ソニーDT 16-105mmはズーム中間域が甘い?

dpreviewにSONYのDT 16-105mm F3.5-5.6のテスト記事が掲載されています。

Sony DA 16-105mm 1:3.5-5.6 review Andy Westlake, March 2008

  • ワイド側では非常に解像度が高い
  • ズーム中間域で絞りを開くと著しく解像度が落ちる
  • フレアは非常に少ない
  • ワイド側とテレ端では色収差が大きい
  • 周辺光落ちはワイド端で目立つが悪くは無い

ワイド端と中間域で絞りを開くと周辺部のMTFが極端に落ちるのである程度絞って使ったほうがよさそうです。サンプルを見る限り、キットレンズ(DT 18-70mm)よりもかなりクオリティが高いですね。α200やα350のレビューはこのレンズを使えばだいぶ印象がよくなりそうです。

2008年3月16日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2008年3月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーDT 18-70mm F3.5-5.6は周辺部の画質が弱点」です。

次のブログ記事は「ニコンAF-S 16-85mm F3.5-5.6G ED VRはベストの標準ズーム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る