SONY 70-400mm F4-5.6 G SSMは所有欲を十分に満たす仕上がり

デジカメWatchにソニー70-400mm F4-5.6 G SSMのレビューが掲載されています。

ソニー「70-400mm F4-5.6 G SSM」交換レンズ実写ギャラリー

  • 手持ち撮影は辛く、三脚や一脚での使用が基本
  • Gレンズらしくクリアで鮮明。シャープネスが高く緻密な描写
  • 絞り羽根9枚の円形絞りを採用しており、柔らかいボケ味も魅力
  • 優れた描写性能や質感の高いつくりでαユーザーの所有欲を十分に満たす仕上がり

 

解像感の高いカチっとした描写で色乗りも良好ですね(一部の遠景がモヤっとしているのは大気の状態のせいではないかと思います)。高価なだけあって、300mmクラスの廉価ズームとは、やはり一味違う描写力です。

ボケ味はボケ量が小さい部分(ボートの背後の海面など)では若干硬い感じがしないでもないですが、おおむね良好といったところでしょうか。

2009年2月23日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2009年2月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスZUIKO DIGITAL ED9-18mm F4-5.6はズーム全域で絞り開放からシャープな描写」です。

次のブログ記事は「Nikon AF-S 18-105mm F3.5-5.6G VRは価格の割りに非常に出来のいいレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る