キヤノンEOS Rの高画素機は80MPセンサーを採用?

Canon Rumors に、キヤノンのRFマウントの高画素機(EOS RS?)に関する噂の続報が掲載されています。

More about the upcoming high-megapixel EOS R system camera [CR2]

  • 7月に、キヤノンがEOS Rの高画素機を開発しており、70MPと80MP以上の2つの異なるセンサーのテストが行われていると述べた。

    先日、キヤノンの83MPセンサーの特許について報告したが、この特許は、噂のセンサーの画素数(80MP以上)の信憑性を増しているように思われる。

    ここ24時間にわたって、我々がEOS RSと呼んでいる(キヤノンは別の名称で呼んでいるかもしれない)EOS 5Ds / 5Ds Rを置き換えるカメラに関する多くの情報を受け取っている。

    以下の情報は、情報筋が手にしたと主張しているプロトタイプモデルモデルに基づくものだ。

    - EOS Rよりも若干大きなボディとグリップ
    - 80MPフルサイズセンサー
    - 新しいタイプのジョイスティック
    - EOS Rよりも大きなファインダー
    - ファインダーは上下方向にチルトする(これがモニタの話なのか、EVFの話なのか確証がない)
    - デュアルSDカードスロット
    - 動画の仕様は不明
    - このカメラの発表は2020年の上半期が予想されている

 

キヤノンはAPS-Cの32.5MPセンサーを投入しているので、同程度の画素ピッチになる80MPのフルサイズセンサーを投入しても、それほど不思議はありませんね。

EOS Rの高画素機は、ボディやグリップ、ファインダーがEOS Rよりも大きくなるということなので、ハイアマやプロをターゲットにしたハイエンドモデルになりそうです。

ファインダーの上下チルトに関しては、事実だとしたらどのようなデザインになるのか興味深いところですが、これは単なるモニタのチルトの間違いかもしれませんね。

2019年9月11日 | コメント(15)

コメント(15)

本当に80mpで発売するなら、RFレンズに自信があるということですね。

EOS Rの高画素機、持ちやすさについてはかなり良いものが期待出来そうですね。現行のEOS R、バッテリーグリップ付きだと大きめのレンズでも良い感じなので、バッテリーグリップ一体型でも良いかもしれません。

少し画素数を落としてファイル容量を小さくできるモードが付いていれば、プロ機を待たなくても本命になれそうです。

期待して待ちたいと思います。

>少し画素数を落としてファイル容量を小さくできるモードが付いていれば、プロ機を待たなくても本命になれそうです。
すでにC-RAWがありますよ。

秋に「風景モデルのEOSRLが出る」という噂が以前上がっていましたが
2020年初頭発表ということは、開発が少し押しているのでしょうか

ものすごい画素数、そして当然連写速度も上げてくると思いますが、メモリカードが今後の標準であろうCFexpressではなく、いまだSDというのが変な気がします。開発中のEOS Rベースのデバック機ならわかりますが・・・

プロユースであれば今までの資産、併用機材との相互運用性からSDカードのダブルかCFとのデュアルがベストでしょう。当機種の主用途からして書き込み速度の優先度はそれほど高くないでしょう。

この機種には期待しています。
たとえSDカードのデュアルであった場合、然るべきUHS-IIの回路を備えていれば、大容量データは難無く捌けます。
高速処理回路は消費電力が大きいので、他の機構とのバランスには苦労していると思われます。

SDは流石にUHS-IIでしょうね。
8000万画素の場合、画素数は5D4のおよそ2.7倍ですが、CR3がCR2のおよそ半分の容量とすると、1枚あたりのデータサイズは5D4の1.35倍程度。
書き込みUHS-IIが300MB/sほどとすると、CFのおよそ倍。
なので、案外5D4より快適に使えるかもしれません。
もちろんバッファ容量なんかにもよるとは思いますが。

富士のGFX50SのEVFのように着脱式で色々カスタムできたら面白いですね
カードスロットはUHS-IIのSDx2かCFexpressとSDのデュアルがキヤノンぽいかなとも思います
しかしセンサーシフト式の手ブレ補正は搭載されないのでしょうか

>- このカメラの発表は2020年の上半期が予想されている

えっ?今秋ではなかったのですか?
すると、RFマウント機は、今年はもう出ないのでしょうか?
それとも、S社に対抗して、オリンピック用のミラーレス動体向けプロ機を優先しているのでしょうか?

個人的には、ボディ内手振れ補正付4000万画素程度のオールラウンドハイエンド機を待っているのですが、まだ先になりそうですね。。。

メディアの書き込み速度は気になります。80Mでストレスなく撮影するなら、CFexpressが妥当かと思います。

5D4の最大の不満はRAW撮影時の連写コマ数なので、この点の改善に期待したいと思います。

静止画の要領もそうですが動画も気になります。

最低でも4Kの60Pはしてくるでしょうが、本心はそれ以上を求めてしまいます。

C-RAWでなく、EOS一眼レフに有ったM-RAW,S-RAWが
有ってほしいですが、無ければ30mpクラスのRⅡが出ることを期待します、
書き込み速度や連写枚数は高画素機より中画素・高速の次世代Rか
1DXのR版に求めるべきではないでしょうか。

4K60Pは無理じゃないですかね。。高画素化しても、ダイナミックレンジと高感度性能の向上があれば、風景あるいはスタジオ機としては成り立つんじゃないですかね?とにかくレンズは相当いいのが出てきてるので、ボディーが必要です。秋には出ると思ってたのに、残念です。

連続撮影枚数は、カメラ内のバッファーにコスト懸けて数倍の容量にして、カメラ内のバッファーに書き込むスピードを上げれば良いのかなと思うのですが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年9月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タムロンが次に発表するFEレンズは70-180mm F2.8?」です。

次のブログ記事は「富士フイルム「X-A7」の詳細スペック」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る