富士フイルム「X-A7」の詳細スペック

軒下デジカメ情報局に、富士フイルム「X-A7」の詳細スペックが掲載されています。

富士フイルム「X-A7」の特徴

  • X-A7

    - 新開発の約2424万画素APS-Cサイズセンサーを採用
      - 高感度撮影時の画質がX-A5よりも向上
      - データの高速読み出しが可能な銅配線を採用
      - 像面位相差画素の数をX-A5と比較して約8.5倍に

    - センサーの全画素読み出しにより、6K相当の豊富な情報量を活用した4K動画を実現
    - 30コマ/秒の滑らかな4K動画を撮影可能
    - 4K動画を最長約15分、フルHD・HD動画を最長約30分連続して撮影可能
    -「カウントダウン動画」機能を「Xシリーズ」として初めて搭載
    -「HDハイスピード動画」機能を搭載
    - 約276万ドットの3.5インチワイド(16:9)タッチパネルモニターを搭載
      - 最高輝度1000カンデラの明るさを持つ背面液晶モニターにより、高い視認性を実現
      -「Xシリーズ」として初めて、モニターを自在なアングルに調整できる「バリアングル構造」を採用

    -「シーンポジション」に「ライトトレイル」を「Xシリーズ」として初めてラインアップ
    - Wi-Fi・Bluetooth搭載
    - 入出力端子:USB Type-C(USB 2.0 High-Speed)、HDMIマイクロ端子(Type D)、φ2.5mm 3極ミニジャック
    - 記録メディア:SDカード/SDHCカード/SDXCカード UHS-Ⅰ
    - バッテリー:NP-W126S
    - 標準撮影枚数:スタンダード約270枚、エコノミー約440枚
    - サイズ:119.0mm x 67.7mm x  41.2mm
    - 重さ:約320g(バッテリー、メモリカード含む)、約271g(本体のみ)
    - カラー:シルバー、キャメル
    - キットレンズ:XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ
    - 予約開始日:2019年9月12日
    - 発売予定日:2019年10月下旬
    - 量販店価格:レンズキット税込92,950円(海外価格:699ドル)

fuji_X-A7_brown_001.jpgX-A7は画素数こそ据え置きですが、像面位相差AFを強化した新型センサーに換装されているようですね。動画は全画素読み出しの4K30pになり、モニタも大幅に高解像度化されるなど、X-A5からかなり進化しているようです。X-A5より軽量化されているのもポイントが高いですね。

2019年9月11日 | コメント(6)

コメント(6)

一気にハイスペック化しましたね!
動画用途でも使いやすそう。

今までのエントリー向けロースペックからジャンプアップしてミドルスペックになりましたね。
決算資料でAシリーズが予想より芳しくなかったみたいなので、薄利多売のエントリー路線から、エントリー層のステップアップ路線に方向転換したようにも見えます。
今までサブ機として使うには非力だった部分も「ベイヤーセンサー持つX」というポジに強化したような感じですね。

これは素晴らしいスペックアップですね!
これまでAシリーズの弱みだった速さが大幅に改善されていますね。

一部ではベイヤーセンサーのフジの画が好きというかたもいるようなので、すごく魅力的な進化を遂げたのではないでしょうか。

本体320gと軽くて良いですね
EVFなくてよいので軽くという希望(nex5系?)をかなえてくれます

自分なりの推測として、
A6を飛ばしたのは、
2世代の進化ががあるという意図かな!?

30コマ/秒の4K動画待ってました。
とても期待してます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年9月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS Rの高画素機は80MPセンサーを採用?」です。

次のブログ記事は「キヤノンが他にはない仕様のRFのマクロレンズを2020年始めに発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る