ソニーが海外でα380、α330、α230と4本の交換レンズを発表

ソニーが海外で新型デジタル一眼レフ3機種と交換レンズを正式に発表しました。

SONY INTRODUCES THREE MAINSTREAM ALPHA CAMERAS DESIGNED FOR FIRST-TIME DIGITAL SLR BUYERS

  • ソニーは、α380、α330、α230の3台のαシリーズのカメラと、4本の新しい交換レンズ、フラッシュそしてアクセサリーを発表
  • α230とα330は1020万画素、α380は1420万画素。いずれの機種も手ブレ補正を内蔵
  • α330とα380はクイックAFライブビュー搭載
  • 2.7インチ液晶モニタは明るい日光の下でも見やすい。α330とα380の液晶モニタはアップダウンの可動式
  • HDMI端子装備。ブラビアとのシンクロ機能を搭載
  • メディアはメモリースティックとSD/SDHC
  • 価格はα230が550ドル、α330が650ドル、α380が850ドル
  • DT18-55mm F3.5-5.6 標準ズーム 200ドル
  • DT55-200mm F4-5.6 望遠ズーム 230ドル
  • DT50mm F1.8 ポートレートレンズ 150ドル
  • DT30mm F2.8 macro
  • HVL-F20AMフラッシュ 130ドル

 

国内でも間もなく発表されると思いますが、海外で一足先にα230、α330、α380と4本の交換レンズが発表されました。スペックに関しては、今までリークさていたものとほぼ同様で、大きなサプライズはないようです。

交換レンズでは、評判の悪かったDT18-70mmがついに新型にリニューアルされました。また、50mmと30mmの単焦点レンズは両方ともなかなか面白そうなレンズで、サンプルがあがってくるのが楽しみです。

また、一部ユーザーの間で心配されていたメモリーカードは、結局MS、SDのデュアルスロットに落ち着いたようです。

2009年5月18日 | コメント(2)

コメント(2)

α230は現行機種内の中で最軽量ですね^o^
D40やK-mより軽い。

りとるばーくさん
コメントありがとうございます。

手ブレ補正を内蔵してこの軽さはすごいですね。地味なモデルチェンジという印象がありますが、この大きさ・軽さは評価してもいいと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年5月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックDMC-GH1のスチルと動画のサンプルが多数掲載」です。

次のブログ記事は「ソニーα230、α330、α380と交換レンズ3機種を6月25日に発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る