トキナーがAPS-C一眼レフ用の超広角ズームを準備中?

軒下デジカメ情報局に、トキナーの新製品に関する情報が掲載されています。

軒下デジカメ情報局

  • トキナーが次に発売するレンズはAPS-C一眼用の超広角ズームらしい(11-16mmか11-20mmのリニューアル?)。

 

トキナーの新レンズは、F2.8クラスの超広角ズームのようですね。トキナーはOpera 50mm F1.4で、ペンタックス設計のDA★50mm F1.4と同じ光学系を採用しているので、新広角ズームがDA★11-18mm F2.8のトキナー版の可能性もあるかもしれませんね。

2019年10月12日 | コメント(3)

コメント(3)

11-16愛用してますが、恐ろしいほど色収差が出るので改善されると嬉しいですね

トキナーAT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4(キヤノン用)を持っています。
ソニーのα6000シリーズにはMC-11経由ではAFが効きませんが、(1)換算42mmの標準域まで使える、(2)光学性能のみで湾曲収差をかなり押さえこんである、(3)トキナーブルーの空が魅力的、といった長所があります。

新レンズが11-18mmだとすると、画角としてはソニー純正E10-18mm F4を超えないので微妙ですが、ズーム幅によっては入手を検討したいです。

トキナーには頑張って7-16mmとか、8-20mmとか作ってもらえたら神です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2019年10月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパス「E-PL10」の画像」です。

次のブログ記事は「オリンパスのm4/3用の「8-24mm F4」の特許」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る