DA17-70mm F4はペンタックスの標準ズームの中で最も良いレンズ

 photozoneにPENTAX DA17-70mm F4のテスト記事が掲載されています。

Pentax SMC DA 17-70mm f/4 AL [IF] SDM - Review / Test Report

  • 歪曲はワイド端で3.1%のタル型で非常に大きいが、24mmではほとんど歪曲はなく、望遠側は弱い糸巻き型
  • 周辺光量落ちは17mm開放で最も大きい(1.1EV)が、F5.6まで絞れば大きな問題ではなくなる
  • 17mmと24mmでは中央の解像力は非常に高いが、17mmでは開放時に周辺部が甘くなる。40mmでは画面全域で良好な解像力だが、テレ端では少々解像力が落ちる
  • 色収差は17mm F4のピークで2pxを超える非常に大きな値だが、絞れば色収差を軽減することができる
  • ボケ味は非常に良好
  • ペンタックスの標準ズームのラインナップの中で疑いなく最も好ましいレンズ

 

発売時にあがっていたサンプルがあまりよくなかったので、このレンズにはいい印象を持っていなかったのですが、photozoneのサンプルでは別のレンズかと思うほど切れ味がいいですね。MTFの値も、望遠端で少し甘くなる以外は、なかなか優秀です。

2008年12月18日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2008年12月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS 5D MarkII で一番進化したと感じる部分は液晶モニター」です。

次のブログ記事は「シグマ 24-70mm F2.8 IF EX DG HSMを発表[更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る