9月のミラーレスカメラの販売台数シェアはキヤノンが右肩上がりで最終週40%に迫る

BCN+Rに、BCNランキングを基にした9月のミラーレスカメラの販売台数シェアに関する記事が掲載されています。

増税前に売れたミラーレス一眼は? 9月発売の新モデルが存在感

  • 「BCNランキング」によると、9月におけるミラーレス一眼デジタルカメラの販売台数前年同月比は119.4%を記録、消費増税前の駆け込みの影響で前年を大きく上回った。
  • 9月各週のメーカー別販売台数シェアで好調だったのは、キヤノン。8月は4週連続でトップシェアをキープしていたが、9月も右肩上がりでシェアを上げ、最終週で40%に迫った。
  • 9月のシリーズ別販売台数ランキングでは、キヤノンの「EOS Kiss M」が20%を超えるシェアで1位を獲得。同社のトップシェアをけん引している。また、9月発売の「EOS M6 MarkII」が早速11位にランクインするなど、盤石な体制を整えつつある。
  • キヤノンを追うソニーは、高単価のモデルがよく売れている。トップテンにランクインした平均単価10万円超えの製品は同社の2モデル(α6400とα7 III)のみで、9月に発売された平均単価38万4133円の「α7R IV」も21位に入ってきている。

bcn_mirrorless_share201907-09_001.jpg

ミラーレスカメラの販売台数シェアでは、7月にソニーがいったんトップに立ちましたが、その後、キヤノンが再び首位を奪還し、そのまま9月まで大きくシェアを伸ばしているようです。EOS Kiss Mは9月も引き続き1位で、相変わらず良く売れているようですね。

ソニーは現在2位ですが、高単価のモデルが良く売れているということなので、金額ベースなら結果も変わってくるかもしれません。

2019年10月 8日 | コメント(15)

コメント(15)

エントリークラスは相変わらずキヤノン強いですね。
金額ベースのグラフも見てみたいところです。

市場縮小のなかで各社が量よりも質を、台数よりも単価を狙う戦略を進めていますが、データを見せられるとどうしても数字の力というものを感じますね。
カメラメーカーといえども、製造業ですから台数を売ってこそで、各社がシェアと台数を狙わなくなったら業界自体がジリ貧になってしまいそうです。

以前、一眼レフEOS-KISSシリーズを買っていた層がそのまま移った感じでしょうか。レンズのラインナップとかトータルでみると、SONYが強いと思いますが、殆どの購買層は、レンズキットで満足されますからね。

kissMがこんなに売れているとは知りませんでした。
しかし、こうなると現状のマウント乱立状態をどのように整理していくのでしょうか。RFとEF-Mを両立させる方向で動いていくのでしょうか?

イメージ先行で間違った認識なら申し訳ないですけど、初めて買うカメラでかつ動画はあまり撮らないような友人に対してだったら、私は撮って出しの色とメニュー画面などの扱いやすさを考えてkissMを勧めますね。ブランドイメージの違いと手軽さがエントリー層には響くでしょうし店員さんも売りやすそうですね。

こういうデータは、受け取り方が二つあって、

「どのメーカーが儲けているか?」を主眼で考えれば、製品単価も考慮しないと本当の数字になりませんが、

「どのメーカーがカメラ市場に浸透しているか?」を探るならば、カメラの出荷台数≒暫定カメラユーザー数ですから、声の大きい人以外の実際のシェアが判るとも言えます。

キヤノンもKiss Mを売りやすくするために、M6mk2と同時にM5mk2を出さないなど、丁寧な販売戦略を行っているので、この結果はただの勢いというよりも、メーカーとして順当な物なのでしょう。

RFとEF-Mは両立でしょうね。EF-Mはあくまでも小ささ優先、EF-Sの置き換え。RFはいずれEFを置き換える位置づけでしょう。

この3社で85%ですか・・・

台数シェアであることはわかってはいますが、ニコンと富士、パナにも頑張ってほしいですね

Nikonは完全に遅れてしまったなあ
もっと早い段階で安いAPS-C機を投入しておくべきだったんや
Z50でどこまで巻き返せるか…

ミラーレスカメラ全ての販売台数となるとやはりエントリークラスを持っているメーカーが強いですね。
皆が皆高級機を買う訳ではないことが良くわかるデータと言えます。まあ、これが世の中の現実で車を見ても通じるものがあります。

それにしてもSONYは高額路線を展開しているにも関わらず2位というのは驚きです、メーカーとしては喜ばしい事でしょう。
ユーザーに評価が浸透しているからなのは間違いないのは確かでしょう。
若し、エントリークラスがもっと充実しているなら良い意味でどこまで行くのだろうと、そう想像するのも楽しみではあります。
またAマウントのミラーレスがあってもMINOLTAレンズがあるので十分商品として魅力はあると思いますし。

カメラに相当な理解があると「EF-Mはレンズが少ない」とつい思ってしまいがちですが、初めてカメラを買う層は高倍率ズーム+単焦点レンズ1つで十分だと思います。

また、同じEF-Mでステップアップするにしても、初級者~中級者には必要最低限の単焦点レンズもありますし、十分すぎるラインナップだと思いますね。

今後カメラ業界を盛り上げるには、我々のような声を「いかに無視するか」が重要なのではないでしょうか。

キヤノンのミラーレスはメニューがとにかく使い易い。初心者が店頭で触ってみたら、だいたいKiss MやRPが分かりやすいと言うのではないかと思います。
そしてRやRPもファームアップで瞳認識が改善して少しだけソニーに近づいて、更に買い易くなりました。
EOS Mは何といってもレンズが安いですね。フルサイズの数分の一の感覚です。
これだけ売れ行きがあるならシグマの参入も解る気がします。

キヤノン、ソニーの優勢は妥当だと思います。この中にマイクロフォーサーズのみで参戦しているオリンパスの健闘し続けているのはすごいと思います。

Kissの購買層の多くは一眼レフのKissも毎回、買い替えのときはダブルズームキットを買っていたのかな。同じ感覚で今度はミラーレスのKissに買い替えたと。ミラーレスに変わったことも気にしていない人も多いのではないでしょうか。

確かにエントリークラスのカメラを販売しているメーカーは利益は薄いが、シェアを確保している。
上級者向け又はプロが使用するカメラは、バンバン売れるわけでないし。
エントリーから中級機のカメラは、メーカーにとって非常に大事ですね。しかし、カメラの種類、多すぎですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2019年10月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS-1D X Mark III は28MPセンサーを採用し連写は30コマ/秒?」です。

次のブログ記事は「キヤノンが近日中に「RF85mm F1.2L USM DS」と「RF70-200mm F2.8L IS USM」を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る