キヤノンが新技術を採用した高画素センサーのテストを行っている?

Canon Rumors に、キヤノンEOS Rの高画素機に関する噂の続報が掲載されています。

Canon will reclaim their full-frame megapixel crown [CR1]

  • 以前から、EOS 5Dsの後継機は70MPを超えるセンサーが採用され、一眼レフではなくEOS Rになると噂されてきた。

    最近、キヤノンがEOS RS(そのような名称だと推測している)で、実際にフルサイズセンサーの高画素競争のトップに返り咲くという話を聞いている。

    新しいEOS Rのボディで2つのセンサーのテストが行われており、80MPを超えるセンサーが採用される可能性もある。

    この噂のソースは、キヤノンがセンサーを進化させる最新のセンサーテクノロジーを投入する計画で、ソニーに追い付いたと述べているが、これが何を意味するのかは、現時点では分からない。

 

キヤノンは5Ds /5Ds Rで他社を少し上回る画素数のセンサーを投入しているので、新しいEOS Rの高画素機で、ソニーのα7 IVの60MPを上回る高画素センサーを投入する可能性は十分に考えられそうですね。

この新型センサーに採用されるキヤノンの新しいセンサーテクノロジーが、どのようなものか興味深いところです。新型の超高画素センサーに採用される技術なので、ダイナミックレンジや高感度ノイズなどを改善する技術でしょうか。

2019年8月 1日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2019年8月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスE-M5 Mark III の発表は8月ではなく9月末から10月になる?」です。

次のブログ記事は「キヤノンの風景用のEOS R(EOS RL?)のスペック」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る