ニコンZ50と2本のキットレンズの鮮明な画像 [内容更新]

軒下デジカメ情報局に、ニコンZ50と2本のDXレンズ「DX16-50mm F3.5-6.3」「DX50-250mm F4.5-6.3」の鮮明な画像が掲載されています。(※Z50のスペックを追記しました)

軒下デジカメ情報局

  • 間もなく発表されるニコン「Z 50」の商品画像。

nikon_z50_ct_000.jpg

nikon_z50_ct_001.jpg

nikon_z50_ct_002.jpg

nikon_z50_ct_003.jpg

nikon_DX16-50mm_ct_001.jpg

nikon_DX50-250mm_ct_001.jpg

Z50はZ6/Z7と比べると、上面の液晶や背面のサブセレクター(ジョイスティック)などが省略されて、かなりシンプルになっているという印象ですが、ファインダーはこのクラスとしては大きめで、高画質なものが期待できそうです。

キットレンズの16-50mmは、換算24mmスタートにもかかわらずパンケーキレンズと言ってもいい薄さで、Z50と組み合わせれば厚みのない小さいバッグにも収まりそうですね。

[追記] Nikon Rumorsによると、Z50のスペックは次の通りです。
- 20.9MP APS-Cセンサー
- 209点ハイブリッドAF(水平・垂直約90%カバー)
- ISO100-51200
- AFはEV-4対応
- 連写は11コマ/秒
- 236万ドットEVF
- 104万ドットチルト式液晶モニタ
- 動画は4K30p
- インテリジェント瞳認識AF
- サイレントモード
- Wi-Fi・Bluetooth内蔵

2019年10月10日 | コメント(33)

コメント(33)

やっと、16-50の縮めた時の画像が出て来ましたが
非常にコンパクトで携帯性に優れていて、
好感持てます!
これで、AFCが一眼レフ並みの性能ならば、
間違いなく欲しいです!
買います!!

でも、手振れ補正がどうなのかは、
気になります。
もちろんボディに付いていて欲しいですが。
手振れ補正なしは、勘弁して欲しいなぁ。

やっぱりマウントすごい大きいな
レンズが先細りなのが すごい珍しい
16-50mmが薄くて すごい使いやすそう

16-50mm、とても小さく見えるので感動しましたが、マウント径が大きいのでそう見えているだけな気もしてきました。現物が楽しみです。

なかなか使い心地良さそうですね。
かなり他社の製品を参考にしていながら、独自性を持たせたスタイルでかつてのニコン1V2あたりの経験もしっかり活きている感じがします。
アダプターFTZと一緒に揃えて、ニコンAPS-C一眼から乗り換えるユーザーも多そう。

交換レンズはパンケーキ・スーパーワイドズーム・高倍率ズームあたりは投入されそう。

16-50はニコンが作るとこんなに薄くなるんですね。富士使ってるんですけどこれは驚きです。

前後ダイヤルにISOボタン、モードダイヤルのU1、U2と操作性は中級機って感じですね。
レンズ名称にVRの文字が無いのが気になりますがもしかしてDXはすべて本体手ぶれ補正無し、レンズに手ぶれ補正ありとかそんな感じになるんでしょうか。それとも前情報と違って本体に手ぶれ補正ありなのか?
それにしても16-50の薄さは驚きました。

かなり良さそうな印象です!
操作系がZ6/Z7ユーザーにとって違和感なく使えそう。

キットレンズ16-50mmがすごいですね!
グリップの内側に入りそうなくらいの薄さ。
沈胴式の格納部分をめいっぱい内側にしまい込むとは、これもある意味大口径マウントならではですね。

ニコンの起死回生のヒットになることを願います!

液晶画面の左側に、チルトさせるための指掛かりとなる突起が上下に2つ付いているように見える……。もしかしたら、自撮り用の下向きだけじゃなくて、上向きにも出来るのかも。
軒下さんの別画像にあるレンズ正面にVRの文字が見えますので、APS-Cはレンズ側で手ぶれ補正するんですかね。

レンズの写真を見ると名称にVRの文字がありますね。
Z DX 16-50mm 1:3.5-6.3 VR φ46

欲しいです。モードセレクターと写真、動画ボタンが別なのが良いですね!それから撮影の時に使わない操作はタッチ画面で行えればボタンじゃ無くても大丈夫です。スペックとキットレンズがソニーやパナソニック並みに静音だったら...これはもう買いですね!

