写る気がしてたので、解像度の値は思ったより低いです。NIKON Zのコンセプトは画面全域・ズーム全域の均一性なので、均一性の評価軸も欲しくなりますね(レンズの「最低値」の評価軸とでも言いましょうか)。

ニコン 技術陣には会心の結果でしょうか。
内心は、もっと他機を引き離してる筈と思っているかも知れませんが(笑)。

評価方法が不利な面があるのかも知れませんが、目指していた方向性を着実に実現して行ってることは間違いありませんね。

キャンペーンによる販売増で、市井の評判も上がっていくと思います。
この路線を大切にして行って欲しいと思います。

このレンズを買った立場としては満足のいくスコアだと思います。
その一方で、動体を撮るにはAF速度が物足りないので、Fマウントの24-70mm f/2.8Eが手放せないのは悩みどころ。
D5並みのミラーレスが出て、このレンズのAF速度が改善されたときに初めて24-70mm f/2.8Eとのお別れの時がやってくると思います。

Z7でキットレンズを使ってますが、やはり2.8ズームは欲しい時があります。
F4で高い解像度を発揮しているので、2.8には、それ以上の解像度を期待します。
それにZシリーズのAF性能は高くなく、特に暗所では弱くD600と同列と感じます。AFアシストとかの光源が緑色なので、D600か良くて800レベルに感じます。
助けにもなるでしょう。

F2.8 を購入された人は、評価の高い F4 版を意識しつつ、それでも買ってよかった (描写が上だった) という声が多い印象です。

話題の広角 14-30/4 S と比較すると地味に登場した感のある製品ですが、間違いのないレンズとして今後も安定して売れていくでしょうね。

凸先行(と思われる)設計で凹先行のFマウント版を超えてくるのは流石ですね。
これぞミラーレスの光学設計!と唸らせるような二強の高性能レンズの投入が続くのはソニーとは全く違う攻め方で面白いですね。

キャノンの24-70もすごいですね。RFが出た時にどっちを買おうか迷ってる人もいるのではないでしょうか。

ニコンは解像力でキヤノンに差を付けられているデータになっていますが、ニコンも5DsRレベルの高画素機でテストしたら、解像力データがキヤノンに並ぶような気もします。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年7月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SIGMA fpのセンサーはソニー製、販売価格は出血大サービスかもしれない」です。

次のブログ記事は「ソニーが4機種の新型カメラを9月までに発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る