ニコンAF-S NIKKOR 35mm F1.8Gは絞り開放から良好な解像力

SLRgearにAF-S NIKKOR 35mm F1.8Gのレビューが掲載されています。

Nikon 35mm f/1.8G AF-S DX Nikkor (Tested)

  • 200ドルのレンズとしては解像力は驚くほどよく、開放からきわめて立派な解像力。周辺部は多少甘いが、F2では若干画質がよくなり、F2.8では周辺部まで素晴らしい解像力
  • 色収差は絞ると大きくなるが、極端に大きくはない
  • 周辺光量落ちは、F1.8で2/3EV、F2.8で1/3EVだが、F4まで絞ればほぼ完全に解消
  • 歪曲は期待していたよりも多少大きく周辺部で0.5%のタル型だが、単純な形で後処理で簡単に補正できる
  • 歪曲が若干大きいが、開放から良好な解像力で大変優れた性能のレンズ

 

歪曲が単焦点レンズとしては多少大きいのと、色収差が若干目立つのが気になりますが、価格を考えれば非常によくできたレンズと言っていいのではないかと思います。色収差に関しては、ニコン機の場合はボディ内で補正できるので、多少目立ってもあまり問題はないのかもしれませんね。

2009年5月 6日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年5月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イギリスのソニー公式サイトのサポートページにA330(α330)が追加   [内容更新]」です。

次のブログ記事は「高倍率ズームコンパクト3機種(SX200 IS、DMC-TZ7、μ-9000)の比較レビューが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る