ロシアのソニー公式サイトにα230、α330、α380が掲載 [内容更新]

ロシアのソニー公式サイトでα230、α330、α380の画像と概要が紹介されています。

Откройте для себя новое поколение фотока 
(※5月9日午前3時現在、上記サイトは削除されたようです。現行機の情報が表示されます)

  • ソニーから新世代のデジタル一眼レフ α380、α330、α230を紹介
  • α230は多くの機能を備えた小型軽量機
  • α330は可動式液晶モニタとクイックAFライブビューを採用
  • α380は14.2MPの高解像度により完璧な写真を提供
  • 新型のグラフィカルディスプレイを採用
  • ISOの上限は3200まで
  • ブラビアなどのHD-TVにつないで大型モニタで再生可能

 

詳細なスペック表などのページは、これを書いている時点ではまだ完成していないようです。リンク先のページから読み取れることは、液晶モニタのインターフェイスが一新され、α230とα330では左肩のモードダイヤルが無くなっている(α380はダイヤルあり?)ことと、かなり小型軽量化されていることくらいでしょうか。

動画に関しては機能の解説の中に記述されていないので、動画機能が搭載されないという可能性もあるかもしれません。

[追記]
Pohoto Rumorsにロシアのソニー公式サイトに掲載された画面のスクリーンショット(英語に自動翻訳した画面?)が掲載されています。見逃してしまった方は、下記を参照してみてください。

More info on the 3 new Sony DSLR models leaked
2009年5月 9日 | コメント(8)

コメント(8)

MS専用機とか!?…
事実なら、また悪い癖が出るのでしょうか?

まさかα800も?…
イヤな悪寒。

名無しさん
コメントありがとうございます。

メモステ専用になるなんて話があるんですか? それはちょっとイヤですね(^^;

リーク。
メモステ専用ではありませんよ。
サンプル機ではそうだったのですが販売用はSDと両方の対応になるようです。

Anonymous(5月10日01:13)さん
情報ありがとうございます。

SDとの両対応ならMS専用機よりは汎用性が高いですね。ただ、現行機でCFを使っているユーザーは結局SDかMSを買わなければなりませんね。

なんでそんなにMSを嫌がるのかが分からない・・・

Anonymous(5月10日 01:58)さん
コメントありがとうございます。

私の場合は、単純に他社のデジカメとメモカを共用できないからです。

-------------------------------------
あと皆様にお願いなのですが、Anonymous(無記名)さんが何人もいらっしゃるとわかりにくいので、何でもかまわないので名前をつけていただけると助かります。

>なんでそんなにMSを嫌がるのかが分からない・・・

同じ容量のSDカードより割高で互換性の無い独自メディアを
許容できる方が分かりません。
早く無くなった方がユーザーにとってもSONYにとっても
メリットがあると思うんですが、βの二の舞は嫌だという
メンツがあるから止められないんでしょうね。

因みに、MSスロットにMiniSDカードとかを入れてしまって
取れなくなるというトラブルが結構あるみたいですよ。
一般人の中には、別の規格があるなんて全く知らない人も多い
ですから。

ushiさん
コメントありがとうございます。

内容に関しては、他の方へのレスなので管理人はコメントを控えさせていただきますね。

-----------------------------
[読者の皆様へ]
当サイトでは、管理人はレスを付けられませんが、コメントへの横レスや読者の方同士のレスは自由に行っていただいてかまいません。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2009年5月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD5000はミドルクラスの製品に肉薄する内容の濃さ」です。

次のブログ記事は「ニコンD5000はD60とD90の中間に位置するカメラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る