AF-S Macro NIKKOR 60mm F2.8G EDは色収差が大きいのが弱点

photozoneにニコンの新型マクロレンズAF-S 60mm F2.8G EDのレビューが掲載されています。

 Micro-Nikkor AF-S 60mm f/2.8 G ED N - Review / Test Report

  • 歪曲は0.07%と非常に少なく、歪曲なしとみなすことができる
  • フルサイズ用のレンズだが、APS-CでもF2.8では中程度(0.59EV)の周辺光量落ちがある。F4まで絞ると気にならないレベルになる
  • 解像力は中央は開放から"最高(Excellent)"レベルだが、絞ってもほどんと向上しない。周辺部は開放ではやや落ちて"とても良い(Very Good)"レベルだが、中程度まで絞ると"最高(Excellent)"レベルに向上する
  • 色収差は旧型(AF-D 60mm Macro)でとても高い値で驚かされたが、新設計にもかかわらず、AF-S 60mm Macroは、悲しいことに色収差については向上していない。
  • 色収差のピークは1.4px(F4)で、1ピクセル以下にするにはF8以上に絞る必要がある
  • ボケはとてもスムーズで9枚の絞り羽根のおかげでF11まで絞っても良好

ナノクリスタルコートを採用したニコンの最新マクロレンズですが、思っていたよりは普通の性能です。 とはいえ、解像力は開放から十分に高くボケ味も良好なので、色収差が大きいこと以外は特に問題がなく、優秀なレンズと言ってよさそうです。

2008年9月 6日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2008年9月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーのPDFマニュアルに70-400mm F4-5.6G SSMが記載」です。

次のブログ記事は「シグマ APO 150-500mm F5.6-6.3 DG HSM OSは素晴らしいコストパフォーマンス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る