キヤノンEF100-400 F4.5-5.6LとシグマAPO120-400mm F4.5-5.6 DG OSの比較ではシグマの解像力がとにかく凄い

ASCII.jpにキヤノンEF100-400mm F4.5-5.6L IS とシグマ APO120-400mm F4.5-5.6DG OSの比較レビューが掲載されています。

野鳥を撮るのに最適なレンズはどっち? キヤノン×シグマ 【前編】

  • 実売価格はキヤノン純正のEF100-400mm F4.5-5.6L ISが23万円、シグマAPO120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSMは10万円と大きな開きがある
  • シグマの手ブレ補正は効果的だが、手ブレ補正が安定するまで時間がかかり補正機能の作動音がやや気になる
  • シグマの解像力はとにかく凄く、羽毛1本1本がハッキリと描写され、桁違いの解像力を要求するAPS-Cデジタル一眼に完全対応できるレンズ。これは間違いなく買い!
  • キヤノンは等倍で鑑賞すると描写が甘めで、細部の描写が溶けているように見える。古いレンズなので近接撮影時の画質はやや甘く羽毛が分離できていない。これらの結果を見ると、さすがに20世紀に発売されたレンズだと感じた
  • キヤノンは最高画質を求めるものではなく、あらゆる状況に最速で対応できるマルチ・パーパスレンズ。反応速度はピカイチで大急ぎで撮影する場合、シグマでは間に合わないような状況でもキヤノンでは間に合った

 

シグマAPO 120-400mmのほうがシャープで解像力が高く、比較的安価なレンズですが設計が新しいだけのことはありますね。一方、キヤノンのEF100-400mmは、高価なLレンズとはいえさすがに設計の古さを感じさせる画質で、そろそろリニューアルしないと厳しそうです。

2009年4月21日 | コメント(2)

コメント(2)

シグマAPO120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM使いとしてはうれしい評価ですね(^^
指摘のとおり、大きく動かした時のOSのプルプル感とたまにAFが迷うのが珠に瑕ですが。
コストパフォーマンスは非常にいいレンズですよね。
EF100-400mm F4.5-5.6L ISは早いとこリニューアルして欲しいもんです。

Kenzさん
コメントありがとうございます。

シグマは価格から考えると大変優秀なレンズですね。OSは音や振動が気になるようですが、ISのほうは手ブレ写真だらけの結果のようなので、これもシグマの勝ちでしょうね(^^;

キヤノンはこのレンズを早急になんとかして欲しいですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2009年4月21日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスのマイクロフォーサーズ機の詳細スペックと交換レンズに関する情報が掲載」です。

次のブログ記事は「ソニーα500の詳細スペック(?)が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る