富士フイルムが「X-A7」を正式発表

富士フイルムが、新型センサーとバリアングルモニタを採用したエントリーモデル「FUJIFILM X-A7」を正式に発表しました。

FUJIFILM X-A7

  • 富士フイルム株式会社は、「Xシリーズ」にミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-A7」を新たにラインアップする。「X-A7」に、小型軽量な交換レンズ「フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」をセットにしたレンズキットとして2019年10月下旬より発売する。
  • 新開発の約2424万画素 APS-Cサイズセンサーを採用。高感度撮影時の画質を現行機よりも向上。超高感度ISO51200でもノイズの少ないクリアな写真を撮影可能。
  • センサーにはデータの高速読み出しが可能な銅配線を採用。さらに、像面位相差画素をセンサー全面に配置し、同画素の数を現行機と比較して約8.5倍に増やすことで、AFの速度・精度を向上。
  • 読み出し速度の高速化により、素早く動く被写体の撮影時に生じるローリングシャッター歪みも大幅に軽減。
  • 現行機から約41g軽量化し、約320gのスタイリッシュボディを実現。
  • センサーの全画素読み出しにより、6K相当の豊富な情報量を活用した4K動画を実現。行機の2倍となる30コマ/秒の滑らかな4K動画を撮影可能。「HDハイスピード動画」機能を搭載。最高4倍速のフレームレートでHD動画を撮影可能。
  • 3.5インチ・縦横比16:9の大型ワイド背面液晶モニターを搭載。最高輝度1000カンデラの明るさを持つ背面液晶モニターにより、高い視認性を実現。「Xシリーズ」として初めて、モニターを自在なアングルに調整できる「バリアングル構造」を採用。

fuji_x-a7_of_001.jpg

X-A7のセンサーはかなり高性能化されているようで、画質の面でも位相差AFの面でも大きな改善が期待できそうです。動画もX-A5の4K15pから、全画素読み出しの4K30pへとかなり進化していますね。軽量化も歓迎されそうです。

また、バリアングルモニタとジョイスティックが採用されているのも旧型との大きな違いで、かなり中身の濃いモデルチェンジという印象です。なお、店頭価格はレンズキットが最安値で8万3650円(税込)となっています。

2019年9月12日 | コメント(5)

コメント(5)

子ども撮影用にT30買おうと思ってましたが、これでもいいかも。。
センサーがα6100と同等だったら買いですが、AF速度に言及してないので、積層じゃないんだろうなぁ。悩む。。

連投すみません。海外では下記のdpreviewにあるミントグリーンに加え、ネイビーも発売されるようですね。
レンズキットをそのままコンデジ代わりに使うので、ミントグリーンが遊び心あって気になります。日本でもカメラ女子ターゲットにするなら展開すればいいのに。

https://m.dpreview.com/articles/7975974609/hands-on-with-the-fujifilm-x-a7

製品ページはカメラ女子向けですが、比較対象が「スマホで撮った場合」になってるのを見て、やはりエントリー機種の競合はスマホなんだなと実感しました。

PVに出ていた、フィルムシミュレーションの効果を比較して選択できるの良いですね。
顔、瞳認識率もエントリー機にしては結構頑張っていると思います。
売れる要素は詰まってると思うのですがどうでしょう。

液晶が3.5インチ、276万画素というのはすごいですね。
X-E3を迷ってましたが、AFもE3よりは新世代だろうし、こっちにしようかな、
ブラックボディがあれば即決できるんだけどなぁ。

>独殻さん
ミントグリーン、なかなか良いですね。
これくらいライトな方が、一般受けが良さそう。
X-A1のホワイトモデルみたいな感じで、キュートです。
国内販売もぜひして欲しいですね。

>モニカさん
センサ性能はともかくとして、X-Aシリーズは、質感が。。
実機を触ってから考えた方が良いかも、です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年9月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが他にはない仕様のRFのマクロレンズを2020年始めに発表?」です。

次のブログ記事は「ソニーα9 II はPhotoPlusの数日前に別のイベントで発表される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る