グリップは深い、ファインダーは大きい、操作ダイアルは2つ(このボディサイズではほとんど最大限)、レンズはコンパクト、価格も予想だとリーズナブル。
レンズに手ぶれ補正ついてたら、カメラを本格的に始めたい人にライト層にドンピシャですね!手ぶれ補正ついてなくても、ぶらさずに撮る練習機としてオススメかも。
APS-Cズームのコンデジがありますが、それを買うならこちらの方がグリップもファインダーも大きくて良い!ってなるかも。
唯一の心配はレンズの拡充ですが、ニコンがフルサイズに誘導したいならあえて拡充しないという戦略もあるかも知れませんね。撒き餌レンズならぬ、撒き餌ボディ的な。

この16-50mm apsc用だけどソニーにあったら買っちゃうな。
先細りな感じも結構カッコいい。
なかなか魅力的なシステムになりそうです。

ニコン1V2のデザインを踏襲した感じですね。デザイナーは同じ人なのでしょうか。

久々のリトルニコン路線で良いですね
16-50mmの最大撮影倍率が0.4位あったら最高です

センサー部を見ると、
これ、動きそうにないですね。
固定だと思われます。
でも、それならZ30って感じなんだよなぁ。
差別化するんだろうけど、
ならば価格をもう少しと思いました
・・・下げ易くなってるとも言えますね。

ボディ内手振れ補正は、流石にまだ無いと思うけど、かなかなり魅力的。

早く作例みたいわー

レンズがクリップの奥行き分しかないのでこれより薄いパンケーキレンズとかは出しても無意味ですね。

デザインの端々にニコンらしさが出ていて見た目良いです。

前に投稿されていたデザイン画からすると、これのEVF無しバージョンも出るのでしょうか?

EVF無しバージョンが欲しいな。

私はあえてftzとこれを買って35単でも付けようかと思います…
グリップデカ目なのでfマウントレンズでも問題なさそうですし

写真で見るとレンズのマウントはプラスチックのようです。軽量化のためでしょうが、耐久性はどうでしょう。

マウントの色が黒っぽいのでプラマウントかな?

ファインダーは三者三様ですね。ソニーのα6400はレンジファインダースタイル、キヤノンのEOS M6Ⅱは外付け、ニコンのZ50は一眼レフスタイル。
どれがいいか人それぞれですが、一眼レフスタイルはニコンのAPS-C初号機としては妥当だと思います。

16ー50もスタイリッシュだが
14-30付けても無理ない感じがします

デザインいいですね。売れそうな感じです。

16-50/3.5-6.3、このサイズにVRを入れてくるとは驚きです。
2本のキットレンズ、いずれも2段沈胴のようですが、50-250の方はあと少し頑張って欲しかったなぁと思うくらい、16-50のインパクトがすごいです。

このレンズに合うファインダレスのボディーが欲しくなると思わせる位の出来ですね。

後は画質次第ですが、フルサイズZのサブにちょうど良いかもと思ったりします。

レンズ上面には、フォーマット、焦点距離、F値のみ記載する
ミニマルな路線で進む形ですかね。
金環の付いた装飾的なレンズが多かったニコンが
この路線で進むというのが面白いですし、応援したいです。

それにしても、正面から見るとまるでマイクロフォーサーズの様な
マウント径とセンサーのサイズの割合ですね。
小型高性能が期待出来そうです。

レンズはプラスチックマウントかな?

キットレンズはプラマウント、センサーは固定式です
レンズ側での手振れ補正となっており、段数は4〜4.5段(曖昧)
AF-MF切り替えはボディ側から、キットはボディ、レンズキット、ダブルズームキットの三種。完全にフルサイズZとマウント互換性があるのでFTZを使用しての撮影も可能となっています。
今現在はDX用レンズはキットのみ予定している(変更あるかも)
ここ数日の間にZ50とノクトの発表が行われるとの事(同時発表?)
ノクトは月生産が数本が限界で、受注生産になる見込み(実売110万程度)
Z50は発売開始時点からキャッシュバックキャンペーンとの情報

レンズのほうプラマウントのようですね
標準ズームはソニーEの16-50/3.5-5.6と同じくらいのサイズでしょうか
レンズにVRがあるのでボディ内は省かれてそうで残念です
また背面モニターがバリアングルじゃないのも残念でキヤノンKiss Mは好調で後継機で32MPセンサーなどブラッシュアップしてきた場合太刀打ちできるのか
背面モニター枠にDISPや拡大ボタンの印字がされてますがなんなのか気になります

EVF部分が取り外し可能だったら、静止画と動画撮影時に使い分けできて、最高なんですが、無理かな? 
グリップは大きいけど、少しレンジファイダー風になりますね。
写真を見ると、EVF部分が大きくて取ってつけたような感じがするので、尚更期待してします。

フルサイズZにも、このくらい薄いレンズが欲しいです。
個人的には、Z50に三角環が付いているのが好感持てます。

欲しいですが、最大の懸念事項はレリーズが使えるか否かです。

レンズはプラマウントですが外周シーリングがちゃんとついてますね!Fマウントより密封度が高くて、レンズ着脱で空気を圧縮する感じがします。ここを妥協しなかったのは嬉しいです。

発表ありましたが、16-50、7群9枚の構成でこのレンジをカバーし、かつMTFを見る限り相当画質も頑張ってますね。
50-250はレンズ構成をみると沈胴をうまく使えば、あと半分くらいに出来そうな気はします。望遠端の画質はちょっと厳しいかなという感じです。
いずれにせよ、値段の割にはよく頑張ったなぁと思います。
ダブルズームキットなどは、お値段次第では売れるのではないかと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2019年10月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスが認証機関に新型カメラ「IM019」を登録」です。

次のブログ記事は「ニコンが間もなく新しいZレンズロードマップを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る