ソニーの裏面照射型CMOSは従来型CMOSの1.7~2倍の感度

日経トレンディネットに裏面照射型CMOSに関するソニー開発陣のインタビューが掲載されています。

約2倍の高感度を実現したソニー裏面照射型CMOSの秘密とは

  • 裏面照射CMOSは、平行光を受けた場合は従来のCMOSの約1.7倍、斜めの光を受けた場合は約2倍の感度
  • 従来のCMOSは受光層が奥深くにあるので斜光に関する感度が低く、絞り値とセンサーの感度が正比例しなかったが、裏面照射CMOSは絞り値とほぼ比例したセンサー感度を実現している
  • 裏面型は従来型に比べて受光層に界面ノイズが発生しやすいのが大きなネックで、新しい構造と材料でこれを抑えている
  • 天体観測などの特殊な分野にも応用できるが、民生用を中心に展開する計画。社内と社外の区別なく、多くのメーカーに裏面照射CMOSを提供していく計画

 

裏面照射型のセンサーは感度がアップするだけでなく、斜めの光に対する特性もよくなっているようなので、テレセントリック性の低い設計の古いレンズを使うときの描写が向上しそうです。

また、他社にも裏面照射型CMOSを提供していくとのことなので、ニコンやペンタックスからも裏面照射型CMOSを採用したデジカメの登場が期待できそうですね。

2009年3月16日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2009年3月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新型EOS Kissはサブ電子ダイヤルを搭載している?」です。

次のブログ記事は「2009年2月の売れ筋ランキングはデジタル一眼ではEOS 5D Mark II がトップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る