2019年8月のマップカメラの販売ランキングでは「RX100M7」が大差でトップ

THE MAP TIMES に、マップカメラの2019年8月のデジタルカメラの販売ランキングが掲載されています。

2019年8月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

  • 新品デジカメ8月ランキング

    - 1位 ソニー Cyber-shot DSC-RX100M7
    - 2位 ニコン Z6
    - 3位 EOS RP
    - 4位 ソニー α6400
    - 5位 ソニー α7 III
    - 6位 オリンパス Tough TG-6
    - 7位 リコー GR III
    - 8位 富士フイルム X-T3
    - 9位 キヤノン EOS R
    - 10位 キヤノン PowerShot SX620 HS
  • なんと8月30日発売のSONY Cyber-shot DSC-RX100M7が第1位を獲得。わずか数日の販売にもかかわらず、2位に圧倒的な大差をつけての1位という信じられない現象が起こった。
  • 2位には前回1位のNikon Z6が。一眼ミラーレス機トップの座は守った。認知度もかなり上がり、上位定着は確かなようだ。
  • Canon EOS RPも指定レンズとの組み合わせでキャッシュバックキャンペーン実施中の商品。今回、兄貴分のEOS Rを上回る売り上げを見せた。
  • 5位でも十分に上位といえるが、SONY α7IIIがこの位置にくるとずいぶん違和感を感じてしまう。話題のハイスペック機α7RIV発売前で、さすがに人気に翳りが出始めたか。

 

RX100M7は、初値で約14万円の高価なコンパクトにもかかわらず、驚きの人気ですね。ニコンZ6は、ヨドバシではキャッシュバック一旦終了の影響でランクを落としていましたが、ここではレンズ交換式でトップを維持していて、引き続き好調のようです。

EOS RPはこれまで少々苦戦気味でしたが、キャッシュバックの効果もあってか、かなり上位まで上がってきました。高倍率ズームRF24-240mmの発売も販売の好調につながっているのかもしれませんね。

ソニーはα7 III が少し順位を落としてきましたが、それでも1位と4位と5位にランクインしているので、全体としてはとても好調ですね。

2019年9月 9日 | コメント(9)

コメント(9)

RX100M7のいきなりのトップ入りですね。

RX100M7,GRⅢ,TG-6等、何かの性能に特化した商品は、バランスの良い商品より多少使い難くても魅力的に感じますね。
これからはそういうカメラの方がが趣味性が高くて売れるのかもしれませんね。

α7IIIはRⅣとは直接客層は被らないと思いますけど
発売後の7IIIの大幅値下げ待ち、中古出回り待ちということですかね

RX100M7のあのコンパクトさは、やはり魅力ですね。
サブカメラに欲しくなります。

高いのに売れるのはやっぱり携帯性かな
年齢的に一眼はやめたけど画質のそこそこいいものを持ちたい層
単純にVlogや自撮り、運動会もそこそこ適応できる焦点距離
そりゃ売れるよね
NDフィルター内蔵されてたら私も買ってたと思う
TX2がチルトつけてたらと思うと残念でならない、ライカとの兼ね合いもあるだろうから難しいのかもだけど

α7IIIの順位が下がっているのは、発売後の7IIIの大幅値下げ待ちと言うより、7RIIIの中古が大量に出回っているので、そちらに流れているのではないかと
それにしてもレフ機は出てこないですね、10年後には今のフィルムカメラのような状態になるのでしょうか

やはりBCNの情報とはずいぶん異なりますね、
いわゆるカメラ趣味人の集まる店ですかね?

RX100M7はミニα9といったスチル性能に熱停止せず長時間録画できたりと外観からは大きな違いは見られませんが確かな進化を遂げた万能機ですね
相当画質に拘ったりレンズ交換楽しみたいというわけでもなければこれ一台で多くの人にとっては十分過ぎる仕上がりのカメラのように思います

マップカメラのランキングは最大手1店単独の結果であるし、BCNの方は業界店何%かのサンプル調査の結果であることを考えると、ランキングが異なることは当然予想されます。どちらのランキングが今後の方向性を示唆しているのか興味深いですね。
それにしても、100M7、某店で触ってきましたが、ずっしりと重く、機能のかたまりで、危ない危ない、そそられます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年9月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD6とD5とのボディ形状の比較」です。

次のブログ記事は「シグマ「45mm F2.8 DG DN Contemporary」の鏡筒はArtレンズを超える最高のクオリティ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る