ソニーのEP&S分野の2019年Q1はテレビ・スマホ・デジカメの販売台数減の影響で減益

ソニーが、2019年度第1四半期の連結業績を発表しています。

ソニー、第1四半期はイメージセンサー好調も減益 (AV WATCH)

  • ソニーは30日、2019年度第1四半期の連結業績を発表した。売上高は、前年同期比1%減の1兆9,257億円。営業利益は同18%増の2,309億円。税引前利益は同26%減の2,310億円。純利益は同33%減の1,521億円となった。
  • 売上高は、AV機器を含むエレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション分野の減収が影響。営業利益の増加には、イメージセンサーなどのイメージング&センシング・ソリューション分野の大幅増益が寄与した。
  • エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション(EP&S)分野の売上高は、前年同期比15%の減収となる4,839億円。テレビ・スマートフォン・デジタルカメラの販売台数の減少が響いた。営業利益は前年同期比76億円の減益となる、251億円。

sony_2019q1_p13_001.jpg

  • イメージセンサーなどのイメージング&センシング・ソリューション分野は、売上高が前年同期比14%増の2,307億円。モバイル機器向けイメージセンサーが大幅な増収となった。

 

ソニーのデジタルカメラは各所の販売ランキングで上位を占めていて、とても好調というイメージがありますが、EP&S分野は「テレビ・スマートフォン・デジタルカメラ販売台数の減少が響き減収減益」ということで、デジカメ分野では勢いのあるソニーでも、順風満帆というわけではないようですね。

2019年7月31日 | コメント(12)

コメント(12)

あれだけαが売れてても販売台数減少で減益とか厳しいな。
カメラ自体儲かるビジネスじゃなくなってるのかな。

カメラ業界が減少してますし
台数減少で減益はしょうがないような気がしますが
α7RⅣやRX100Ⅶ、今後魅力的なカメラがでるようなので今後に期待しています。

結局シェアランキングではあくまで全体の何割売れてるかしか表してないので実際にどれだけ売ったかやこれまでと比べた台数の変化が隠れてしまいますからね。
この前の台数のグラフがあったけどカメラ市場の実情はあんな感じですから仕方ないでしょうね。

ソニーのスマホとテレビは減収減益なのは知っていましたが、デジタルカメラも減収減益とは驚きました。製品サイクルが早すぎるのが原因ではないでしょうか?

前に、海外の大物投資家が、ソニーの半導体部門を分社すべきとの提言を思い出した。この状況を見ると私も賛成ですね。ソニー製を使いたくても他の製品で競合すれば、使いにくい。半導体部門はさらに需要が伸びると思う。このままでは半導体部門と他の部門も共倒れになりかねない?

デジカメ部門が減収減益とは言っていないですね。

あくまでも、デジカメを含んだ「エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション(EP&S)分野」が減収減益じゃないでしょうか

減益の要因の一つがデジカメの販売台数減と言ってるんだから、デジカメも減益なんでしょう。

ソニー2019年度第1四半期

エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション

テレビ 186,550 △38,789
オーディオ・ビデオ 84,929 △6,186
★静止画・動画カメラ 113,256 △13,002
モバイル・コミュニケーション 130,354 △29,804
その他 49,705 3,643
合計 564,794 △84,138

カメラ業界か縮小してる中
減益減収はしょうがない感じではありますが
今後出るカメラに期待ですね

SONYの決算補足資料を見ました。
2019年度第1四半期のスチルカメラ、ビデオカメラの売り上げは、
前年同期比11.5%減です。
減益かどうかは分からなかったです。

>コンロ さん
書かれてる売上は2018年度第1四半期ですよね?

miwaさんすいません間違えてました

以下ですね

エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション

テレビ 147,761 △38,789
オーディオ・ビデオ 78,743 △6,186
★静止画・動画カメラ 100,254 △13,002
モバイル・コミュニケーション 100,550 △29,804
その他 53,348 3,643
合計 480,656 △84,138

6月の記事にあったBCNの2018年4月~2019年3月までのデータだと
SONYのカメラは販売台数は減少しているが販売金額は二桁%の伸び
という内容で1人勝ちに近いものでしたが、実際は例外ではなく厳しいのでしょうか。
SONYはカメラ業界で一番勢いを感じてそこが魅力なので
今後もこの勢いをなんとか維持してもらいたいですね。

半導体担当のソニーセミコンダクタはすでに分社化済みでは?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年7月31日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコン「Z 85mm f/1.8 S」の価格は約800ドル?」です。

次のブログ記事は「ニコンが「NIKKOR Z 85mm f/1.8 S」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る