SIGMA APO 50-150mm F2.8 II は旧型よりも解像力やコントラストが向上

PopPhotoにシグマ APO 50-150mm F2.8 II EX DC HSMのレビューが掲載されています。

Sigma APO 50-150mm f/2.8 II EX DC HSM AF: Lens Test

  • テストでは II 型は、旧型よりも性能がよく、特に150mmでは総合的な解像力やコントラストで優れている
  • SQFテストの数値は、旧型は150mmのみでとても良い(very good)のレベルだったが、新型は3つの焦点距離でかなり素晴らしい(mid-Excellent)のレベルで総合的に満足のいく結果
  • 歪曲はわずかで、50mmで0.1%のタル型、150mmで0.21%の糸巻き型
  • 周辺光量落ちは50mmでF3.5、150mmでF5で解消し、周辺光量落ちのないトキナーの50-135mmより劣る
  • シグマの18-50mm F2.8と組み合わせるのに最適

 

旧型の50-150mmは近距離の撮影で描写が甘くなるという欠点がありましたが、II 型はその問題を解消しただけでなく、解像力やコントラストの面でもかなり性能が向上しているようですね。

2009年3月28日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2009年3月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスE-30は高感度性能以外は満足できるカメラ」です。

次のブログ記事は「ツァイスがDistagon T* 3.5/18のZEマウント版を追加」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る