シグマ35mm F1.2 DG Artの解像力はF1.2のレンズとしては実に優れている

LensRentals に、シグマのフルサイズミラーレス用の大口径広角単焦点レンズ「35mm F1.2 DG Art」の解像力の計測結果と、ライバルの35mmレンズとの比較レビューが掲載されています。

MTF Tests of the Sigma 35mm f/1.2 DG Art

  • シグマ35mm F1.2の解像力は、F1.2のレンズとしては実に優れている。中央の解像力は素晴らしく、中央から離れても良好に維持されている。しかし、サジタルとタンジェンシャルの乖離が見られ、これは非点収差か倍率色収差が若干あることを示しているが、深刻なものではない。
  • フォクトレンダーNokton 35mm F1.2 II との比較:フォクトレンダーは設計が古く、小型でシグマより安価なレンズなので、シグマに付いていけるとは思っていなかったが、結果はその予想通りだった。(左がNokton35mm F1.2 II、右がシグマ35mm F1.2 Art)

nokton35mmf12_vs_sigma35f12_mtf_comp_001.jpg

  • シグマ35mm F1.4 ArtとのF1.4での比較:シグマの35mm F1.4 Artは素晴らしいレンズだが、35mm F1.2 Artの方が明らかに良好だ。正直言って、このテストを行うまでF1.2のレンズは、F1.4のレンズに解像力では劣っていると思っていた。それは、これまでのF1.2のレンズがそういうものだったからだ。(左が35mm F1.4 Art、右が35mm F1.2 Art)

sigma35mmf14_vs_sigma35f12_mtf_comp_001.jpg

  • タムロンSP35mm F1.4とのF1.4での比較:中央の解像力は互角だ。周辺部は、細かいことを言うならタムロンがわずかにシャープで、サジタルとタンジェンシャルの乖離も明らかに少ない。従って、タムロンはこのクラスで最もシャープなレンズの座を守った。しかし実写では、たとえ大伸ばしでも、両者の解像力に明確な差は見られないだろう。

tamronSP35mmf14_vs_sigma35f12_mtf_comp_001.jpg

  • 多くの大口径単焦点レンズと異なり、シグマの35mm F1.2 Artは、F1.2の明るさの対価として解像力を犠牲にしていない。これは本当に珍しいことで、通常、F1.2のレンズは同じF値でF1.4のレンズよりも解像力で劣っていると考えられている。

 

シグマの35mm F1.2 Art は、F1.2の大口径レンズにもかかわらず、同社の35mm F1.4 Artに優る解像力で、ミラーレス専用設計の強みを活かしているようですね。

タムロンの35mm F1.4との比較では、周辺部でわずかにタムロンの解像力が優っているようですが、ほぼ互角と言ってよさそうです。シグマ35mm F1.2 ArtもタムロンSP35mm F1.4も解像力に関しては非常にハイレベルで、申し分のない性能ですね。

2019年9月15日 | コメント(9)

コメント(9)

自社(シグマ)の35mmF1.4より解像度上のF1.2レンズって化け物ですか?

今年出てきた35mm大口径レンズはどこのメーカーも凄いの一言ですね

元サイトをみると、重いレンズほど、解像度が高いようです。デジタルになって高画素化がすすみ、どんどん画質が向上していくのはいいですが、レンズがどんどん大きくなって行くのは困りますね。。。

ミラーレス専用設計、ショートフランジバックは広角レンズで有利と言われていますが、F1.2のシグマも期待どおりの性能ですね。

不利なはずの一眼レフ用レンズのタムロンも更に良いレンズみたいで凄いですね。

最近の高画質を狙ったレンズは、何があったのか、解像力についてはどれも文句なし。軒並み上がっているみたいですね。

あれだけショートフランジバックが光学系に有利との論調が優勢の中、一眼レフ用のタムロン35mm f1.4が最高峰というのは大変興味深いですね。

このレンズのポートレートの作例を見てきましたが、等倍すると開放でもしっかり瞳へ極めてシャープに合焦しているのがわかります。

カメラ屋もここ数年凄まじい動きをしながら改革されていってますが、レンズ屋(生業の中心がレンズという意味)も驚異的な進歩を遂げているんだなぁと実感します。
21世紀入りたての35mmレンズなんて一番前玉に大口径レンズがついたレトロフォーカスが主流だったのに、近年は特にミラーレス機の登場によるショートフランジバック化の恩恵が後玉が大きくなり設計の自由性が生じた事でこのようなモンスターレンズの登場に寄与しているんだと思います。

シグマの記事でこれを言うのもおかしいですが、レフ機のフランジバックのレンズでタムロン大健闘してますね!
これからのシグマもタムロンも、世界の光学界を切磋琢磨しながらリードし、より良いレンズを世に出していって欲しいものです。

シグマの35mmF1.4ARTはARTシリーズの一番最初でありませんでした?
その後、ARTシリーズの設計基準が変わっていったのか、すこしづつですが、解像度は高まっていき、代わりと言っては何ですが、硝材の使用量が上がっていった気がします。

ミラーレス専用という事もあるのでしょうけど、F1.2でなおかつ新しい設計という事でこの重さになってしまったのでしょうね。
解放でここまでの性能が出ているのですから文句はありません。

一方で、タムロンの35mmF1.4SPも凄い、とも思います。あのMTFですから、ボケもかなり綺麗に出るのでは。

シグマのF1.2も凄いですが
タムロンの優秀さにビックリです
最近のタムロン凄いですね

タムロンのF045と互角とは素晴らしいですね、半段も明るいのに。
シグマにはf1.2のレンズを是非今後もリリースして欲しい、大口径でしか撮れない写真は確かにありますから。

私はFEマウント用を予約して購入しました。
記事の通り素晴らしい解像力です。
線が細い繊細な描写でボケも美しく、気に入っています。

仕様上は大きく重いのですが、バランスが良いのかそれほど重くは感じません。
そしてAF性能も優れているので、本当に文句の付けようがないレンズです。

この結果を見ると、タムロンがミラーレス用にF1.2を作ったらもっとすごくなりそうですね。
これからのサードパーティレンズに大いなる期待が持てます!


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年9月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックがLUMIX S1HでRAW動画出力を可能にする新ファームの開発を発表」です。

次のブログ記事は「キヤノンのボディ内手ブレ補正ユニットに関する特許」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る