キヤノン EF85mm F1.8は絞り開放から非常に高い解像力

photozoneにキヤノン EF85mm F1.8の15MPのAPS-C機(EOS 50D)による再テストが掲載されています。

Canon EF 85mm f/1.8 USM Retest @ 15mp / Review

  • 歪曲は0.14%で実写では完全に無視してよいレベル
  • 開放では穏やかな周辺光量落ち(0.7EV)が認められるが、通常は問題ない
  • 解像力はAPS-Cの範囲内ではF1.8の開放から非常に高く、F5.6でピークの素晴らしい性能。像面歪曲の影響は全くない
  • 色収差はテストしたすべての絞り値で問題なし
  • ボケは開放では均一でスムーズだが、ボケの縁に色が付くのがやや目立つ 。円形絞りでないので絞るとボケが8角形になるが問題はない
  • 絞り開放では、コントラストが強い部分にパープルフリンジが目立つ
  • 手ごろな値段で非常に魅力的なレンズ。大いにお勧め

 

フルサイズ機(5D Mark II)でのテストでもなかなか優秀な結果を残しているレンズですが、APS-Cでも開放から十分に高い解像力で、最新のEOS 50Dでも十分に使えるレンズですね。

管理人はこのレンズとよく似た構成のEF100mm F2を持っていますが、こちらも古い設計ながらデジタルでも十分に使えるよいレンズですよ。

2009年3月17日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年3月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2009年2月の売れ筋ランキングはデジタル一眼ではEOS 5D Mark II がトップ」です。

次のブログ記事は「ZUIKO DIGITAL ED9-18mm F4.0-5.6はスタンダードタイプとしては十分満足できるレベルのレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る