ニコン AF-S DX 35mm F1.8G は欠点もあるがハイレベルな性能

photozoneにニコンのAF-S DX 35mm F1.8Gのレビューが掲載されています。

Nikkor AF-S DX 35mm f/1.8 G - Test Report / Review

  • 歪曲は1.7%のタル型で、この焦点距離の単焦点にしては大きい
  • 周辺光量落ちは、絞り開放でもまずまず(0.75EV前後)で、F4以上に絞れば問題なくなる
  • 解像力は中心部はテストしたすべての絞りを通して素晴らしい値(excellent)。周辺部はF2.8まではよい値(very good)で、F4~F5.6では素晴らしい値(excellent)になる。四隅は開放では甘いが、絞れば改善する
  • 色収差は、開放ではまずまずの値だが絞るとかなり大きくなる。これは残念な点
  • ボケ味は残念なことに開放では輪郭がかなり目立ちややうるさい。F2.8まで絞ると輪郭は消えボケはスムーズになる
  • 歪曲や色収差の大きさ、AFがあまり速くないなどの欠点もあるが、それでも、お買い得な価格で非常にハイレベルな性能

 

サンプルを見る限り、解像感は(カリカリという感じではありませんが)ほどよく高く、リーズナブルな単焦点レンズとしてはなかなかよい描写ですね。ただ、ボケは二線ボケの傾向があって、単焦点にしては少々うるさい感じがします。

2009年3月15日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2009年3月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Nikon D400に関する書籍が国内の書店でも予約受付開始」です。

次のブログ記事は「オリンパスがマイクロフォーサーズのハイエンド機を計画中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る