PENTAX K-mは心から推薦するのは難しいカメラ

dpreviewにペンタックスK-mのレビューが掲載されています。

Just Posted: Our Pentax K2000 / K-m review

  • RAWでは素晴らしくシャープでクリーンな結果が得られるが、デフォルトのJPEGではコントラストが強く、シャープネスが不足している
  • AFシステムは洗練されておらず、ファインダー内にスーパーインポーズ表示もないので中央のAFポイントを使うしかなく、1点AFと変わらない
  • ハイライト側のダイナミックレンズは若干狭いが、ダイナミックレンジ拡張機能は効果的で1段分ダイナミックレンジが拡張される
  • 高感度はライバルよりも若干ノイズが多いが、よりディテールの再現にすぐれている
  • これら(JPEG画質やAF)の問題から、K-mは心から推薦するのは難しいカメラ
  • Image quality(画質)の点数はJPEG6.0点、RAW8.5点(10点満点)

 

DigitalCameraReviewのレビューでは、高い評価を受けていたK-mのJPEGですが、ここではかなり酷評されています。サイトによってここまで評価が分かれてしまうと、最終的には自分の目で見て判断するしかなさそうですね。

2009年2月 2日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2009年2月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Canon EOS50Dは40Dと比べて画質の進歩は無い」です。

次のブログ記事は「Nikon AF-S 50mm F1.4Gはデジタル時代の新スタンダードに相応しい性能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る